ここから本文です
wild okuwa の樹液採集メモ
自然が大好きです。樹液採集を楽しんでいます。

書庫全体表示

こんばんは。
前回記事にナイスポチありがとうございます。

本日の瓶 
白酒 ウラン反応あり。
イメージ 1

蓋の桜模様がかわいい。
イメージ 2

エンボス薬瓶 昭和初期 義勇丸 平尾製 岳陽堂 ウラン反応あり。
イメージ 3

みかん水瓶 ウラン反応あり
イメージ 4

本日の靴
ジョンロブ 2004年イヤーモデル スエード シリアル76X
イメージ 5
これからの季節にスエードはいいですね。
イメージ 6
つま先にスティール補強をすると、ソールの持ちが全然違います。新品時にするのがベター。

本日のパネライ PAM00199 トリチウム焼けが渋い。500本限定 新宿ベスト店購入
イメージ 7
イメージ 8

本日のライト シュア軍団
イメージ 9

M2が好きです。山に持っていきます。

イメージ 10
充電中
イメージ 11


さて、新規開拓に行ってきました。

2018年10月29日 晴れ 夕から夜 気温12度

K氏から、物凄いニレの大木があったと報告を受けます。
K氏とは、夜間新規開拓をする若者で、採集猛者です。夜間10時から午前4時。

↓このような写真を見せてもらった。洞がいくつもあり、まさにエース級の木だと。
イメージ 12

↑ほんとに夜間開拓している。凄すぎる。


K氏の許可をもらい、開拓がてら、確認しにいった。

こんな感じの道をひたすらいく。
イメージ 13

クヌギが多数ある。
イメージ 14


いい感じの洞
イメージ 15

コナラ大木 数年前にチェックした木であるが、洞が凄いことになっている。
イメージ 16


中には、コヒラタ君
イメージ 17

高所にも洞ができている。
イメージ 18

ニレの大木が無数にある。
イメージ 19


さて、K氏のポイントに向かう。

途中で分からなくなる。

え、まさか、この川をずっといくのか?

ここを深夜歩いたK氏は凄い。

そして、土手に上がり、今度は藪漕ぎである。

この藪が、また醜い。

棘のある木や、竹のような細くて硬い木が無数にある。

たまに足をとられる。

ここを深夜行く?

無理ですね。

藪漕ぎして、やっと到達した。

まさにエース級ですね。普通の採集者は来れにかもしれません。

K氏許可のもと、木の全容は見せませんが、洞の一部だけお見せします。

イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22

樹液焼けした洞がいくつも!ボコボコです。

まさに誰も来ていません。


木を観察したり、木登りとかしていると、日が暮れました。真っ暗です。

日が暮れるの早いです。

帰るのも一苦労です。帰るのが怖いです。道がなく、藪ばかり。

K氏流石です。もうここに深夜くるなんて脱帽です。


やっと車に到達。手足に傷が数か所できました。脱力感に満ちます。


気を取り直し、帰りながら開拓。


幹這いヒラタ。やらせなし。
イメージ 23

とあるニレの大木にコクワメス
イメージ 24

オスもいた。
イメージ 25

イメージ 26

開拓終了です。

K氏のおそるべき行動の一端を見た気がしました。ありがとうございました。

もちろん、私はK氏のポイントで大型ヒラタを採集することはありません。

マナーは守らなければなりません。


この夏のK氏のノコ 73up
イメージ 27



私の76up、本日も生きています。78upは死にました(泣)
イメージ 28

自己採集オオクワやヒラタ70upは生きていますが、洞から出てきません。


ワイルド宮崎産オオクワガタ↓ 本日でなく、出てきそうになった時の写真(笑)。
イメージ 29

最後までありがとうございました。



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事