ミャンマー・日本語教室ブログ

ミャンマーでの生活、教育、ビジネスなど お便りは win278@gmail.com へどうぞ

全体表示

[ リスト ]


日本が寄贈のフェリーが今日から運行開始

日本政府がミャンマーに対して3隻のフェリーを寄贈しました。

その引渡し式が昨日行われ、今日(16日)から運行が開始されました。

就航したのはヤンゴン市内ダウンタウンのパンソーダン埠頭からヤンゴン川対岸のダラを結ぶルートです。


フェリーの寄贈はODA(円借款)ではなく、一般無償(つまりタダ)という大盤振る舞いです。

フェリー1隻、4億円で3隻ですから12億円です。

フェリーが建造されたのは、ブログ主の故郷に近い広島県江田島の中谷造船です。


しかも、フェリーに付けられた名前は「チェリー1、2、3」で、長女のミャンマー名と同じなので、何だかうれしくなりました。

今日、仕事に行く前に早速、乗船してきました。

(16日、17日、18日は運賃はタダです。この分の燃料費も日本が負担しています)

ピストン運転なので、いつ行っても乗船できますよ。(15分に1回の頻度で出発)

夜は9時半くらいまで運行しているようです。



イメージ 1

↑ パンソーダン桟橋から離れます。

イメージ 2

↑ これは2階席です

イメージ 3

↑ 船内の美化を呼びかける表示。 前のフェリーでは物売りやコオン(噛みたばこ)を吐き出すなどで船内は汚かった。

イメージ 4

↑ 途中、チェリー1とすれ違います。

イメージ 5

↑ 出航後、10分でダラ桟橋に到着。ダラ側の桟橋は新しくなり便利になりました。
これも日本が建設しました。

イメージ 6

↑ 乗り降りしやすく設計されています。

イメージ 7

↑ 操舵室にはレーダー装置があり、霧の中でも運行できる予定。

イメージ 8

↑ 後ろから見たところ。後ろ姿が格好良いという声があがりました。

イメージ 9

↑ 広島県江田島で建造されたことを示す銘板。

イメージ 10

↑ エンジンは「ヤンマー」製。エンジン室も公開していて、たくさんのギャラリーが見学していました。

イメージ 11

↑ ダラ桟橋側の待合室。これも日本が作った。

イメージ 12

↑ 日本政府が寄贈したことを示す看板。

イメージ 13

↑ これは1階席。 自転車やバイクを積み込んでいる人が多いです。

イメージ 14

↑ 日本の国旗も。 このフェリーは日本が寄贈したものであることをほとんどの人が知っていました。すでに「ジャパンフェリー」と呼ばれています。

イメージ 15

↑ ダラ側の待合室の外観(これも日本が作った)

イメージ 16

↑ フェリーの中には喫茶コーナーもあります。

イメージ 17

↑ お坊さんと外国人用の特別席。外国人の運賃は片道1ドル(ミャンマー人は100チャット)です。外国人は高いので堂々と座っていいです。


今日から新型フェリーの運行が開始されたということで、利用客たちは皆、目を丸くしていました。

ダラ側の桟橋でフェリーを見学していたおじさんたち。。。。

「あれがジャパンフェリーだよ。 フララィッター(きれいだ)」

「マィッテー(かっこいい〜)」

「ジャパンのエンジンだから性能がいいだろう」

という声があちこちから聞こえました。


民主化の後、日本政府のミャンマーへの支援の中で、こうした目に見えるものはこれが初めてではないでしょうか。

フェリーの建造にあたり、中谷造船からエンジニアが来て、利用客数や利用者の様子、ニーズについてきちんと調査した上で、現地の状況に合うように設計したということです。

そして、フェリーの操舵士やエンジニアも広島に呼んで研修や運転の練習をしたということです。


日本人として、いや広島県人としてうれしいひと時でした。


面白いと思った方は下にクリックをお願いします。



[[img(https://overseas.blogmura.com/myanmar/img/myanmar88_31.gif)]]
[https://overseas.blogmura.com/myanmar/ にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ(文字をクリック)]






この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

ここにも外国人料金が発生したのかあ。
ただで貰ったっていうのに、それはないでしょう。そう思いません??
因みに先生はちゃんと外国人料金を払ったのですか? 削除

2014/11/16(日) 午後 0:34 [ war war ] 返信する

顔アイコン

このフェリーの乗り降りする施設の建設作業は、NHKが取材で来てませんでしたか?
今流行りのドボ女特集で。
リケ女で持ち上げた小保方さんは、理研と共に優秀な本当の研究者を1人自殺に追い込んで爆裂しましたが。
色んな意味でひどい話だった事も合わせて思い出してしまいましたよ。
わざとなかば分かっていた上で持ち上げていたのか、
だとしたら、うげぇーですね。
なんでああなるのか。
報道機関が女性や子供、老人とかを出してきた時は要注意ですよね。
はあ。。 削除

