ここから本文です

書庫実験・観察

すべて表示


イメージ 1

ついにやりました。
プラ板六角柱によるハロ再現実験です。
プラ板で大気光学現象実験 #6から 1 年以上放置してしまいましたが、
てんコロ学会に大気光学現象実験で呼ばれたのが良いきっかけだったので、
実験に踏み切りました。そして先ほど実演してみました。
虹色の濃い大きな円は46°ハロに、内側の白っぽい円は22°ハロに相当します。

プラ板六角柱の柱面はざらざらなことと、
正六角柱ではないことから、22°ハロの方はぼやっとしていますが、
まずまずの結果だと思います。

ただし。
目視ではあまりよくわかりません。
理由はプラ板六角柱の数が少なすぎるためです。
写真は 5 秒露出で、その間通過した数だけ光ってくれるので、
ハロがはっきり見えます。
目視ではっきり見えるようにするには
3000個くらいプラ板六角柱を作らないとダメな気がします。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • キジ

    2019/6/15(土) 午後 9:12

    県庁の森に(たぶん)ずっといるキジのオスです。 森の中は結構見通しが効いて、隠れる場所が少ないので、 それなりに人目についているようです。 時々、初めて見たのか、スマホ片手に近寄ろうとす ...すべて表示すべて表示

  • コーヒー開花

    2019/6/13(木) 午後 10:08

    2 年前に購入した コーヒーノキ の苗木がついに開花しました。 NIIGATA COFFEE PROJECT ( https://niigata-cp.jimdo.com/ ) というコーヒー ...すべて表示すべて表示

  • メボソムシクイ

    2019/6/11(火) 午後 9:20

    6 月上旬まで姿が見られるメボソムシクイ。 県庁の森の、春の野鳥期間のトリをとる鳥です。 鳴き声に特徴があるので、 姿を確認できなくても居ることは確認できる野鳥の一種です。 メボソムシ ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事