ここから本文です
風と車2012

芍薬甘草湯

今年の羊蹄初登山、1000mからの尾根越えで

太もも痙攣したとき、一緒にいたキクちゃんから漢方薬をいただきました。

飲むと痛みはすぐに消え、その後足がツルこともありませんでした。

夏の海でも使えそうなので探していましたが

コストコの薬局で見つけました。
イメージ 1
芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)と読みます。
21包入って980円です。
第2類医薬品なのでコストコのレジではなく薬専用カウンターへ
イメージ 2
羊蹄で一緒になる青Tさんも愛用しているようです。

いざという時のために、リュックのポケットに入れておこうと思います。

この記事に

羊蹄BC GoPro

羊蹄BC
いつも、登りだしてしばらくは辛くて辛くて
「来なきゃよかった・・・」と必ず思います。
でも、決まって1000mを過ぎたぐらいから辛さが薄れます。
体が慣れるのか、ゴールが近いからなのか・・・

昨日の羊蹄山BCのGoPro映像です。
いつもヘルメットにカメラを取り付けているため
上りの映像がありませんでしたが
今回、カメラバックの上にセットしています。
少々画像が揺れますがご容赦を

この記事に

羊蹄BC3回目

晴天予報の日曜日、8時に墓地へ。

メンバーはミヤさん、ファインさん、そして青Tさん。

気温は麓でもマイナス14度!

雪も降っていて、風はないもののピーカン予報とはどこに行ったやら・・

イメージ 1
1時間ぐらい登ると雪もやみ、明るくなってきました。
今日は駐車場が満杯になるほど入ってます。
半分以上は外人さんのツアーでしたね。
イメージ 2
ファインさん、今日は4回目の羊蹄です。
イメージ 3
1000m付近、振り返るとやっと晴れて来ました。
イメージ 4
風は1000m超えてもありません。
順調に登ります
イメージ 5
このへんまで来るとたぶんマイナス20度ぐらいは行っています。
イメージ 6
ミヤさんは7回目の羊蹄だそうです。
ほんと元気だわ〜〜
イメージ 7
昨日は結構降ったんでしょうね。
フカフカの雪が〜〜
イメージ 8
1200m付近です。
頂上の雲が切れました。
イメージ 9
最後までピーカンにはならなかったけど
あの蒼い空を見ることができました。
イメージ 10
1256mから滑走開始。
真っ黒くろ助はファインさんです
イメージ 12
上を見上げると
1400付近を目指して外人部隊が登って行きます。
イメージ 11
今日の雪も気持ちよかったです。
写真撮影抜きで滑りに集中!
ほんと楽しかった。
羊蹄のスケールのでかさを改めて感じました。

いつものように「まっかり温泉」でまったり。
今日もお疲れ様でした。

またよろしくお願いします。

この記事に

NEWコストコスコップ

晴天の土曜日、コストコに行くと

ジュラルミン製の軽量スコップが新型になってました。

いつものように2セットで2480円。

持ってみると軽そうだし、分離式より小さくなるので買っちゃいました。

イメージ 1
ブルーのスコップでミシュランのロゴかかっこいいです。
作りもカチカチと動作して問題なし。
イメージ 2
オレンジは旧コストコスコップ。
なんか進化してますね。
イメージ 3総重量は511gです。
イメージ 4
旧コストコスコップは554gだったので43gの軽量化です。

実はスコップは3世代目。
最初は張り切ってブラックダイヤモンド製のを購入しました。
作りは最高なのですが・・658gもありました。
緊急時にしか使わないけど、いつも背負って歩く道具なので
少しでも軽いほうがよろしいいかと。

コストコスコップ。
安くて軽いのでオススメですよ〜
できれば1本で売ってくれたらもっと嬉しいんですけどねっ!

