ここから本文です

書庫小説 【 忘れられた ベンチ 】

すべて表示

https://blogs.yahoo.co.jp/nostalgia_70_piko/15039405.html どこかの 知らない  場所には 木で 造られた  ベンチが  ・・・置いてある とても    さ みしそうだ。 朝 鳥たちの  鳴き声が   聴こえてく る 『 南 に  これから 向かう 準備を しなきゃ 』 「 南は 遠いのか な 」 ベンチの事なんて  構っている 暇は   ないみた い。 昼になると 今度は   太陽が 真ん中から ベンチを 見下ろす。 『 あすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 魂を スルりと 抜け出し・・・て 被ってる仮面から 解き放 つ だけど これ・・・は  脱皮じゃな;い の ただの 一時的でしかな い 魂には  ...すべて表示すべて表示

  • 冥界・・・? の中の夢の 話

    2019/8/14(水) 午前 1:53

    な;ぜ か   同棲相手 が  布団に 入っているのに 薄暗い中  寒がって て 『 それなら イソギンチャクと カクレクマノミ のような相互で いいよね? ...すべて表示すべて表示

  • どうし て  !?いまさ;ら

    2019/8/7(水) 午前 1:59

    薬を 飲んで 解熱効果のある物を 摂って 寝ていた ・・・ら 薬の影響で  寝落ちる度に  ふ;・・・と 想い出した  『 君の名 は 』 の内 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事