べェトナムのNEW MY FAMILY(^^)/

海外移住の薦め と 国際カップルの幸せとすれ違い?!。

iPhone&ipad関連

[ リスト | 詳細 ]

iPhone3Gのアプリや周辺機器、Wi-Fi環境やベトナムでの使い方等々。
記事検索
検索

全47ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 1

久々に投稿。

なんだか怪しげなケーブルを買ってしまった。
予定では音声出力と画像出力を考えていたのだが、安いから無理もないか?。
接続したらノイズだらけで交換してもらおうか?、捨てようか?!と考えていたが、1日経って出力では無くて入力かな?とひらめいてマイクをつないだら音声入力できた(^_^)。
そこで、形から拾って、色々な名前で検索したら同じような製品が出てきて、充電しながら音が聞けるものだとわかった。

早速試してみるとイヤホンジャックより良い音を出すので気に入った、充電もできる(^_^)。
所が、この製品は純正品では無いとエラーが出て使えなくなってしまった。
漸く使える様にしても、ノイズだらけで復活したり、また使えなくなるので復活すると今度は音が抜群(^_^)。
そんな繰り返しなので、インターネットや外部とのやり取りを一切遮断してみたが、やはりある程度時が経つとまた使えなくなる。APPLEはこんな物の為にこまめに割り込み処理をしているのかと思うと無駄な処理のおかげで古い機種の人はどんなに遅く感じて買い換えているのか?、詐欺に近いな!!。
そこで止める方法は無いか検索。

無い、認証しているチップを殺すしかないのか?。
なんだかこの国なら町の修理屋でやってくれそうな気もするが(^_^;)。

ただ、なめると直ると言う記事のとおり数分間はまたつながる。
そもそも私の持っているケーブルは外して数分間経てばまた使えるがまた数分経つと使えなくなる(^_^;)。
いたちごっこだ。

他にも、ランゲージを切り替えれば即繋がる様にはなる。
アクセシビリティのAssistiveTouchをオンにして画面に出るAssistiveTouchでデバイスを選んで「消音を解除」でも解決できるなど一時的に使える様にする方法は幾つかあるがいずれも数分でまた使えなくなるのが頭にくる。

因みに、ケーブルの認証の問題だけなので回復すると充電だけでは無く音楽も聴ける(^_^)。
私的には純正のイヤホンジャックよりこちらのほうが好きだ。

そもそもこのケーブル何のメリットがあるか音質以外に私にはわからない?。
と言うのも最近のiPhone7の人がみな充電しながら音楽を聞く為と言っているが、私の古いiPhoneは問題なく充電しながらヘッドフォンで音声出力をしてくれる。


私がほしかったのはライトニングケーブルからHDMIへ変換して液晶TVやプロジェクターへ画面を出したいと言うことからなのだが、本来そのままHDMIは問題ないのだが、この国は遅れているのでプロジェクターなどにはまたVGAが多いので変換を漸く手に入れたのだが、当然なのだがVGAに変換してしまったら画像のみで音声が出ないので、その前に音声を分けて出力したくて購入したのが・・・。

結局、結論から言うと私がやりたかった事は何も問題無く出来ると言う事のようで。
このケーブルは無駄だったと言う事だ(^_^;)。


困った物だ。

開く コメント(0)

先日CopyTransManagerとCopyTransTuneTasticと言うアプリを見つけてインストールして見たが・・・・
このアプリのせいか解らないがInternetとの激しいアクセスで回線負荷が強くて一時Internetが使い物に成らなくなってしまった(^_^;)

元々、このアプリAppleのiTunesに取って代わってしまう様なとってもグレーなアプリの様だ(^_^;)

