ここから本文です
WINDY EXCURSION -sunny side-
ウェブ=サイトから鋭意アーカイヴ中。過去記事も御覧下さい。

書庫全体表示

イメージ 3

2013/12/29 SUN. 納車
2014/01/02 THU. 初乗リ
2014/01/04 SAT. 奥久慈
2014/01/12 SUN. 久慈
2014/02/01 SAT. 福島南部
2014/03/16 SUN. 改造前
2014/03/29 SAT. 改造後
2014/04/27 SUN. 浜通り北部
2014/05/03 SAT. 岩手⑴
2014/05/04 SUN. 岩手⑵
2014/05/10 SAT. 北信州
2014/05/31 SAT. 温泉ミーティング—春—⑴
2014/06/01 SUN. 温泉ミーティング—春—⑵
2014/06/14 SAT. 長野⑴
2014/06/15 SUN. 長野
2014/07/06 SUN. 中通り
2014/07/13 SUN. 宮城南部
2014/07/14 MON. 阿武隈
2014/07/25 FRI. 栃木中部
2014/07/26 SAT. 蕎麦ミーティング
2014/08/31 SUN. 東北⑴
2014/09/01 MON. 東北⑵
2014/09/02 TUE. 東北⑶
2014/09/08 MON. 栃木北部
2014/09/13 SAT. 栃木南部
2014/09/15 MON. 南会津
2014/09/27 SAT. 温泉ミーティング—秋—⑴
2014/09/28 SUN. 温泉ミーティング—秋—⑵
2014/10/04 SAT. 珈琲ミーティング
2014/10/11 SAT. 山形南部
2014/10/26 SUN. 栃木北部
2014/11/03 MON. 福島南部
2014/11/15 SAT. 茨城中部
2014/11/23 SUN. 浜通り南部
2014/12/21 SUN. 走リ納メ

イメージ 2

今年も例年通り温泉ミーティングである。去年の11月末をもってして三ッ又温泉が閉館したので、新たにデフォとなる宿を探さなければならない。そんな理由もあって今年は早目に計画を立ててみたが、早過ぎると当日までの間に中折れしてしまう性質でして・・・料理が良い上に名物があって、尚且つ清潔・リーズナブルでなければならない・・・好みのウルサイ連中だ。

三又の様に前日に人数を伝えても対応してくれる宿がどれだけあるだろうか。近過ぎても詰まらないエリア(例えば群馬とか・・・)でも駄目。遠いに越したことはないが、皆♪が気安く来れる宿で温泉の泉質が良くて(混浴と云いたいが若い娘なんておらんでオババばかりだからね)・・・女将が美人で・・・隣の部屋の客が若くて可愛いOLとかで・・・矢張りウルサイ連中だ。


そんなワケで今回は、一昨年の秋に一度泊まったことのある瀧の屋旅館で一部屋確保してみました。

さて皆さん♪気に入って貰えるでしょうか? 例の如く現地集合・現地解散のオトナ旅(オトコ旅?)。誰もつるんで行こうと云わないところがグーっです。


今までの三又より幾分近いかな。でも、高速の連絡が悪い(?)から、少々、時間が掛かるか。否、それよりも山形の日本海沿岸で背後が朝日山地という位置なので、主だったルートが限られて仕舞うところが、今後通うとなると辛いかも知れない。

しかも、私にとっては余裕の日帰りエリア。この時期ならば、日本海に沈む夕陽を眺めてからのナイト=ランが定番コースなのだから、飽きているし満たされない。

―尤もそれは何処のエリアでも似た様なもんだが―


さてさて、当日は遅く9時に出発。この時間では直行するには早過ぎるし、大きく遠回りするには遅過ぎる。正に中途半端。中年とは良く言ったものだと自嘲気味。それでも走り出したら何時も通り。

常磐道から磐越道東北道。たまには安達太良SAにでも寄ってみる。ライダー達を遠回しに眺めてみる。

イメージ 1

話が合いそうな奴は居なくて何時も通り。 ちょいと混み合って厭な流れの東北道。気温30℃。
菅生PAにて給油。ついでに昼食。ここのきつねそばが結構好きなので、混んでいなければ食べることにしているのだが、温かいものは殆ど無くて冷たい蕎麦ばかり。仕方無く十割蕎麦2段を手繰る。
 ―ホントに十割?―

