べェトナムのNEW MY FAMILY(^^)/

海外移住の薦め と 国際カップルの幸せとすれ違い?!。

全体表示

[ リスト ]

桃山時代の1591年に、ベトナムの安南(あんなん)国が「日本国国王」に宛てた親書が発見された。

記録に残る徳川家康宛ての親書を10年さかのぼる最古の安南国書で、日本との通交を求めていたことを物語る貴重な史料だ。

九州国立博物館(福岡県太宰府市)が昨年、京都の古書店から購入したが、それまで存在は知られていなかった。16日に開幕する「大ベトナム展」で公開する。

文書は縦33・3センチ、横34・9センチ。全文漢文で墨書され、朱印と花押のような黒印がある。光興14年というベトナムの年号が記され、差出人の「安南国副都堂福義侯阮」は、ベトナム中部を支配していた阮(グェン)ホアンという人物の関係者とみられる。

内容は「昨年、陳梁山(ちんりょうざん)という使節に象牙などを託しました。今年来航した(使節の)隆巌(りゅうげん)は陳という人物を知らないというので、改めて珍しい品々を贈ります」とつづり、日本との「往来交信之義」(通交)を求めている。

当時天下人だった豊臣秀吉が安南国と通信した記録はなく、陳梁山や隆巌という人物も知られていない。当時は日本人商人が東南アジアで積極的に交易を展開しており、交易を円滑に進めるため将軍などの使節を詐称する事例があった。同館の藤田励夫(れいお)保存修復室長は「この書簡も、日本国王使節を装って来航した商人に、安南国側が託した可能性もある」と話している。

家康宛ての親書は1601年に届き、江戸幕府の外交史料集に親書原文と家康の返書が記録されている。


Yahooニュース寄り。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130415-00000620-yom-soci


丁度、桃山時代と言うから秀吉の時代にベトナムから親書が送られて居た事は興味深いですね(^_^)。

その10年後に家康に親書が届き返書も送られて居たとはね(^_^)。

この国ベトナムと日本が如何に昔から親交が有ったのか伺えます。

また『16日に開幕する「大ベトナム展」で公開する。』と言うのもどんな物だか見て見たい気が・・・(^_^;)。

この国ベトナムにはホイアン(Hoi an)と言う街が有ります。

中部ベトナムの古い港町で日本人町の有った都です。

遣唐使の時代、朱印船などが時化で流されてたどり着くのが丁度このベトナムのホイアン(Hoi an)の町だった様です。

この当時200人もの日本人が居たと言われるベトナム、ホイアン(Hoi an)の日本人町は海外でも屈指の巨大な日本人町でした。

江戸幕府が鎖国を始める為に泣く泣く帰国した日本人が多く、江戸幕府の鎖国に寄りベトナムの日本人町は
消滅します。

その後日本人町には中国人が多く入ります。

此処ベトナムの日本人町から帰国した日本人の間から浦島太郎の物語が始まったと言う話も有ります。

確かに祖国に帰って見ると既に生まれた村も友達も誰も居なく成って居たと言う話や玉手箱を開けると浦島太郎がお爺さんに成ってしまうお話は解る気がします。

それは私達日本人の多くがこの国ベトナムで感じる事ですが、乙姫やタイやヒラメと一緒に舞い踊りを楽しむ様に毎日楽しく此方の優しい人達と交流して居ると何時しか時の経つのも忘れてしまいます。

事に常夏で日本の様に季節感の無いベトナムでは何年経っても長い終わらない夏が何時までも続いて居る様な感じで長い1年が何処までも続いて居る感じです。

何時までも終わらない楽しい時間は時の経つのを忘れさせ、老いる事すら忘れさせ、まるで時が止まったかの様に年を取る事すら忘却してしまいます。

そんなベトナムの時代劇に出て来る女性の宮廷衣装は正に乙姫さまの様な天女の羽衣の様な衣装です。
高松塚古墳で発見された壁画に描かれて居る様な羽衣の衣装は正にベトナムの古い宮廷衣装に似て居ます。

そして何より驚くのは、幼稚園のお遊戯等で演じられる浦島太郎の物語で出て来る竜宮城のイメージは正にベトナムの田舎に建つ古いお寺の山門そのままです(^_^;)。

何だか現代の今でさえ日本からやって来た私達は此処ベトナムで時間の経つのも忘れて長い夢の中に居る様な心地よい暮らしをして居ると日本に帰る事すら忘れて居ます。
たまに日本に帰ると、老人大国で老人ばかりで、生気を吸い取られる様な幻覚に、まるで玉手箱を開けてしまった浦島太郎の様に一気に年を取った様に感じます(^_^;)。

この国に帰るとまた若い生気に満ち溢れたこの国で元気に若返ります。
この国は正に浦島太郎と竜宮城の様な国なのです。


数百年前からもこの南の楽園で居心地の良さに暮らした多くの日本人達の気持ちが良く解ります。
その後第二次世界大戦の終戦でもこの地に残った日本人の人達も多分同じ気持ちだったのだろうと想像出来ます。

このベトナムと言う国は日本人の私達に取ってとても懐かしく居心地の良い環境を持った国です。
古くからの国際都市で異邦人の私達にも屈託の無い笑顔で接してくれるベトナムの人達も、この国の気候も何もかもが居心地の良いベトナムです。

毎日温かい気候と山盛りのハーブと完熟の南国のフルーツに囲まれて暮らす大陸生活は地震等の自然災害にも遭わず別天地ですね(^_^)。
一番天国に近い楽園の国なのかも知れません?!(^_^)。

