ここから本文です

書庫全体表示

山口県では来年維新150年を迎えることもあって
今年の9月から「山口デスティネーション」として
大型観光キャンペーンが繰り広げられます。
これに合わせて山口線ではD51が復活するなどで賑わっていますが
山陰本線でも、カラフルなラッピング列車が登場しています。

まずは、「幕末ISHIN」号です。
観光キャンペーンのロゴマークをイメージした
派手なデザインがよく目立ちます。
イメージ 1

残念ながら曇り空で海の色がイマイチでした。
イメージ 2

こちらは先日も掲載した「○○のはなし」号。
イメージ 3

イメージ 4

萩のシンボル「指月山」をバックに走る姿を狙ってみました。
イメージ 5

(撮影:2017.8.11)

今日は墓参のため
また萩へ出かけますので
日時指定投稿で
コメント欄を閉じています。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事