イメージ 21

大衡で下りて、加美広域農道


当初は栗駒から鳥海山経由で行こうかと思っていたが、暑さにやられてしまった。宮崎で気温32℃。おいおいまだ5月ですよ(明日から6月だけど)。

山形の内陸部ではあるまいし、太平洋側ですよね。

イメージ 4

R347で山形へ。

イメージ 5

先日、羽州街道をウェブでチェックしていたら、旧羽州街道にはまだ通っていない峠があることを知ったので、ちょうど良い通ってみることにしよう。当たりは付けておいたので、現地に趣けば判るだろう。

イメージ 6

金山町と新庄市の境にある上台峠

R13は何度となく通っていたが、旧道の存在は知らなかった。現道は峠と言うには、流石に抵抗を覚える坂であるが・・・金山側からトライ。

イメージ 22

感じの良いダートで越える。

そう云えばTIGER800でダートを走るのは今回が初めてだ。TDM900より多少は走り易いかな。

イメージ 23

現道へ出たところで、後方へ回って写真を撮っていたら、右のウィンカが折れて垂れていることに気付いた。

とうとうトラブル発生

しかも詰まらない、国産車じゃ有り得ないようなトラブルで厭きれてしまった。

イメージ 24

ま 大事では無いし、ちょうど隣が広い駐車帯(もしもしピット? チェーン脱着所?)だったので、そこまで押してから修理することにする。リアバッグを外し、リアシート下から工具と針金を取り出す。それにしても何処からぶら下げたまま走っていたんだ? 菅生PAでは多分、何ともなかった筈だから、その後の区間でなのであろうが。

イメージ 25

修理は5分程度で完了。

さてもう一つの森合峠へ向かう。

金山町市街から外れ、薬師山を巻いて進むと、入口が軽く封鎖してある。どうやら通行止のようだ。残念。

イメージ 7

何時もなら構わず進んでみるところだが、暑いし、さっきのトラブルでミソが付いてしまったか? 今回は素直に止めておくことにしよう。

15時。ここからなら2時間ってとこだろう。ちょうど良いではないか。

イメージ 8

最上広域農道で真室川。R344青沢越で酒田へ。

途中、寄り道してr368からr366、鳥海山を眺める。まだ雪が多く残っていて美しい。

イメージ 26

酒田から日本海道、終点の温海まで。

イメージ 9

少し余裕があるので、新しく出来たトンネルではなくて、越路峠を越えて温泉街へ。
 ―全然走り足りん―

イメージ 10

温海川の畔、駐車場前のベンチには大佐♪とtkhtクン♪が涼んでいた。好いタイミングでした。

イメージ 27

案内された部屋は前回と同じ山里の間。慌しくも、汗を流しに浴場へ。

イメージ 11

残りはKYさん♪だけなのだが、出発前にバッテリィが死んだとかで遅れるとメイルを貰っていたので、夕食の時間が・・・とやや心配していると、KYさん♪が脱衣場へ入ってきた。ぉおお 予想外に早い御着きで・・・。 

イメージ 28

貨物車の2人は持ち込みに事欠かない。大佐♪が赤ワインでKYさん♪がビール(インタ出口にコンビニが出来ていましたからね)。

持参のウェルカムドリンクが空きっ腹に沁み入る。おっとツマミはtkhtクン♪のカッパえびせん。

イメージ 15

程なく夕食の時間。階下の大広間へ案内される。

イメージ 13

最初はこれだけ? あれ少ないかな? 何て思いもしましたが、全品並んでいたワケではありません。

イメージ 14

再びビールで乾杯しつつ、鯛の兜揚げから頂くことにする。ビールにも合えば日本酒にも合うと追加で冷酒(銘柄は忘れた)。

イメージ 12

取り敢えず、一の膳。

イメージ 16

二の膳。

イメージ 17

二の膳にローストビーフが付きました。

イメージ 20

ローストビーフ。

イメージ 18

あとニシンソバ。この鰊が美味しいこと。

イメージ 19

鯛の兜揚げにお手上げ。
前回は何鯛なのか判らなかったのですが、今回は訊ねてみました。真鯛だそうです。黒鯛だと揚げている途中で皮が剥がれてキレイに揚げられないそうです。
それにしても美味しい。
前回、これはデングリに匹敵するなぁと話し合ったものでしたが、ホント、でんぐりの代用(?)になってしまうとは。


その他には御飯と御味噌汁・デザートも付いてきます。そしてお米もお味噌も美味しいこと!


食事の後は部屋へ戻って、夜遅くまでミーティング。

フランス哲学からガルパン・下ネタまで・・・いやぁ楽しかったです。

2014/05/31 SAT.

へつづく

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事