過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 最近気がついたことですが、新聞などで「人材」ではなく、「人財」という漢字を当てることが多いように思います。

 でも国語辞典を調べても、「人材」はありますが、「人財」という漢字は見当たりません。

 ではなぜ最近「人財」という文字を使うようになったのでしょうか。

 これは、マンパワーを「財産」と考え始めたからではないでしょうか。

 「材」と「財」。この違いはどこから来るのかといいますと、まず「材」について私見を述べます。



 この「材」という字は、中国語で「木」のようにまっすぐ才能を伸ばすという意味があります。

 一方、「財」のほうは、「木」ではなく、「貝」、すなわち元々は「お金」のことです。お金持ちになる才能です。人間を不動産や財産のように捉えた趣があります。
 「人財バンク」とは、人間を物質のように貯蔵して扱っているように感じませんか。その人の技術力ではなく、頭数で括ってしまっているように思います。

 でも、昨今は「人財」という漢字が幅を利かせているようです。国のプロジェクトなどを見ても「人財」というコトバを使っていることがあります。

 最新版の「広辞苑」には新語として掲載されているのでしょうか?

 まっすぐに伸びる「木」のような才能、「人材」のほうが、人を大切に扱っているように思うのですが…如何でしょうか。

 日本では全く逆の考え方もあるようですね。
 「人は材料じゃないよ。豊かな暮らしを作り出す財産、宝物だよ」と。

 ご意見お寄せください。

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事