ここから本文です

書庫全体表示

雪面の 46°ハロ

雲粒がついていない綺麗な樹枝状結晶が21日の夜から22日朝にかけて降りました。
新潟市でも綺麗な結晶が見られましたが、柏崎や上越でも降ったようで、
雪面に同じく綺麗な樹枝状結晶が見られ、太陽光でキラキラ輝いていました。
それが昨日の写真。

で、凄い現象に出会えた、と言うのが今日の記事。
大気ではないけれど、46°ハロの話と言うことで「大気光象」ネタに。


広い雪原にいくと、46°ハロに相当する光が雪面に見られました。
例のキラキラが太陽を中心とした円弧を描いているのです。

肉眼では虹色に輝くアーチに見えます。
写真ではかなりアンダーにして撮ると写ります。

イメージ 2

うっすらと下に凸の円弧が見えますよね?

彩度をかなり高めると、内側が赤、外側が青になっているのがわかります。
その様子が次の写真。

イメージ 1

ハロの内側(太陽側)が赤っぽく、外側が青っぽくなっているのも、
空に見られるハロと同じです。


そして、運よく、空に22°ハロが見えました。
明るさが全く異なるので、写真に残すためには、
雪面はアンダー露出したものを合成しないとでした。

イメージ 3

22°ハロよりも半径が大きいこと、
太陽を中心とした円弧と言うことががわかりますね。


イメージ 4

シミュレートと比べると、
雪面に46°ハロができていたことが確認できます。

太陽高度がもっと低ければ、雪面の22°ハロが見られた可能性があります。
仕事でなければ、22°ハロが雪面に見られるまで待ったのですけどね。

  • 顔アイコン

    必死に凝視し過ぎて目が〜!
    雪面でハロ、しかも46°!?
    これはおそろしくレアそうですね。
    気づく人もものすごーくレアそうです。
    こういうのがあるんですね〜。
    びっくりしました。 削除

    [ yukitohana ]

    2018/2/24(土) 午前 7:29

    返信する
  • 顔アイコン

    気付く人もレア(^-^)
    結晶の形が合ってれば、平面配置でも問題ないのですね(^-^)

    [ 早咲 ]

    2018/2/24(土) 午前 8:06

    返信する
  • 顔アイコン

    ☆yukitohanaさん

    もう少し見やすい写真を作っています。目が疲れないようにね。
    寒くて綺麗な雪結晶が降りやすく、平らな雪原がある場所なら、そんなにレア現象ではないかも。そちら、チャンスが多いかも?

    white ice

    2018/2/24(土) 午後 10:24

    返信する
  • 顔アイコン

    ☆早咲さん

    私はずっとチャンスをうかがっていました。今朝もチャンスではあったけれど、綺麗なプリズムになるように霜(表面霜)ができませんでした。
    巻層雲もほぼ平面配置と考えることができますよ?

    white ice

    2018/2/24(土) 午後 10:26

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事