私がこの様なアプリが必要になったのはiTunesにも問題がある。
iTunesは一方通行のアプリだ!。

つまりiTunesはiTunes上で音楽データを管理して居てiTunesから各iデバイスへ音楽データをコピーして使うことが出来るアプリなのだがその逆でiデバイス内の音楽データをPC側にコピー出来ない(^_^;)
何だか色々なサイトを調べて見ると何処かからコピーして来た音楽データを使わせない為らしいのだが、それならそもそもiデバイスに違法な音楽をコピー出来なくして置けば済むだけの話の様な気もするし、今のiデバイスにそんなに簡単に音楽コピーできたんだっけ?って考えたら本末転倒でこの様なアプリが出て来たと言うわけか(^_^;)

しかし、私の場合少し事情が違ったのだ。
元々iTunesでもiTunes Music store以外で購入した音楽データも管理出来る訳で有って、今では妻に頼まれて多くのCDから音楽をデジタル化してiTunesで管理していた。
そう言う意味ではiTunesは非常に手軽な音楽管理ツールでもあったのだが・・・・。

問題は先日新しいPCを購入した時に起こった!!。

新規PCにiTunesの環境を引越しする前に旧PCをメイドさんが壊してしまったのだ(^_^;)
おかげでそのまま簡単に環境を引越しする事が出来なくなり、HD(ハードディスク)だけ取り出して音楽データを取り出して見た物の一箇所にまとめてなかったので音楽データが切れ切れで更にiTunesのデータベースとして吸い上げられなかったので音楽は出て来ても曲名やアーチストが無記名になってしまったりiTunes Music 用に入れて置いたアートワークなどが全く空白に成ってしまったのだ(^_^;)
これを一々入れ直すのは大変だし日本語の曲は殆ど失われて居る(^_^;)
洋楽はiTunes Music storeにデータがあるので比較的簡単に手直し出来るが日本の曲はその物が切れ切れで上手く行かない?手作業では大変だ(^_^;)
更にここの母国語の曲に至ってはiTunes Music storeに殆ど無いので手作業で地道に編集して曲名やアーチストやアートワークまで作って登録して置いたのに・・・(^_^;)

こんな時に思うのは各iデバイスには全く問題なく、音楽もアーチスト名や曲名もアートワークも存在して居ると言うことだ。
このデータをそのまま新しい環境に再構築出来ればそれに越した事は無い(^_^)。
そう誰でも思わないだろうか?。

そして探して居たらこのCopyTransManagerとCopyTransTuneTasticと言うアプリに出くわしたと言う訳だ(^_^)。

確かに便利で簡単に各iデバイスからデータをPCに転送できた。
後は再度iTunesに認識させれば簡単に登録は済みそうだ。

iTunesに標準でこうしたiデバイスからiTunesに再構築が可能な機能が備わって居ればここまで苦労はしなかったのだが(^_^;)

レアなケースかも知れないが私の様にPCの引越しの際にデータ移管の前にクラッシュ等色々な理由で音楽データベースが破損した場合のiTunesの管理方法は今後搭載して欲しい物だ。

何せiTunes Music storeで購入したデータなら簡単に再構築出来る様だがこの国は基本的にApple社も諦めて居るのか?、音楽データが極端に無い!。
有るのはゲームばかりの様だ(^_^;)
この国では音楽は沢山有るがまだまだCDメディアでMP3形式の音楽販売が主流の様だ(^_^;)

だからAppleに限らず音楽アプリで便利なSounHound等も動作しない(^_^;)

それにiCloudで管理する方法もある様だが基本は形を壊さず今ある各iデバイスのデータのバックアップだけになってしまう?。
新しい音楽を入れたり、聞かなくなった音楽を消したりと言った音楽管理が出来ない?。

更にiCloudの容量が少ないのもネックだ(^_^;)

各iデバイスのバックアップが出来るのは良いが音楽データのバックアップだけの為には安いのか?高いのか?、更に毎年料金が掛かる。
年に何回利用するか分からない程度の頻度に・・・・

