北の水辺で糸洗い!

遅ればせながらコメント入れましたァ〜〜

不快指数100

イメージ 1

ここ近年、支笏湖で釣りしてて思うことがある。

とある場所では、

^Щ△發覆靴砲いなり隣でロッドを振りだす輩が居た。

 それも5m程度しか離れていない場所で・・・・。

 最初は知り合いかと思ったが全くの他人。

 しかも、更に接近してくる。

 一体、何考えてるのか分からない。何がしたいのか?

 この場所がそんなに釣れるのか・・・・・?

 自分はここで何時間も振っていたが無反応だったが・・・・?

 思わず故意にアンカーをきってフライをぶつけてやろうかとも思ったが

 ここに拘る理由も無いため移動することにした。

 去った後、俺が立ってた位置に入り、一歩も動かずに下手なキャストを繰り返していた。


疲れたから岸に上がり休んでいた。

 すると突然、俺の目の前で支度を始める輩が居た。

 いったいこれから何が起こるのか?興味深々で静観していた。

 するとその輩は、挨拶もなしにいきなり湖に立ち込み下手なキャストを開始した。
 
 まぁ〜、ここは俺の土地でもないから良いけど・・・・・。

 
ほんと、とある場所では不愉快な輩が出没している(笑)

早く来て先に入っても、後から来た輩にこんな事されたら

楽しい釣りが不愉快になっちゃうよね。

ついに支笏湖もこんな節操の無い釣り場になってしまったのか。

裏を返せば、それだけ釣れる湖になったということか。

その割には恩恵が少ないような気がするが・・・・・?


  ※本文と写真は一切、関係がございません!!



 

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

セミに出る

ここ数年、これと言った魚が出ず意気消沈気味の支笏湖。

今年に入り、何回かいい魚を掛けるがバラシの連続。

6月に入りセミをぶら下げ臨んだ初日。

投げたフライが右に流され岸に戻るを繰り返すばかりで

全く生命感を感じないまま時間だけが過ぎて行く。

しまいにはポツらポツらと雨まで落ちてくる始末。

そして、岸から10m程度の所まで流されたフライが突然吸い込まれる。

ウグイだと思いのんびり合わせる。

次の瞬間、一気にラインが出て行き、かなり沖まで走られた。

まさかニジマスか・・・・・?

何度も行ったり来たりを繰り返し、ようやくネットインした瞬間、

久々に脱力感に襲われた。

いい魚だった。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1604960/42/56414942/img_0_m?1500534539

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

真駒内花火大会

7月8日(土)真駒内花火大会。

露出を22に絞りバルブ撮影をするがこの程度。

フィルターが欲しいところです。


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1599577/10/56414910/img_0

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1599577/10/56414910/img_1

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1599577/10/56414910/img_2

この記事に

開く コメント(0)

2016年大晦日

イメージ 1

今年で9年目となる大晦日釣行。

最初は清水の舞台から飛び降りるような覚悟で臨んだ気がする。

今ではすっかり日常。と言うか大晦日自体、つまんなくなってきている。

歳のせいなんでしょうね・・・・・?

それにしても今年の支笏湖は春から晩夏にかけてはそこそこだったけど、それ以降は

全く振るわなかった。

来年はデカニジにデカブラ、よろしくね。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

夏の支笏湖

この時期、支笏湖で釣りをするのは初めてである。

ハイシーズンだと絶対、先行者が居るのにさすがこの時期、誰ぇ〜〜も居ません。

と言うか、ウエダー履いてロッドを持って国道を渡るのもチョッと恥ずかしい気分。

台風の影響で川が絶望的状況の中、仕方のない選択です。

水位が高いことは分かってましたが、これほどとは・・・・・。

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1604960/38/56045338/img_0_m?1472445130

スペイと言えどロッドを振る場所も限定されてきます。

秋の釣りも厳しそうです。

今時期の水温は23℃。川ならニジがのぼせる水温。

おまけに鏡でウグイだって厳しい環境です。

でも今回は湖面に浮遊物がたくさん漂流。

時折、吹く風に流され沖へと延びて行く。

そして沖ではディンプルライズが起こる。

更に奥のワンドで湖面がヨレる。胸近くまで水に浸かり倒木をかわし、

ライズがあったであろうポイントにセミを打ち込む。

多分、ウグイだよなぁ〜〜。と思いながら周辺を注視する。

とその時、前方15m位の所で湖面がヨレる。フライが消えた。

慌てて合わせを入れる。ズシッとした重量感、魚と繋がった瞬間。

ドライの醍醐味。

相当、デカいウグイか・・・・?

ガンガン首を振る。そしてジャンプ!マスだ。

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-e7-06/whr022g54/folder/1604960/38/56045338/img_1_m?1472445180

この時期でもブラウンは岸に寄るみたいだ。

この一尾をもって秋の釣りが終了しないよう、今後も精進だ。

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事