全体表示

[ リスト ]

文化、芸術こそ懸け橋

イメージ 1

 日本の著名な画家、平山郁夫氏の作品「朝陽法隆寺 奈良」が中国に寄贈された。

 世界文化遺産の法隆寺を題材に描かれたもので、平山氏は次のように述べている。

 「法隆寺は日本最古の木造建造物で中国との縁も深い。中国の職人から建造方法を学び、寺院の配置なども完全に中国古代の建築様式を受け継いでいる。中国の仏教文化の流れを汲むものだ」

 氏は日中友好協会の会長もされており、中国に深い理解を抱いておられる。

 文化、芸術という、豊かな感性で結ばれてきた日本と中国の友情を、簡単に断ち切ってはならないし、出来もしない。

 隣人を大切にしない人は、隣人を知らない人なのです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事