この記事に

絶品、サバ味噌

ランチの話です。

交代で食事に行くため、ほとんどが一人ランチ。

そば屋、イタリアン、和食、カレーなどローテーションで楽しんでます。

その中でも一番好きなのが、

「やきとり居酒屋 なか川」のランチメニューの「サバ味噌定食」

イメージ 1
サバ味噌が好きで、あちこちのサバ味噌を食べ歩きましたが
なか川のサバ味噌が一番ウマイです。
イメージ 2
小鉢と漬物、豚汁がついて700円
サバ味噌は、やっぱ味噌が絶品!これだけでもご飯が進みますが
身も骨まで柔らかくてこれまた絶品です!
イメージ 3
「やきとり居酒屋 なか川」
北3条西1丁目、ホテルニューオータニの道路挟んで北側です。

サバ味噌は毎週火曜日限定のメニュー。
人気のため、13時過ぎる頃には売り切れ注意です。


この記事に

隠し子??

衝撃告白・・ではなく

去年、キャンプも一緒に行った

我が家に時々遊びに来る、友人の娘の話です。

古い友人の長女で、赤ちゃんだった女の子もいつしか女子大生!

正月3日の夜10時、ケンタッキーでのバイトを終え腹ペコで彼女がやってきました。

いつものように笑顔いっぱいで「肉食べた〜〜〜い」

深夜の緊急焼肉大会開催です。
イメージ 1
夜中にやってる焼肉屋を探すと、近所の「GAJA]が25時まで!
イメージ 2
さすが肉食女子大生!ガツガツ行きます!
イメージ 3
夜の11時というのに混雑していて15分ほど待ちました
イメージ 4
ガッツリ肉のあとはスイーツです
イメージ 5
目の前に並んだスイーツ達、アイス&杏仁豆腐&パフェ!!
実はパフェは自分が注文しました(~_~;)

ほんと、気持ちの良い食いっぷりに、こっちも幸せになりました。

古いPCの写真を探したら、ありました3歳の彼女!
イメージ 6
いや〜〜可愛いこと〜〜でも、笑顔は変わらないな。
この子が大学生なんて・・・歳取る訳だわ。

「今度は泊まりに来るね〜〜」と笑顔で帰って行きました。

いつも仲良くしてくれてありがとう。

これからも彼女を大切に見守っていきたいと思います。



この記事に

Z900RS

昨年の年末、KAWASAKIから気になるバイクが発売になりました。

その名は「Z900RS」

1972年に発売になった「Z 900 SUPER FOUR」通称「Z1]を彷彿させる

スタイリング、でも中身は最新・・・惚れてまうやろ〜〜〜
イメージ 1
北大近くのレッドバロンに現車ありです。
イメージ 2
デザインはまるで「Z1」です
イメージ 3
カタログも手前が「RS」、奥が「Z1」です。
我々世代の心の奥をくすぐります。
イメージ 4
重さも215kgで600ccクラスぐらいかな
イメージ 5
水冷4気筒、フロント倒立サス、リヤはモノサス
イメージ 6
希望小売価格1,328,400円

「Z1」は今や幻のバイク、程度がよければ1,000万で取引されるほど。
でもこのスタイリングが新車で手に入るなんて!

カワサキさん、これはズルイわぁ〜〜

乗る暇なんかないけど・・・

車庫に飾っておきた〜〜い!!

この記事に

0108 GoPro

8日のヘルメットGoPro映像です
YouTube アドレス

Ripさんの1000m付近の尾根ラッセル写真の追加です。
あまりに絵になるので・・・
イメージ 1
焦点距離19mm(35mm換算38mm)
イメージ 2
焦点距離61mm(35mm換算122mm)
イメージ 3
焦点距離140mm(35mmm換算280mm)