1年に何回出し入れするかも解らないデータにその僅かな量、そして何よりもその料金の支払い方法が面倒なのだ(^_^;)
日本なら気楽に何処ででもiTunes Musicカードを購入して出来るがココは日本でもアメリカでも無い外国なのだ(^_^;)

だからiCloudでは無くPCで管理して居たのだが形ある物は何時かは壊れる・・・正にその通りになって困った訳だ(^_^;)

AppleにもiTunesの管理方法の変更やiCloudなどの購入の仕方など色々検討して欲しいと思うが私同様にその前に困った状況に陥った人の為にこの記事を備忘録を兼ねて記して置く。


CopyTransManagerとCopyTransTuneTasticは重宝なアプリだが無料でココまで出来るのには何か裏が有るのでは無いか?。
強力なInternetへのアクセスが何を意味するか解らない、情報漏えいに繋がらないとも限らない事も記して置きたい。
あくまで便利だからと言っても使う時は自己責任で!!。

CopyTransManagerとCopyTransTuneTasticはiTunes無しで各iデバイスを管理出来、音楽データなど元をロストしてしまったリンク切れのデータでも探してくれる便利な物だ。





以下のリンクもポチッとお願い致します(^_^)。





以下のリンクもポチッとお願い致します(^_^)。



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今更ながらヤフーブログが便利な機能を搭載した。

イメージ 1

ちなみにこの写真はドアが半分しかない軽トラ。

それはiPhoneから簡単にヤフーブログ更新できるアプリがリリースされた、音声認識も可能なiPhoneでしゃべるだけでブログを完成することや、そして写真添付も簡単にできる様にやっと今頃iPhone5になって完成した。余りにも遅い対応だ。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

海外でも日本国内でも関係無く、液晶TVの大画面でYouTubeは勿論、此の所日本でも人気で日本の物が増えて来たVeohやDaily motion等の動画も見たいと言う要求も多いのではないだろうか?。

特に他にも日本のニュースなども比較的リアルタイムに近く見る事が出来方法が幾つか有るが特に日本国内より海外では需要が高いと思われる(^_^)。

チョット面倒だがiPhoneを使って見る方法が便利だ(^_^)。

私はiPhone4Sの充電が中途半端な場合、一気に電池を消耗させて満充電させたい場合などに良く使うのだが…

appleTVを経由して大型の液晶TVに映し出して見て居る(^_^)。

iPhoneはWi-Fi経由でInternetから各動画サイトより動画を再生させながらappleTVに送信する、結構ヘビーな送受信を行うので電池の消耗も激しい(^_^;)

我が妻はiPhoneの電池を消耗させたい時に音楽を再生させて居るが、iPhoneは元々iPod機能も持っているので音楽再生ではかなりスタミナを発揮するので音楽再生ごときでは簡単にへこたれない(^_^)!!。

しかしWi-Fiを経由して送受信を同時に行う事は流石のiPhoneでも可也ヘビーな作業と成り、最もiPhoneの電池の消耗を誘う事に成る(^_^)。

こうして動画を大型液晶TVで見る事が出来るのだ(^_^)。

appleTVは意外にも安い買い物だ(^_^)!!。

事に海外など日本に比べてInternetの回線の細い所で威力を発揮する(^_^)!!。

此処ベトナムでもアナログの汚い放送を受信して見て居る寄り、iPhoneが受信するデジタルの画像の方が小さくても綺麗に見える(^_^)。

appleTVやiPhone4Sなどapple製品の性能なのだろうか?、良く考えられている(^_^)。

時にはHQ等の画像も有るので綺麗な画像を大きな画面で見る事が出来る(^_^)!!。

元々、此処ベトナムの大型液晶TVはPC用のアナログのDSUB入力が有るのでPCのモニター代わりにしてそのまま大画面で見る事も可能だ(^_^)。

こうしてInternet経由で普通にその日のうちに日本のニュース番組なども見る事が可能だ(^_^)。

其れ以外にも日本以外の国の情報から日本では隠蔽されて居る様な日本関連のニュースも見る事が可能で意外にも日本より日本国内の情報に詳しく成ってしまう場合も多々有るのは他の国同様だ(^_^;)

