べェトナムのNEW MY FAMILY(^^)/

海外移住の薦め と 国際カップルの幸せとすれ違い?!。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

こんな名前のレストランでした。

イメージ 2


タクシーでホテルまで戻ると前の通りはお店も明るくて白人観光客が沢山居るのにホテルはいい雰囲気でヒッソリとたたんずんでいます(^_^)。

イメージ 3


表のフロントにはまだ灯りが灯って居ました。

イメージ 4


一夜明けて朝です!!。
常夏の朝は何時起きても気持ちが良い(^_^)!!。
心配された台風の影響も無く良い天気に恵まれた様です。
ホテル内の庭を散策しながら朝食でも食べようとレストランへ向かいます。

イメージ 5


ホテルの庭園内に生い茂る椰子の木の殆どが実を付けて居て何時落ちて来ないか心配な位です(^_^;)

イメージ 6


プールの手前の背の低い椰子の木にもたわわに実が生って居ます(^_^)。

イメージ 7


サトウキビジュースの販売?!。
やけに高いけど…

イメージ 8


プールの向こうに南シナ海の水平線が見えてとても良い感じの朝の景色です(^_^)!!。

イメージ 9


朝まだ早いけどプールサイドのプールバーは既に営業して居るのかな?。



PART5へ続く




以下のリンクもポチッとお願い致します(^_^)。





以下のリンクもポチッとお願い致します(^_^)。



イメージ 1


行き成り夕食でパパと嬉しいビールです(^_^)!!。

イメージ 2


ベトナムの定番のお粥(^_^)!!。
私は愛妻の作るお粥の方がお肉を始め具沢山で味がチョッピリ濃くて大好きです(^_^)。

イメージ 3


貝です、やっぱりシーフードですね(^_^)!!。

イメージ 4


イカです(^_^)!!。
柔らかくてとても美味しいイカでした、種類が解らん?!(^_^;)

イメージ 5


カキです、大好物のカキ頂きました(^_^)!!。

イメージ 6


海老です、既に日本にも輸出されて居る程、此処ベトナムは海老や蟹が豊富です。
HCMC(ホーチミンシティー)でも多くの海鮮料理屋さんが有り愛妻とたまに行きますがやはり、海で食べる海鮮料理が一番新鮮で安くて美味しい(^_^)!!。

イメージ 7


なぜか常夏のベトナムでもベトナム人はお鍋が大好物、出汁の良く出たスープでお鍋で締めです。
他にも沢山食べたのですが食い気にハマってしまい途中から写真撮ってません(^_^;)、何せ両手で食べますからカメラなんぞ気にして居られません(^_^;)

イメージ 8


鍋の具は海鮮と野菜も豊富です、そして白いそうめんの様な麺も頂きます(^_^)。

イメージ 9


姪っ子が何やらジュースを飲みながら何かを見つけた様で遠くを見つめて居ます。
可愛い(^_^)!!。

イメージ 10


こんな感じで出来た様です。
海の幸は火を通す為に先に入れたので後から入れた野菜で見えませんが…(^_^;)

イメージ 11


小分けしてこんな感じです、日本と同じ野菜が沢山。

イメージ 12


こんな感じで、でかい海老と麺も有ります。

イメージ 13


こんな感じのレストラン、向こう側は南シナ海です。
レストランから海が一望できます。
夜は暗くて白い波頭と波の音だけですが・・・(^_^;)
階段から下の浜に降りられる様ですがこの日は生憎風が強かったので誰も出て居ませんでした。


PART4へ続く



以下のリンクもポチッとお願い致します(^_^)。





以下のリンクもポチッとお願い致します(^_^)。



開く トラックバック(1)