この記事に

羊蹄2回目

今日も羊蹄山に行ってきました。

一昨日、しっかりストレッチしておいたせいか、筋肉痛もなし。

足に多少疲れが残っていますが、真狩8時集合

今日のメンバーは、Ripさんファインさん。

イメージ 1
Ripさんの車に乗合させていただきました、運転までしていただき
ありがとうございました。
気温2度、無風、暖かい!
イメージ 2終日曇りの予報でしたが、来てみなきゃ分からんもんです。
空が明るくなってきました。
イメージ 3
ファインさん、ここ1週間で3回目の羊蹄。
でも、今日の雪はスノーシューがいちいち沈み歩きにくそう・・・
イメージ 4
途中で霧が晴れて絶景が姿を現します。
イメージ 5
一年ぶりのこの景色!やっぱり気持ちいい〜〜
イメージ 6
白い雪と青空のコントラストは何度でも感激します。
イメージ 7遠くに洞爺湖の湖面が光って見えました
イメージ 8
1,000m付近でも風はほとんどありません。
Ripさん、尾根をラッセル中!
イメージ 9
一昨日と同じ1,200付近でガスが濃くなり視界が効かなくなってきました。
これ以上は無理しても仕方がないので、本日ここまで。
イメージ 10
Ripさん、脚の捻りが少なくなりナチュラルなスキーに変身です。
イメージ 11
外スキーにしっかり乗っているので
非常にバランスが良くなったと思います。
イメージ 12
ファインさん
イメージ 13
気温が高く雪は重めでしたが、昨日は相当降ったようです。
オールリセットされたノートラックの斜面がいくらでもあります。

雪は思ったほど悪くなく、適度な抵抗で乗りやすいほど。
いや〜〜〜えがった〜〜〜っす!
イメージ 14
全員ご機嫌で無事下山。

このあとは「まっかり温泉」でそば食べて温泉直行!
いつものパターンですがこれがいいんです。

良い三連休でした。
帰りもRipさんの車に便乗、ありがとうございました
また、よろしくお願いします。



この記事に

ハイドレーション

ここ5年ほどで普及してきた、ハイドレーションパックを購入しました。

リュックの中の水パックからホースでいつでも水分補給できる代物です。
3月の屋久杉もあるし、昨日の羊蹄でテストしてきました。

羊蹄登山中は、水分補給のため立ち止まると仲間と離れてしまうため
どうしても、補給回数が少なくなります。
でも、飲みやすさでペットボトルをぶら下げておくと、
飲みたい時にはシャーベット状になって凍ってしまいます。

でもハイドレーションシステムなら
飲みたい時に口元から補給できるので、水分補給のために
立ち止まったり、リュックを降ろす必要はなくなりました。

イメージ 1
CAMELBAK(キャメルバック)アンチドート(1.5L)
赤レンガテラスのモンベルショップ(会社から近い)では
これしか売ってなかったので・・・
イメージ 2
夏場は青い水パックだけで十分ですが、氷点下で使う予定なので
防寒バック付きを選びました。
イメージ 3
ホースにも防寒対策がしてあります。
イメージ 4
防寒バックの下側から、ホースと水パックの接合部を操作できます
イメージ 5
リュックの肩ベルトにハイドレーションホースの通り道があります
イメージ 6
テスト結果は上々です。
■メリット
1.いつでも好きな時に水分補給ができた
2.ホースで水を吸うので大量には飲めない(飲みすぎない)。
  結構マメに飲んでいたのですが登山後に計ると500mlぐらいでした
3.リュックの中に専用の水パックポケットがあるため場所を取らない。
4.羊蹄山の1250付近でも凍結せず飲むことができた

■デメリット
1.息が上がっている時にホースから吸うのは苦しい
2.新しいせいか水がビニール臭かった

モンベルショップの店員によると、BC程度なら中身は水を勧められました。
ポカリなどをいれると、やはり使用後の洗浄をよくやらないと
菌が発生するなど不具合が多いそうです。

でも、これ思ったよりもいいかも。
水分補給は夏も冬もハイドレーションに切り替えようと思います。

お値段は、ハイドレーションはパックとホースがセットで4,500円。
防寒ケース付きはプラス1,500円です。



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事