ここから本文です

書庫全体表示

今日はSLやまぐち号を牽引するD51 200号機の
「バックヤード見学ツアー」に参加してきました。

普段は決して入れない新山口駅構内の線路を渡って・・・、
イメージ 1

明日、土曜日の運転に向けて
まさに整備中のD51200の車庫へ案内して頂きました。
イメージ 2

明日の運転に向けて綺麗に磨かれて
プレートも輝いています。
イメージ 3


運転日の前にはいつも油を付けた布で
隅々まで丁寧に磨かれるそうです。
イメージ 4

4つの動輪も綺麗に磨かれて
準備万端のようです。
イメージ 9

ピッチの下から覗いてみました。
イメージ 5

さらに運転席にも乗せて頂きました。
バルブや計器類がいっぱい。
イメージ 6

明日の運転に向けて
釜にはもう火が入っています。
イメージ 7

投炭の様子をこんなに間近で見られるのは
めったにありません。
イメージ 8

今日は寒い一日でしたが
楽しい時間を過ごすことができました。

(撮影:2018.12.07)

サークルで関連記事を探してみよう!

この記事に

  • こんばんは。
    良い見学ツアーですね!^_^
    明日の準備も万全ですね!
    私は行けませんが、、、冷え込んで来ているので、雪景色になると良いですね!^_^

    [ kazu ]

    2018/12/7(金) 午後 8:36

    返信する
  • kazuさん

    山口市の観光キャンペーンの一環だったようで
    友人に誘われて行きましたが貴重な体験ができました。

    こちらでも明日は雪が舞うとの予報もありますが
    阿東の方では雪景色になるかもしれませんね。
    しかしまだ、タイヤを履き替えてないので
    雪が積もったら行けないかも(涙)

    wingood

    2018/12/7(金) 午後 8:57

    返信する
  • 顔アイコン

    前日から火が入っているんですね。
    当日、早朝からだと思っていましたのでビックリです。
    真夜中に保火番の方が見回りにいらっしゃるんですねえ。
    ピットからのアングル、めったに撮れるものではありませんね、貴重な記録になりますね。

    [ D51338 ]

    2018/12/7(金) 午後 8:57

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    車庫で待機しているD51が貫禄があっていいですね〜。
    火の入ってる様子貴重で、キハ120も可愛らしいですね。
    ナイス

    [ POPS ]

    2018/12/7(金) 午後 9:24

    返信する
  • D51338さん

    機関車は前日から整備され日も入れられて
    一晩中見守られるようです。
    別のところに留置されている客車も既に整備が始まっていましたから
    SLを走らせるには事前の準備も大変なのですね。
    今回は、めったに見られないところで
    貴重な写真を撮ることができました。

    wingood

    2018/12/7(金) 午後 10:25

    返信する
  • POPSさん

    普段は離れたところから眺めているのですが
    D51のすぐ傍に寄ってみると意外に大きいのに驚きました。

    釜に火が入っている運転席は今日のような寒い日でも結構暑く感じましたが
    夏には猛烈に暑いそうです。

    wingood

    2018/12/7(金) 午後 10:29

    返信する
  • 顔アイコン

    おはようございます。
    蒸気機関車を走らせるのに大変な作業なのが覗えます。
    ピッチの下も見学できるのは凄いですね。
    京都鉄道博物館ではできません。

    鉄1・HASSY

    2018/12/8(土) 午前 11:27

    返信する
  • 顔アイコン

    滅多に見られない場所で撮影OKなんて羨ましい体験でした♪

    前日から釜に火を炊いたり、油布で磨いたりされるとは… 相当な年齢なので、まさに労わっておられるのですね。

    [ よねちゃん ]

    2018/12/8(土) 午後 0:33

    返信する
  • こんにちは(*^_^*)

    ピットの中に入れて良かったですね・・・nice(^_-)-☆

    かよバーバ

    2018/12/8(土) 午後 2:14

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは
    何とも懐かしい写真の数々を見せて頂きました。20数年前にはここで出区点検をしていました。
    D51-200号の運転室はまだ覗いていませんが、重油併燃装置(重油を噴射燃焼する装置=C57-1号にある)が無いみたいですね。
    手焚きだけですと一気に爆煙とはいかないでしょうね。何しろ缶が大きいですから撮る側からすると不満があるかも知れません。
    それにしてもwingoodさんの熱心さにはには脱帽です。
    これからも元気に撮り鉄を続けて下さい。画像を見ながら応援しています。(亭主)

    [ nokonokoおばさん ]

    2018/12/8(土) 午後 6:33

    返信する
  • 鉄1・HASSYさん

    SLを走らせるのには前日から整備や点検など
    大変な手間がかかるようですね。
    急勾配の山口線では運転も困難を極めるようです。

    ピッチの下からの写真はカメラを下にして
    液晶で確認しながら窮屈な姿勢での撮影でしたから
    傾き補正しています。

    wingood

    2018/12/8(土) 午後 7:19

    返信する
  • よねちゃんさん

    山口市主催の見学ツアーに友人が申込をして頂いたので
    昨年に続いて今年も撮ることができました。
    このD512007号機は1938年製なので
    今年で80年になるというのに手入れが行き届いているためか
    ピカピカに磨かれていました。

    wingood

    2018/12/8(土) 午後 7:27

    返信する
  • かよバーバさん

    なかなか経験できないバックヤードが見られて
    貴重な体験ができました。

    wingood

    2018/12/8(土) 午後 7:29

    返信する
  • nokonokoおばさんご主人様

    D51200号機の写真を見られただけで
    重油併燃装置がないことがお判りになるとは
    さすがに、元SLの運転手さんですね。
    撮り鉄仲間の間ではD51はC571に比べて
    煙が少ないとの話が出ていましたが
    重油を焚いていないためでしょうかね。

    私も歳を撮ったせいで最近少しサボり気味ですが
    なにしろ好きなものですからできる範囲で
    SLの追いかけを続けたいと思います。

    wingood

    2018/12/8(土) 午後 7:38

    返信する
  • 顔アイコン

    大好きなSLのバックヤードが体験ができて良かったですね。
    運転席や秘密の基地のような場所まで見れて本当にラッキーでしたね。
    どれもこれも珍しかったでしょうね。
    ナイスショット! 削除

    [ ササユリ ]

    2018/12/9(日) 午後 7:22

    返信する
  • ササユリさん

    このバックヤードツアーは昨年に続いて2度目なのですが
    何度見ても間近でD51の大きな車体を見ると
    その迫力にワクワクしました。

    wingood

    2018/12/9(日) 午後 7:53

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事