イメージ 1


敷地内に点在するビラ コテージ風の建物

イメージ 2


池もあって何だか長閑な休暇を楽しめそうです(^_^)。

イメージ 3


池にはこんな感じで沢山の小魚が泳いで居ました。

イメージ 4


着いた時間がお昼だったのでホテルのレストランへ。
2階建ての建物の2階がレストランで昼食と朝食も付いて居て便利(^_^)!!。

イメージ 5


レストランから見下ろすホテルのプール(^_^)!。
ここで沢山泳ぎました(^_^)。
街全体が観光客の白人が多いのは相変わらずでした、此処がアジアで有る事を忘れさせてしまいます。
此処のホテルの顧客も殆どが白人観光客でプールに行ってもプライベートビーチに行っても白人観光客ばかりでいったい此処は何所?状態(^_^;)

イメージ 6


レストランのテラスから望む南シナ海(^_^)!!。

イメージ 7


南シナ海の白い砂浜はホテルのプライベートビーチ(^_^)!!。
お隣のホテルのプライベートビーチでは人が沢山居たけど此方のホテルは敷地が広くてプールも有るので意外と砂浜は空いて居ました(^_^)。

イメージ 8


やっぱり青い奇麗なプールが良い(^_^)!!。
プールサイドにヤシの葉で屋根を葺いた正にプールバーが有り、水着でそのままカクテルも頂けます(^_^)。
リゾートでの休日はやはりこうじゃ無ければ(^_^)!!。

イメージ 9


レストラン内、可愛いうちの姪っ子とお食事。

イメージ 10


日が暮れて来てホテル内の歩道に灯りが灯ります。まだまだ南シナ海は明るいけど…
何処となく風情が有って良い感じです。

イメージ 11


一夜明けてドラゴンフルーツの木がホテルの庭にありました(^_^)!!。
まだ青い実や赤い実が生って居ます!!。

イメージ 12


ホテルの寝室の様子、すみません既にベッドメイキング後では無いので少し乱雑です(^_^;)
写真撮り忘れて後から撮ったので・・・(^_^;)

イメージ 13


夜です、さてとディナーに出掛けますか…?!(^_^)。


PART3へ続く



以下のリンクもポチッとお願い致します(^_^)。





以下のリンクもポチッとお願い致します(^_^)。



開く トラックバック(2)

Vietnam(ベトナム)と言えば国際的なリゾートが幾つも有るので日本より欧米で有名(^_^)。
事にシーリゾートやSPAは人気が高い(^_^)!!。
欧米人も日本人も普段は極普通に質素な暮らしをして居る人でもこの国にくれば一夜にしてアラブの大富豪気分で贅沢三昧の日々を過ごしサマーバケーションを大いに満喫して帰国する事が出来ると有ってこの所長大人気(^_^)!!。

普段からベトナムでも質素に暮らしている私も妻と相談して今回は家族を引き連れてファミリー旅行に行く事にした(^_^)!!。

メンバーは私達夫婦と両親におまけで可愛い姪っ子も付いて来る事に成った(^_^)。

こうしてサマーバケーションの始まり(^_^)!!。

まず行き先に決まったのはこの所開発著しいシーリゾートの街、ファンティエット(Phan Thiet)(^_^)!!。
此処はまだ開発中の大型ホテル群が立ち並び始めた頃に妻と妻の姉家族で初めて遊びに行った思いでの地でも有り新婚旅行の地でもある(^_^)。

今回は小高い丘の丘陵斜面に建って居た前のホテルとは別にファンティエット(Phan Thiet)の長い白い砂浜が何処までも続く海辺のホテル&SPAにした(^_^)!!。
ここら辺は皆高級ホテルばかりでホテルの前のビーチは皆各ホテルのプライベートビーチでホテルに泊まる宿泊客以外に人が無い(^_^)!!。

にも拘らず何時もの贅沢で私は海辺にプールが無いと泳がない性格なのを妻は十分承知して居て今回もプール付きのホテルをリザーブしてくれた(^_^)!!。

Seahorse(シーホース)という名の4つ星ホテル&SPAだ(^_^)!!。

ファンティエット(Phan Thiet)ムイネー(Munie)は私達の住むVietnam(ベトナム)最大の経済都市HCMC(ホーチミンシティー)から車でユックリ行けるので年寄にも優しい距離にあるのだ(^_^)!!。
今回は大型の観光バスでDVDの車内上映を見たり車窓の景色を見たりしながらの旅と成った(^_^)。

