ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全874ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

環水平アーク


イメージ 1

 5 月 19 日の環水平アークです。
見たのは自宅ではなく、東北自動車道を北上中のこと。

出ているなと気が付いた SA ではかなり薄かったので、観察を打ち切り出発。
するととても鮮やかに見えるようになり、最寄りの PA に入ったのでした。


イメージ 2

ここまで鮮やかに出ることはあまりないです。
今年、自宅での観察では微妙なものしか見ていなかったので、
嬉しい出会いでした。


イメージ 3

見事な虹色です。

開くトラックバック(0)

pyramidal crystal halos


イメージ 1

今朝の光象。
まず最初に確認したのは、22°ハロ「ではない」ハロと、
ちょっと見え方が違う幻日。

イメージ 2

次に確認したのは、
上部タンジェントアークだけではなくパリーアークも混じった太い光の帯と、
一部見え始めた 18°ハロ。
あと、上部ラテラルアーク。


イメージ 3

少し太陽が昇ってくると 18°ハロが良く見えてきて、
新たに 9°ハロが加わり、さらにうっすらと35°ハロも見え始めました。

で、ここで残念なのが、車で移動しなければならなくなったこと。


イメージ 4

移動中、ガラス越しに見たときが一番はっきりと 9°ハロが見え、
35°ハロも目視ですぐわかるほどになりました。


イメージ 5

でラスト写真。
車を降りて観察できた時には、
18°ハロ、9°ハロともに薄くなってしまいました。

休みの日に出てくれたら最高だったんですけどね。

開くトラックバック(0)


イメージ 1

昨日観察された環水平アークです。
飛行機雲が環水平アークを作り出すことはたまにある(ちゃんと統計を取っていないのですが、たまに、よりは結構有ると感じています)のです。


イメージ 2

環水平アークと似た位置にでる光象には、下部ラテラルアークがありますが、
飛行機雲の移動によりアークの見えている位置が確認できるので、
どちらの光象か判断できます。

開くトラックバック(0)

ハロ360°


イメージ 1

今朝は 22°ハロとタンジェントアークが混じり、
外接ハロか 22°ハロかはっきりしない光象の時間帯がありました。
たまたま砂浜近くにいたので、波打ち際で360°画像を撮ってみました。
等立体角射影の 360°画像で、中心が天頂、円周が足元になります。
上が北、右が西になるように調整しています。

スマホ・タブレットの方はこちらでお楽しみください。

ちょっとだけ自分の影が残ってしまいました。

開くトラックバック(0)

ヒメヒラタアブ


イメージ 1

ヒメヒラタアブ属なのでしょうけれど、種までは分からないこの昆虫。
小さな花によくつきます。
ホバリングが上手なので、撮影も簡単です。

春になって、蝶の写真も撮っているのですが、
蝶率がたかくなるのもな・・・と言うことで、何年かぶりにヒメヒラタアブに出てきてもらいました。

蝶と言えば、ヤマトシジミとの格闘の日々があったのが思い出されます。

開くトラックバック(0)

全874ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事