最近一番便利だと思ったのはYouTubeはiPhoneの標準アプリでサポートされて居るが他にもDaily motionが専用アプリを出して居る事とVeohも専用アプリは無い物の専用サイトでサポートしてくれて居るのでやはりiPhoneは強い(^_^)!!。

それも各アプリもサイトもiPhone標準の「Safari」を使えばそのままappleTVに出力可能なのが嬉しい(^_^)!!。
こうして比較的小さくて軽いデータを使いながらも其れなりに綺麗に大画面で見せてくれるのは海外の細いInternet環境の人には是非お勧めだ(^_^)!!。

海外で悩んで居る人は是非一度お試しあれ(^_^)。

ホント前にも言ったがappleTVは安くて良い買い物だったと思う(^_^)。

日本なら更に高速回線を思う存分利用してiTunesでクオリティーの高い画像で映画を購入したりレンタル出来るので此処でもappleTVはお勧めだと思う(^_^)!!。

わりと知られて居ない様だがappleTVは特に海外で日本の映画を見たいと言う人にもお勧めである(^_^)。

他にも海外のiTunesに設定を変えれば何処の国の映画や音楽にアプリもダウンロード可能だ(^_^)。

決済口座さえ持っていれば良いので海外でも使用可能なクレジットカードを登録して置けば便利に使えると言う訳だ(^_^)。


今やInternetが有れば世界中何処でも情報には事欠かない!!。

日本でTVや新聞、ラジオなどを聞いたり見たりして居る人間より、余程海外や日本国内でも田舎に住んで居ても今やInternetを使う事でも情報の中心に近い所に居られる時代で有る(^_^)!!。


最早日本の映画やTV番組でも世界中何処からでも視聴できる時代である(^_^)。

そう言えば中国の怪しいTVサービスが此処にも有る、日本のTVをそのまま垂れ流しにして料金を取って居るのだから正に人の褌で商売をする飛んでも無い商売だ(^_^;)

幾ら先進国が著作権云々言っても世界最大のコピーと違法大国で有る中国が蚊帳の外では論外なのだ(^_^;)

日本ではコピーに対する法律が厳しく成った様だが、此処ベトナムでも日本のアニメなどが中国国内で製造されたと思われる海賊版と成って販売されて居る事が有る(^_^;)
必ず、中国語が有り、英語より中国語と言う場合がほとんどだ(^_^;)

日本を始め欧米各国が幾ら規制しても一番大きなコピー大国である中国を野放しでは自分達は規制して首を絞めても、各国の人気作品を中国は勝手にコピーして販売して居るのだ(^_^;)

それも今や、中国国内だけでは無くて広く世界中で中華民族が存在すれば違法作品が蔓延しているのだから凄い!!。

売れれば人の物だろうと何だろうとお構い無しの商売には参るね(^_^;)



日本人ならそんな違法な中国製品に手を出さなくても先程言った方法で合法的にapple社のiTunesサイトから購入やレンタル出来るのだ(^_^)!!。

何れにしても商売下手な日本企業は抜きだけどね…(^_^;)

前にも話したが日本のサイトは世界からのアクセスを阻んで居るので商売が成り立たないのだが、appleを始め多くの海外の企業は日本のコンテンツも直接著作権を持つ作者などと交渉して販売しだして居る。

昔からの日本の様な中間で食っていた問屋や仲買の様な商売は最早不要の長物と成りつつあるのが時代の流れと言う物だ(^_^)。

デジタル化で失敗したのはカメラ業界から始まり、日本では音楽、そして書籍出版業界も同じ轍を踏んだ様だ(^_^;)!!。

アマゾンがキンドルを日本で販売など最早appleだけでは無く世界中から日本は集中砲火で大沈没を起こしそうなのは既に明白だ(^_^;)

