ここから本文です

書庫全体表示

蕎麦ミーティング⑴

イメージ 1
















2016/01/10 SUN. N.E. 初乗り
2016/02/13 SAT. N.E. 白河
2016/03/20 SUN. N.E. 白河
2016/04/06 WED. N.E. 大子
2016/04/09 SAT. W.E. 上州
2016/04/09 SAT. B.D. 
2016/04/24 SUN. N.E. 蔵王
2016/06/11 SAT. W.E. 魚津
2016/06/12 SUN. W.E. 鬼無里
2016/08/14 SUN. N.E. 米沢
2016/08/14 SUN. B.D. 
2016/08/19 FRI. W.E. 田子倉
2016/08/20 SAT. W.E. 小千谷
2016/09/03 SAT. N.E. 米沢
2016/09/04 SUN. N.E. 南陽



イメージ 2





















去年は全くミーティング出来なかったので(あ キャンプ=ミーティングはしましたね)、今年こそは・・・と思いつつも夏も終わり間近。
寄る年波という荒波を被りっ放しな我々には、最早、一泊のミーティングをすることさえ難しいが、日帰りのミーティングなら出来そう・・・と梅雨の終わりに計画して延期していた蕎麦ミーティングを夏の終わり(9月の始まり)に開催

蕎麦ミーティングと云っても、ただ、店で待ち合わせして、一緒に手繰って、店先で別れるだけなんですがね

いいんですよ。それで

だって、オートバイだもん

イメージ 3





















土曜日はシゴトだったが、午前中で終わったので、お昼を食べつつ、そそくさと準備を済ませ、13時過ぎに出発。でも、先々週に乗ったきりのままだったから、先ずは給油

と云うか、ミーティングは日曜のお昼なのだから、明日の早朝に出れば充分間に合う、超手近な日帰りの範囲なのだが、明日の茨城は朝から雨っぽいので、だったら、一足先に行っちまおうか・・・とその場のノリで出出したワケです


我ながら、相変わらずだなと思うのだが、こういうのが好きなのだから仕様が無い

否、むしろ、こんな風にしないと、最早、詰まらないと云った方が真実に近いかも知れない

距離にしても、行先にしても、オートバイに乗ることにしても

イメージ 5





















峠を越えてR349を北上して福島県入り。東舘に出る前に抜道抜道抜道は何時ものパタン。

さて、どうやって米沢まで行こうか・・・と考えつつ、取り敢えず、何時もの道で浅川まで来てしまったが。


そうだ このまま久しぶりに石川広域農道で進もうか。

イメージ 4





















そして、何時もの所で
定点観測

ここの風景が好きなのです

イメージ 6





















石川広域農道を駆け上がる。この広域農道は福島県内で1番だろう。だから誰も走らないでね

イメージ 7





















R49へ出て暫し。
標高の低いところでは31℃。阿武隈高地の山間部で26℃。安積盆地へ入った途端、夕方なのに30℃

早くも?(否、ここまでノンストップだったから早くはないんだけど・・・)水分補給

さて、ここからどうしようかと地図を出してルートを考える。何処も彼処も通ったことのある路線ではあるが、出来れば、ベストとは云わないが、今日の、今回のベタな1本を見付けてみたい

イメージ 8





















郡山周辺は混むから、阿武隈川を渡らずに阿武隈高地との縁を辿って北上かとも考えたが、先週似たようなルートを通ったし、結局、栗子峠を越えるしかなくなるのは嫌だな。
だったら、R49を途中で左折して安積市街を適当に抜けつつ、郡山盆地(安積平野)横断し、今度は奥羽山脈の縁を辿るようにして北上。

イメージ 9





















磐梯熱海からr24母成峠。安子島からミドルラインへ抜けて、土湯峠経由にするか迷ったが、途中の八幡清水の画像確保の為、母成グリーンライン。

ここも無料になって久しいが、無料になった途端、路面補修しないことしないこと

イメージ 10





















中ノ沢を過ぎてR115。こうなったらついでだから、レークラインも通ってやろうかと高森峠〔仮称〕

イメージ 11





















安達太良山が良い感じ。山頂は見えないが、沼ノ平があんな高くに。

イメージ 12





















金堀で秋元湖の尻が見えたら、磐梯吾妻レークラインの始まりです。

イメージ 13





















ここも無料になりましたが、観光バスが多い為か、比較的、路面は保全されています。夕方でクルマが少ないのは良いが、西陽が眩しくて画像は無し

イメージ 14





















夕暮れの裏磐梯高原は秋の気配

イメージ 15





















r2を北上し、白布峠を越えようか。何か図らずも福島中通りの観光のようじゃないか

イメージ 16





















檜原湖。

イメージ 17





















r2はやっぱり檜原湖を左手に見て走る感じが良い。このクネクネしたワインディング感は高低差が無くても、福島イチかも知れないな

先月、kazupotaさん♪と走った時は反対方向からだったから、4割減って感じだった。湖側で停められないし

イメージ 18





















早稲沢で休憩を入れつつ(お客さんから電話)、西吾妻スカイバレーへと料金所跡を過ぎる。

イメージ 19





















どういうワケか先行車両はみんな譲ってくれたので、一気に駆け上がって七曲り

イメージ 20





















すっかり秋が始まっていた。遠くには磐梯山と檜原湖。

イメージ 21





















西の飯豊山地に陽が落ちてゆく。

イメージ 22





















さて、もう少し。なかなか好い感じの道程であった

イメージ 23





















白布温泉を過ぎ、船坂峠へ。

イメージ 24
















陽が暮れる頃、JR米沢駅に到着。宿は直ぐ隣。

イメージ 25





















初の東横イン。何と無く安いワケが判る感じがしました。ただ、夜寝るだけなら充分ですよね。

イメージ 26





















19時過ぎ。KAIさん♪到着。

社長が嫌いで今まで泊まらなかった東横インに、今回したのは、KAIさん♪を待ち伏せする為でした

イメージ 27




















晩飯は近くのべこやへ。

イメージ 28




















米沢牛ゥ〜〜〜


につづく

この記事に

  • 顔アイコン

    こんにちは
    面白そうなルートですね
    帰りはともかく行きは高速走った感想しかないです(笑)

    [ KAI ]

    2016/9/8(木) 午後 6:03

    返信する
  • 顔アイコン

    道中のお写真から季節の移り変わりをなんとなく感じさせますね。
    夕暮れ時のスカイバレーはすんごく良いです‼

    関西のブロ友さんの記事によくお目にかかるKAIさん、めっちゃボリュームのある方だったんですねw
    全体像を初めて拝見させて頂きました。。。

    kazupota

    2016/9/8(木) 午後 9:59

    返信する
  • 顔アイコン

    KAIさん♪今晩は

    面白いという程ではありませんが、米沢へ向かうには、まぁ妥当なとこです。

    [ ]

    2016/9/9(金) 午前 0:04

    返信する
  • 顔アイコン

    kazupotaさん♪今晩は

    確かにスカイバレイの夕景は良かったですね。

    しかし、ホント、季節の移り変わりは早いものです。

    [ ]

    2016/9/9(金) 午前 0:06

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事