ここから本文です
wild okuwa の樹液採集メモ
自然が大好きです。樹液採集を楽しんでいます。

書庫全体表示

181001 URANIUM GLASS

こんばんは。
前回記事にナイスポチありがとうございます。

本日のウランガラス。

戦前の瓶には、ウランが含まれているものもある。
紫外線を当てると、緑に発色する。

ラムネ瓶 左は木製のビー玉という貴重なもの
イメージ 1

発色しました。すごいウラン含有です。
イメージ 2

戦前 レモンサイダー瓶 浦野善四郎製
イメージ 3

発色しました。
イメージ 4
これらの瓶たちも。
イメージ 5

イメージ 6


さて新規開拓をかねて、台風後、仕事帰りに行ってきました。

2018年10月1日 気温22度 晴れ 台風24号通過後


やはり、予想どおり、第1級樹液木が折れています(泣)。
ここで70up採れたのに。残念です。
クヌギ
イメージ 7
イメージ 8

このクヌギ大木も根元から折れている。
イメージ 9


折れて飛ばされた木が散乱。
イメージ 10


クヌギ樹液木発見。縦割れメクレ。
イメージ 11

何もいない。
イメージ 12

別のクヌギ大木 メクレあり 50ヒラタがいる。スルー。
イメージ 13

デカコクワがいた。
イメージ 14


チビコクワも
イメージ 15


割といい感じの木を発見
イメージ 16

洞あり
イメージ 17


日が暮れて。最近暮れるのが早くなりました。

ヒラタあり
イメージ 18


そして、高所を見上げると、デカヒラタあり!
イメージ 19

登るのが面倒であるが、一応登る。

簡単にゲットです。

イメージ 20

ロクゴ―ぐらい。

イメージ 21
太くてかっこいいが、リリース。

虫がほとんどいなくなりました。

夜間は肌寒くなりました。気温19度に下がる。


おまけ

この3本のガラス壜は、戦前のもの。
鐡道コーヒー紅茶、島田食品、トンボ食品 とエンボスあり。
発色するかな?
イメージ 22

真ん中だけ薄く発色。ウランあり。その他は、ウランなし

イメージ 23

精工舎の時計はよく光る。美しい。
イメージ 24
ウランラムネも光る。
イメージ 25


最後までありがとうございました。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事