これからは出版も電子化して日本語の雑誌でも日本で制作するとは限らなく成るだろう(^_^)。

編集局の人間数人で独立して海外で優雅に暮らしながら雑誌を出版してアマゾンやiTunesなどで販売すれば最早紙媒体の様な大掛かりな出版社はその物が無用の長物で有る(^_^)!!。

その方が出版に関わる人間にとって自由度が高まるし、高所得も期待出来て環境の良いオフィスで働けると言う物だ(^_^)。

何も仕事部屋が大きなビルの中に無ければならない事は無い!!。

編集者や記者など数人や数十人程度なら芝生の青い広い庭付きの邸宅を借りて仕事場にする事も可能だ(^_^)。
毎週庭でバーベキューしたり釣りにハイキングやヨットやテニスにゴルフなどを楽しめば良い(^_^)!!。

最早21世紀も入って久しい、そんなライフスタイルで優雅に雑誌を作る電子出版が多数出て来ても可笑しく無い時代なのに働き蟻の集団で有る日本人の発想には無いのだろうね(^_^;)

私などは既に海外でライフスタイルを一変して日本の時とは大違いである(^_^)!!。

良くも悪くも狭い日本を飛び出して良かったと思って居る(^_^)。

最近核汚染で被曝を恐れて海外に遂に普通の人達も流出が止まらない様で各国とも日本人が激増して居る様だが日本ではまた隠蔽されて話題にも上らないのだろうね(^_^;)

美味しい空気と水と安全な食べ物だけでは無くて、海外に出て見ると日本での生活は何だったのだろう?と言わざるを得なくなる(^_^;)
正に、井の中の蛙、大海を知らずとは日本人の為に有る様な言葉だ(^_^;)

何だか未だに外国暮らしに抵抗の有る田舎者や都会の真ん中に住んで居ながら情弱者が多すぎる日本である(^_^;)

まるで信長や秀吉の時代の様な未だに隣の県を他国と呼び外国の様な気で居る田舎者も居る始末だが、今や私などは海外でも隣の県に引っ越したのと同じ位の感覚でしか無い(^_^)。

21世紀の今時、戦国時代と変わらぬ価値観の方が私には疑問だ(^_^;)

今や世界中何処に住んでいても物理的な距離より、むしろ論理的に何時も情報の中心に住む事の方が重要だと私は何時も思っているし、言っている。

東京のど真ん中で汚い空気を吸い、まずい水を飲み、汚染食品やジャンクミートを食べて旧メディアしか見て居ない21世紀の田舎者より、片田舎に住み綺麗な空気と美味い水と安全で美味しい食べ物に囲まれてInternetで情報のど真ん中に直結して居る人間の方が余程21世紀的には都会人でセンスが良いライフスタイルだと思う(^_^)!!。

更にそれが海外でも何の問題も無い時代、それが21世紀だと思う(^_^)!!。

今は少し進み過ぎて居る様に思われるかも知れないが後10年〜30年もすればそれが普通で可笑しくない時代が訪れて居ると私は思う(^_^)!!。





以下のリンクもポチッとお願い致します(^_^)。





以下のリンクもポチッとお願い致します(^_^)。



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

遅まきながら今日本で話題のiPhone5に付いて考察して見た。
まず結論から言うとガラパゴス化した日本のiPhone5は必要無いと言う事に至った(^_^;)。

今私が暮らす海外ではLTE等まだまだ先の話だ(^_^;)。
高速通信など対応して居ても使えないのでは無用の長物だ(^_^;)。
これとは別に今度のiPhone5のSIMがまた小さい事で中国の動きもこれまでと違い遅い様だ(^_^;)。
今度のiPhone5用のSIMが中国や此処ベトナムでもまだ発売されないので香港でもこれまでの様に期待は大きい物の動きは遅い様だ(^_^;)。