この国やベトナムの人達は親日でも有ります。

歴史的に見てもこの国ベトナムは日本ととても古くから相性の良い国だったのです(^_^)。

そして今、また日本とベトナムは色々な面で協力し合って行こうとして居ます。

何処と無くその昔、日本に帰らず同化して言った日本人の末裔が沢山居るこの国の人の顔立ちは日本人にも良く似て居ます。
隣のおばさんや親戚のおじさんそっくりの人が良く居るのもベトナムです(^_^;)。

そんな国がベトナムなのです(^_^)。

ベトナムはその昔、船で日本から40日で着いたそうです。
今やベトナムの南部、常夏の最大の商業都市HCMCまで飛行機で成田からなら6時間半、関空からなら僅か4時間半で来られる遠くて近い外国です(^_^)。

僅かな時間で常夏の都市に来られるのです。
フランス文化とアジアン文化の交差点で有る此処HCMCは東洋のプチパリです。
西洋と東洋を味わえる数少ない大都市です。




閉じる コメント(5)

顔アイコン

そうですか。
体質も変わりますね。
私は寒いのが平気になりました。
気温が10℃になると、暖房は要りません。窓を閉めておけば充分です。
そのかわり、20℃を超えると冷房が欲しくなりますが、、、

2013/4/16(火) 午前 0:59 [ トンビ母 ] 返信する

顔アイコン

当時の日本国王、家康でしたか。
その後は、彼の子孫が日本国王で間違いないですね。
ところが、1868年以降は、天皇と名乗る一族が日本国王を名乗っていますね。日本人の多くが、この一族に媚び諂うのを見聞きするにつけ、1868年以前は、日本人の多くは将軍に媚び諂っていたのだろうと思います。

私の住むアメリカ合衆国には国王なんていません。
大統領も最長8年どまりです。
すっきり、清々しい国です。

ベトナムも共和国ですよねぇ?

2013/4/16(火) 午前 1:03 [ トンビ母 ] 返信する

顔アイコン

トンビ母さんこんにちは(^_^)。

そうですよね、人間も環境への順応力高いと思います。
トンビ母さんは寒さに慣れた様ですね、私は此処常夏の街で暑さに慣れた代わりに寒さが苦手に成りました(^_^;)。
日本の夏と違ってカラッとして居るので気温が高くても気持ち良く過ごせます(^_^)。
日本の夏は湿度が高くて苦手です(^_^;)。

毎日完熟の美味しい南国のフルーツとハーブを食べて居たら日本の医者にも見放されそうだった私の体は健康に成りました(^_^)。

身をもって体験したのは日本の医療は機器がレベルが高いので有って医師のレベルはそんなに高くないと言う事でした(^_^;)。
医大の教授も然りでした、此処の専門医の方が臨床経験豊富でインフォームドコンセプトも確りして居て的確に微妙な患者の病状を見て薬を変えてくれます。
日本の担当医はどれも流れ作業でPCのカルテとお話して居て患者を見ない者も居ました。
ゴルフと接待漬けに学会オンリーでは良くも悪くも金太郎飴の様な医療しか出来ないのかな?ニッポンは(^_^;)?!。

2013/4/16(火) 午後 3:39 white 返信する

顔アイコン

日本は、医療機器のレベルは高いですが医者が最低です(^_^;)。
其れで無くても最早核汚染でどうしょうも無い環境なのにね(^_^;)。
これから益々免疫力の破壊された日本人が多くの奇病や伝染病で亡くなる事でしょう(^_^;)。
政府がそれを原発の核爆発由来と認めるまでには水俣病以上に寄り長い時間を要すと思います。
何と言っても政府自身も加担して居ますからね(^_^;)。

そう考えると私自身経験した事ですが薬や医療技術だけでは解決できない環境と言う面が人間生活に如何に多大な影響を及ぼしているか解ります。
食生活も然りです。
ベクレた物ばかり食べて居たら少量でも何れは山と成り体に蓄積して身を滅ぼしますからね(^_^;)。
美味しい空気と美味しい海や山の幸に、天然のビタミンとミネラルを豊富に含んだ南国のフルーツはそれだけでも毎日摂取して居るだけで健康に成ります(^_^)。

2013/4/16(火) 午後 3:50 white 返信する

顔アイコン

トンビ母さんの言われる通りだと思います。
日本人社会は蟻社会ですね。
女王蟻の為に働き蟻は一生働いて死んで行きますが変わりは幾らでも居るのです。
何だか将軍様の為に生きている北朝鮮の国民を笑えないのが日本人です。
日本は幕府が政府と呼び名が変わっても封建社会其の物はまるで変わって無い遅れた国です。

この国は昔は北と南に分かれて戦争して居ました、トンビ母さんの言われる様に旧南ベトナムは共和国でした、大統領も居てアメリカと仲の良い国でした。
ベトナム戦争は正に北と南に分かれての内戦ですがアメリカは南に付いて戦いました。
北が勝利して今はベトナム社会主義共和国ですが元々私の居る南部の人達は自由な国の人達でしたので社会主義国と言っても少し趣が違います。
ベトナムは北と南では今でも少し違うんです(^_^;)。
中国同様政治は社会主義、経済は市場経済に移行していますし元々南部はそうでしたので水を得た鯉の様な物ですね(^_^)。
国境を接し、同じ赤の国同士でも昔からベトナムと中国は仲が悪くて戦争をして居ます。今も領海問題でもめて居ます。

2013/4/16(火) 午後 4:03 white 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事