ここから本文です

書庫雪結晶

すべて表示


イメージ 1

角柱部分と角板部分の両方に雲粒が付いた角板鼓と、




イメージ 2

角板部部だけに雲粒が付いた角板鼓。


これらがほぼ同時に降ってくるのですから、
雪雲はどうなっているのか気になるわけで。

ちなみに、「雲粒付鼓」という分類名称はありません。
それなりに観察されるものですけどね。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 120°幻日再現実験・・・失敗

    2018/4/23(月) 午後 9:53

    県庁を使った 幻日環 実験を昔行っていましたが、 今回は120°幻日です。 太陽と県庁と自分の位置をうまく合わせれば、 県庁に120°幻日を作ることができるのでは?と言う実験です。 (県庁をプ ...すべて表示すべて表示

  • 朝露

    2018/4/22(日) 午後 8:42

    4 月 19 日の朝は晴天でした。 そして朝露。 葉を出し始めた木々にもついていましたから、 放射冷却で降りた露ではなく、霧が出たためについた露でした。 ...すべて表示すべて表示

  • フラクタス

    2018/4/21(土) 午後 11:03

    小雨が降る灰色の空を背景にフラクタスあり。 雲の高度は 200 m 程度(周辺の地形と同じような雲の分布より判断)とかなり低く、 見掛けの動きが速いものでした。 カメラを取り出しているうちに、 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事