ベトナム人も新し物好きでロクにiPhoneの機能など使わなくてただ電話したりゲームするだけなのだが此の所やけにiPhone持ちが多く成った(^_^;)。

softbankの孫さんが言う様に中古で買い取ってアジア市場に安く出して行くのだろう?(^_^;)。
良いよな〜正規キャリアなら簡単にSIMアンロック出来るのだろうから(^_^;)

そう!、問題はこのSIMフリー化に有るのだ!!。

日本のiPhone5は何れもSIMアンロックされて無いので海外では使い物に成らない!!。
前にも触れたがこの為世界的に人気のiPhoneも日本で使われた物は何処の店でも引き取らないのが世界の常識だ(^_^;)

私も海外製のSIMフリーの正規版のiPhone4Sを使用して居る(^_^)!!。

此の所日本ではテイザリング出来ると言うのが話題の様だが、元々iPhoneは3GSの頃より世界では既にテザリング出来て居たのだ(^_^)!!。

何を今更ガラパゴスである(^_^;)!!。

私のiPhone4Sも此処ベトナムで前よりテザリングを使えた(^_^)!!。


日本は進んで居る様で何時も何処か間が抜けて居て、何処の国も追従しないガラパゴスなのだ(^_^;)
だから衰退の一途、新興衰退国ニッポンなのだが…
ガラパゴスに住んで居るとその事にも気付かない様だ(^_^;)

私はむしろ日本に住む頃より多数のモバイル機器を持って居たのでWIMAXのモバイルルーターを利用して1台で複数のモバイルを効率良く、お財布にも優しい運用をして居た。

其処で考えたのが此方でも使えるSIMフリーのモバイルルーターの存在だ(^_^)!!。

それもLTE対応の高い物では無く、既に価格のこなれて居る「ZTE MF-30」や『HUAWEI E586』と言う物だった(^_^)!!。

これが有れば此処ベトナムやアジアやヨーロッパでも広く使える(^_^)!!。
比較的世界で今広く使える3Gが標準でカバーされて居る(^_^)!!。
世界では国に寄って3Gも電波の帯域が一つでは無いので何処でも使える事が私にとっては重要なのだ(^_^)。
同様に世界を飛び回るご同輩にはこいつは実にお勧めなのだ(^_^)!!。

日本のSIMロックの掛かった製品などどれを取っても使い物に成らん!!。
こいつが有れば日本でもNTTドコモの広いエリアをカバーしたSIMは自由に使えるので日本の某通信会社やイオンSIMなど多くのドコモ回線を使える格安SIMを使用出来る(^_^)!!。

ガラパゴスに住む住人にも便利な商品なのだ(^_^)!!。
私も日本に立ち寄る際にもこいつが有れば便利だ(^_^)!!。

SIMが通常サイズなので何処の国のSIMでも気軽に入るのも嬉しい(^_^)!!。

今やSIMフリーの正規版のiPhone4Sを持って居るので何処の国に行ってもプリペードのSIMを入れ替えれば格安に通信が出来る(^_^)。

それに今の世の中、最早データ通信が出来れば取りあえず電話は掛けられるアプリがテンコ盛りで電話は要らない(^_^)!!。

今はiPhone4Sでテザリングを使用すれば何処でもipadを始めネットブックなどを使えるので便利だがやはり同時接続数や標準SIMの大きさや電池の持ちなどを考えるとiPhone4Sとは別にSIMフリーのWi-Fiルーター『HUAWEI E586』は欲しい物だ(^_^)。
こいつが有ればこいつの電池を使いきってもSIMフリーのiPhone4Sがまだ使えるしね(^_^)!!。

既に日本市場ではLTE対応のWi-Fiルーターに市場も移りつつ有る様で、このSIMフリーのWi-Fiルーター『HUAWEI E586』が値崩れして居て良い感じでも有る(^_^)。

やはりこれから持つには世界標準で無いと使い物に成らない、だからガラパゴス日本の製品は要らない!!。
iPhone5も買うならやはり多少高くても世界標準なiPhone5を買う様にしたい(^_^)!!。

