心に響く音楽を訪ねて

音楽は心のオアシス オーディオは音楽の為に.

交響曲

すべて表示

エッシェンバッハのシューマン交響曲第2番

イメージ 1

友人からエッシェンバッハが昨年ウィーン・フィルを振ったFMエアチェック・テープ(カセット)を渡され、その中にあったシューマンの交響曲第2番を聴いて吃驚仰天! 曲想を巧みに捉えていて、ウィーン・フィルを見事にコントロールしているのです。ウィーン・フィルは下手な指揮者の言うことを聞きませんから、これは大変なことです。

http://www4.nhk.or.jp/bescla/x/2017-01-27/07/72616/4858807/

ただこの録音は、CD等の媒体では発売されていない模様。ならばということで、少々前の1998・99年録音ですが北ドイツ放送響を振ったCDを購入してみました。

期待の第2番です。基本的な解釈は上記ウィーン・フィルと同じで、やはり曲想を巧く捉えています。同曲は、ツェンダーが南西ドイツ放送響を振った演奏(2003年3月)が私のお気に入りでしたが、このエッシェンバッハの演奏も、楽曲を綿密に分析し、自らの音楽性で入念に再構築したものです。元ピアニストの指揮者の中には、ピアニストのまま続けて貰った方が良かったのではないかと思う人もいますが、エッシェンバッハは指揮者になって正解、否、大正解だったのではないでしょうか。

第1番、第3番にしても、北ドイツ放送響から充実した入魂の響きを引き出しています。しかし、この生き生きとした躍動感・美感は半端じゃありません。オケのメンバーが、エッシェンバッハの指揮に強く共感していることが伝わってきます。第4番にはフルトヴェングラー晩年の超名演があるので、ちょっと分が悪いですが、それでも凡庸な演奏に終わってはいません。

今まで、エッシェンバッハの指揮に対してあまり良いイメージを持っていませんでしたが、シューマンの演奏には認識を新たにさせられました。今後も、注目していきたいと思っております。


その他の最新記事

すべて表示

M2TECH D/Dコンバーター hiF...

2017/6/25(日) 午後 4:40

DDCの電源は、普段FIDELIXの低ノイズ・低インピーダンス三端子レギュレーターを組み込んだ自作の物を使っていて、かなりの高音質を得られていたのですが、久し振りにPanasonic evolta電池に変更してみると、やはり情報 ...すべて表示すべて表示

Stanford Research Sy...

2017/6/18(日) 午後 1:19

Stanford Research Systems SC10 OCXO https://blogs.yahoo.co.jp/william_kapell/47858204.html FIDELIX Pure Rh ...すべて表示すべて表示

NO SOLDER

2017/3/26(日) 午後 0:19

こんな物があったとは! 面白そうです。オーディオ用に・・・音質がどうかですね。 https://agic.cc/ja/industrial/no-solder


.


みんなの更新記事