ホテルのシンボルのSeahorseが其処かしこに付いて居る、所謂タツノオトシゴって奴(^_^)!!。


イメージ 1


途中の休憩で立ち寄ったドライブインでマンゴスチンを購入、皆で頂く(^_^)。
これでも数百円だ、ベトナムでは果物は皆量り売りで日本で買う1個分の値段で約1kgは買える(^_^)!!。
これこそフルーツ王国の強み(^_^)!!。

イメージ 2


こんな感じの有名なドライブインでガソリンスタンドも巨大なウイングの下に大型バスが何台も止まっている(^_^)。

イメージ 3


此処はベトナムでも屈指のドラゴンフルーツの村で、農協の様なと言うのか大きな会社なのかが沢山あってアメリカの大型トレーラーが数多く行き交い、大量のドラゴンフルーツを満載して海外輸出して居る。
その為か辺鄙な田舎に似つかわしくない大豪邸もポツポツ建っている(^_^;)。

人間の様な背丈で頭から葉と言うのか緑の枝の様な物が沢山出て居て丸で、神話に出て来るゴーゴン三姉妹のの末娘メディューサの様に頭から蛇の様な髪の毛が出ている感じです(^_^;)

良く見るとドラゴンフルーツはサボテンの一種なのか?と気づきます。
一目瞭然ですね(^_^)。
ドラゴンフルーツはサボテンの花で有り実なのですね(^_^)。
サボテンなのにあんなに瑞々しい果実をつける物で不思議だと改めて感動(^_^)!!。

実はこの道何度か通った事が有るのでこの景色も久々に懐かしい(^_^)!!。
地平線まで続くドラゴンフルーツ畑の村です(^_^)。

イメージ 4


いよいよ目的地が近ずくとベトナムの漁船が沢山見えてきます。
海に程近い川と湖の様な場所に沢山の漁船が係留されて居ます(^_^)。

イメージ 5


やっと到着です、Seahorse(シーホース)リゾート&SPAです(^_^)。

イメージ 6


フロントはこんな感じ(^_^)。
何とも変わって居てお洒落でしょ(^_^)!。

イメージ 7


ベトナムの古民家風のフロント(^_^)。
でもPCは必需品。

イメージ 8


まずは冷たいウエルカムドリンクで一休み(^_^)。
甘酸っぱい冷えたトロピカルドリンクが美味い!!。

イメージ 9


何と無く漢字が書いて有ります?、中華系?、Vietnam(ベトナム)もその昔漢字の国だったので古いお寺などには漢字が多いんですけどね(^_^;)

フランスの統治下の時代に今のアルファベット表記に変わった様です。
だから発音は漢字のままの物も多い(^_^)。
日本もアメリカに負けて英語に成らなかったのが不思議な位でそんな話も終戦後有った様ですね、変わって居れば今の日本はもっと世界のリーダーに成って居たかもね?、歴代首相の語学力の無さが日本を世界で下に見下されている良い例だ(^_^;)
英語でまともに世界の首相と渡り合って常に写真でも中心に居たのは麻生総理位だ(^_^;)

イメージ 10


アオザイのお姉さんの案内でホテルに入ると言うか、敷地が広く、広い庭園の中にビラやSPAにレストランにホテル棟などがひっそりと点在して居ます。

イメージ 11


リゾートらしい施設の敷地内の様子。
沢山のヤシの木に囲まれて日差しが和らぎ良い感じの庭園です(^_^)。

イメージ 12


行き成り、目の前にたわわに生ったパパイヤの木が・・・正確にはパパイヤは草だそうです(^_^;)

イメージ 13


まだまだ続く落ち着いた広い庭園。


PART2へ続く


以下のリンクもポチッとお願い致します(^_^)。





以下のリンクもポチッとお願い致します(^_^)。



開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事