北の水辺で糸洗い!

遅ればせながらコメント入れましたァ〜〜

2017.秋

夏セミが生命の灯を終えるがごとく、かぼそい声で精一杯鳴き、

湖畔の木々が色あせはじめる頃、支笏湖の秋の釣りがスタートした。

去年は全く不振だったこの湖、今年は・・・・・・?

9月21日

 とりあえず今年初のクルージングは、小さかったけど手ごたえを感じ取れる一尾。

 https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1604960/64/56540364/img_0_m?1511101180


9月27日

 その後、連日のように釣友からの迷惑メール。

 意を決して遊休をとって臨む完璧と思える一日。

 予想を反して魚の気配が無い。

 湖畔を彷徨いながら最後に投じたカメムシに。

 https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1604960/64/56540364/img_1_m?1511101226

 リールの収納物をほとんど放出した会心の一尾。


9月30日

 なぜか秋ドライをシングルに拘る釣友。

 でも、何となくわかるような気がして思わず衝動買い。

 https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1604960/64/56540364/img_2_m?1511101550


10月1日

 いとも容易く入魂完了。

 https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1604960/64/56540364/img_3_m?1511101603

その後、すぐにバッキングをいいだけ引き出したグッドサイズ。

 https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1604960/64/56540364/img_4_m?1511101638

シングルの面白さを実感した一尾。



10月14日

 10月1日以降、リズムが狂いだし、苦悩の日々が続く。

 この嫌な雰囲気を打ち消した岸際、2mラインを自分に向かってきた会心の一尾。

 https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1604960/64/56540364/img_5_m?1511101671


10月24日

 なかなか休日には、良い風が吹かない中で何とかドライに出した一尾。

 https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1604960/64/56540364/img_6_m?1511101701

11月3日

 いつもと違う場所で岸際のクルージングに出た今季最大のニジ。

 完敗だった。あまりにもシステムが脆弱過ぎた。

 

この秋はこれを最後にドライの釣りが終了した。

デカニジを釣るために通い続けた支笏湖。

とっても充実した秋が終わり、その反面今はちょっと空しさが・・・・・?





 

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

夏の想い出

超渇水の本流で辛い仕打ちを受け、子供達が帰って来て

何かと忙しかったお盆休みが終わり、日常を取り戻した8月20日。

癒しの水溜りにたたずんでいた。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1604960/44/56474844/img_0_m?1505745436

Q様に癒され、無心で浮かべていたセミがよれと共に消えた。

想定外の大物に翻弄され、リールに残るフラットビームに冷や冷やのファイト。

一気に加速した後、空しいノーテンション、完敗でした。

水温22度の止水。多分、ニジマスだったと確信できる走り。

悔しくて一週間後もまた同じ場所。

この夏にそんなに釣れるわけないと言い聞かせセミを浮かべる。

当然何もない。

諦めていた時突然、スプラッシュライズ。

一気に猛スピードで沖に走り、すぐにニジとわかる。

釣れちゃった!みたいな喜び。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1604960/44/56474844/img_1_m?1505745477


これに気を良くして二日後、仕事が早めに終わったのでまた同じ場所へ。

この時期にこんなに支笏湖に熱くなるなんて・・・・・。

でも、そうそう簡単に釣れるわけがない。

しかし、風が変わり湖面が変化した直後、よれの中にセミが消えた。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1604960/44/56474844/img_2_m?1505745507

なんか笑いが止まらない。

ハイシーズンでもこんなに釣れないのに・・・・?

その後も乗りはしなかったがセミに反応があった。

交通事故的な釣りだが、今年の支笏湖はニジが多い。

このまま10月に推移することを願う今日この頃です。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

不快指数100

イメージ 1

ここ近年、支笏湖で釣りしてて思うことがある。

とある場所では、

^Щ△發覆靴砲いなり隣でロッドを振りだす輩が居た。

 それも5m程度しか離れていない場所で・・・・。

 最初は知り合いかと思ったが全くの他人。

 しかも、更に接近してくる。

 一体、何考えてるのか分からない。何がしたいのか?

 この場所がそんなに釣れるのか・・・・・?

 自分はここで何時間も振っていたが無反応だったが・・・・?

 思わず故意にアンカーをきってフライをぶつけてやろうかとも思ったが

 ここに拘る理由も無いため移動することにした。

 去った後、俺が立ってた位置に入り、一歩も動かずに下手なキャストを繰り返していた。


疲れたから岸に上がり休んでいた。

 すると突然、俺の目の前で支度を始める輩が居た。

 いったいこれから何が起こるのか?興味深々で静観していた。

 するとその輩は、挨拶もなしにいきなり湖に立ち込み下手なキャストを開始した。
 
 まぁ〜、ここは俺の土地でもないから良いけど・・・・・。

 
ほんと、とある場所では不愉快な輩が出没している(笑)

早く来て先に入っても、後から来た輩にこんな事されたら

楽しい釣りが不愉快になっちゃうよね。

ついに支笏湖もこんな節操の無い釣り場になってしまったのか。

裏を返せば、それだけ釣れる湖になったということか。

その割には恩恵が少ないような気がするが・・・・・?


  ※本文と写真は一切、関係がございません!!



 

この記事に

開く コメント(2)

セミに出る

ここ数年、これと言った魚が出ず意気消沈気味の支笏湖。

今年に入り、何回かいい魚を掛けるがバラシの連続。

6月に入りセミをぶら下げ臨んだ初日。

投げたフライが右に流され岸に戻るを繰り返すばかりで

全く生命感を感じないまま時間だけが過ぎて行く。

しまいにはポツらポツらと雨まで落ちてくる始末。

そして、岸から10m程度の所まで流されたフライが突然吸い込まれる。

ウグイだと思いのんびり合わせる。

次の瞬間、一気にラインが出て行き、かなり沖まで走られた。

まさかニジマスか・・・・・?

何度も行ったり来たりを繰り返し、ようやくネットインした瞬間、

久々に脱力感に襲われた。

いい魚だった。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1604960/42/56414942/img_0_m?1500534539

この記事に

開く コメント(4)

真駒内花火大会

7月8日(土)真駒内花火大会。

露出を22に絞りバルブ撮影をするがこの程度。

フィルターが欲しいところです。


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1599577/10/56414910/img_0

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1599577/10/56414910/img_1

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1599577/10/56414910/img_2

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事