其れに此方の仲間内では今度のiPhone5の様にA6チップを搭載した次のipadやiPod touchの方が狙い目だと言う話に成って来た(^_^)!!。

どちらも既にWi-Fiモデルで十分だからだ(^_^)。
上記で説明した様にSIMフリーのWi-Fiルーター『HUAWEI E586』の様な物、日本国内ならLTE対応の高速なWi-Fiルーターを買えばそのまま接続出来て今や電話も掛けられる(^_^)。
此の方が安くて便利だと言う結論に成るからだ(^_^)!!。

ipadなら電源も余裕だし、iPod touchならメモリ容量もでかい割にリーズナブルだからだ。
そしてどちらもSIMロックに悩まされる事など無いWi-Fiモデルで十分だからだ(^_^)!!。

今後こうした賢いユーザーが増えて行くのでは無いだろう?(^_^)!!。

特にモバイル機器を複数持つユーザーはこれで十分だろうと思われる(^_^)!!。

因みに私がまだ日本に居る頃にエリアの狭かったWIMAXも今ではかなりエリアが広がった様だが、高速通信が売りだったがLTEが出て来たので今後どうなるか解らない(^_^;)

AUにしてもsoftbankにしてもLTEは周波数帯が高いので電波の飛びの問題でWIMAXとどちらに軍配が上がるかはまだまだ先に成らないと解らない。
はじめはやはりLTEだろうがユーザーが増えればこれまでどのサービスを見ても同じ様にユーザーの増加と共に高速性も接続性も落ちて来るのは宿命だ(^_^;)
サービスが始まって10年も経たないと何とも言えないだろう(^_^;)
周波数の関係で今の所、WIMAXに比べてLTEの方が室内などでも比較的電波が届きやすいと言う性質は有る様だが…(^_^)!!。
だがこれも必ずそうとは限らない、電波で有る以上その逆に成る地域や場所なども発生するのは大いに考えられるので一概に電波の性質だけでは言いきれない(^_^;)

今後HD画質の動画がモバイルで気軽に見る時代が来るとLTE等のサービスは期待が大きいのだが、此処ベトナムでは日本とは全く事情が違う!!。
モバイル通信事情はまだ3Gが始まって数年でまだまだ3G全盛で各キャリアも今売ろうと必死だ(^_^;)
しかし、Wi-Fi事情は日本に比べ物に成らない位昔から進んで居る(^_^)。

私が初めて此処ベトナムに来た当時からビックリしたのは日本がまだADSLでWi-Fi等無い頃から街の至る所でコーヒー1杯で無料でWi-Fiが自由に使えるのだ(^_^)!!。

この国はWi-Fiの環境が良く整って居るので出先でモバイル機器を使うにも3G等に頼らなくてもWi-Fiでそのまま行けるのだ(^_^)!!。

日本とは事情が大きく違うのだ(^_^)!!。

家にもInternetは当然引いて有るし、今ではそうした家庭も一般的だ(^_^)!!。
まだまだ光とは行かないがADSLや同軸のケーブルTVが日本同様にInternet接続を手掛けて居るのでそこそこのスピードが出て来ているのだ(^_^)!!。

なので、まだ無いLTE寄りも複数機器を扱えるSIMフリーのWi-Fiルーター『HUAWEI E586』の方が利用価値が高い様だ(^_^)!!。

何と言っても鎖国の様なSIMロックして居る様な日本のガラパゴス製品は世界では通用しない(^_^;)!!。

幾ら高機能でも多機能でも使えない物を世界は相手にしない(^_^;)!!。

何と言っても世界標準が一番なのだ!!。
ガラパゴスでは相手に成らないのだ(^_^;)



以下のリンクもポチッとお願い致します(^_^)。





以下のリンクもポチッとお願い致します(^_^)。



開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

全47ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事