2014/11/16(日) 午後 2:56 [ ももっしー ] 返信する

顔アイコン

> war warさん
今日はタダでしたよ。あさってまで無料です。
有料になっても100チャットしか払わないでしょうね。

2014/11/16(日) 午後 3:06 [ win1789 ] 返信する

顔アイコン

しかし、フェリーだけに限らず、無償の寄贈でないと、
事業が成立しないのでしょうかね。
鉄道車両とかは、購入予算がかなり少ないみたいですが、
国産で現地生産して導入しているものをみてみると、中国の鉄道車両で部品で安い旧式のものを組み合わせてますし。
新興国部品の活用で予算内におさめた必要十分なものが商業として成立しないものかと。
でも、国営関連は、ハードルが高いんですよね?
取り巻きの政商とかが多くてうるさいとか。
駅の券売機や自動改札機の入札でも国内業者限定とかでしたし。
民間もあるバスや旅客、貨客船の水上バス、クルーザー、フェリーなどの船舶とかの方がらくなのでしょうかね?
土地が広いのだから、人がほとんど居ない平原や原野でヘリコプターや、中小型飛行機の試験飛行とか自由に出来る特区でも作ってくれたら、無人機も含めて、ベンチャーが開発できていいのですけどね。
落ちても周りが無人なら問題ないですし。 削除

2014/11/16(日) 午後 3:24 [ ももっしー ] 返信する

顔アイコン

しかしまあ、いい状態で維持出来るでしょうかね。
鉄道車両でも部品がないとか、整備がやっつけ仕事の応急処置で、
修理していくうちにどんどん壊れていくという有様ですし。
現地の予算でも無理なく手入れして状態を維持できる方法を資金管理の計画性を決定権のある者に身に付けさせる事も合わせて実施しないと
みるみるポンコツに変わり果てそうですね。
手入れ、修理のしやすさも考えて設計されたのでしょうか。
性能、品質は高いが現地で維持出来ないと言う声は、最近の高速鉄道の見学会でも良く言われる生の声ですね。
複雑、手間がかかり過ぎてお手上げ、もうやりたくないから放置だ!
となってしまう。
タイやインドネシアでもそんな感じですしね。 削除

2014/11/16(日) 午後 4:25 [ MAX ] 返信する

日本のテレビで第一桟橋を作る過程の苦労を特集してました。
無事完成したんですね。
ジャパンフェリーの呼称は良いですね。

2014/11/17(月) 午前 1:05 [ go2*oko*ama ] 返信する

顔アイコン

残念無念。
「明和」の「ミヤンマー便り」によれば、当日16日、3隻とも故障したとのこと。ヤンゴン川の泥水などで、ウォターポンプが故障したそうです。
船の設計者は、川の泥を想定してなかったとはうかつすぎました。 削除

2014/11/22(土) 午後 8:34 [ 宮武麿 ] 返信する

顔アイコン

> 宮武麿さん
今は復旧しているそうですよ。

2014/11/23(日) 午前 9:00 [ win1789 ] 返信する

顔アイコン

フェリーの故障、今は復旧しているそうですよ

それはよかった。就航当日からの故障では、日本の技術ブランドが傷つきますからね。 削除

2014/11/23(日) 午前 9:47 [ 宮武麿 ] 返信する

顔アイコン

昨日(12/21)このフェリーでコムの田舎に行ってきました。ミャンマーでは見かけない綺麗なフェリーと思ったのですが、日本からの寄贈だったのですか。先日まで、、雨期明けのため泥で行けないと聞いていました。そこからタクシーとバイクを乗りついで約2時間で、電気もない村に行ってきました。静かで綺麗な所でした。そこの娘が今度留学するので、家庭訪問を頼まれたからです。フェリーは3人往復で5000チャット程度なので安いと思いましたが、外国人料金も含まれていたのですね。

2014/12/22(月) 午前 11:19 [ 稲田 ] 返信する

顔アイコン

今日(1/5)乗船してきました。
外国人料金は片道2$(2200ks)に値上げされていて、喫茶コーナー、外国人・僧侶の座席も無くなっております。
(ひょっとして3階にあるのでしょうか?3階は上がっていません。)
売り子がたくさん商売していました。
スイカ、パパイヤ、帽子、その結果床面はゴミだらけ。
1階は清掃していましたけど、2階は汚れたまま。
だんだんミャンマーのスタンダードに染まっていくのですね(笑)。

尚、横断歩道橋、なんとエスカレーター付なのですね。
これは、ミャンマー初でしょうか?

2015/1/5(月) 午後 5:59 [ ふっちー ] 返信する

顔アイコン

ふっちーさんへ
物売り、やっぱり開始していましたか?
当初、物売りは禁止になっていたのですが。
ごみが散らかり始めると、今度はコオン(噛みタバコ)の赤い唾液が散らかりそうです。

2015/1/6(火) 午前 9:03 [ win1789 ] 返信する

顔アイコン

> ふっちーさん
エスカレーター付きの陸橋はミャンマー初ですよ。
しかし、通勤時間帯しか動いていないそうです。

2015/1/6(火) 午前 9:06 [ win1789 ] 返信する

顔アイコン

私が利用したのは、12:50頃と13:30頃です。
利用した雰囲気からは、日中も動いている様です。
さて、次回は新路線の電車ですが、一両運転?
パンソーダンで見た電車は、横断歩道橋の両側の駅に、一両づつ停車していました。

2015/1/6(火) 午後 7:56 [ ふっちー ] 返信する

顔アイコン

> ふっちーさん
午前7時にバズンダウンから2両編成でパンソーダン駅に到着し、そこで1両ずつに切り離し、1両は西路線(チャイナタウン方面)、1両はバズンダウンに折り返し。。。。という風になります。

2015/1/7(水) 午前 9:16 [ win1789 ] 返信する

顔アイコン

「ヤンゴン、3つ目のエスカレーター付き歩道橋が完成」

http://www.myanmar-news.asia/news_aeSVogWDTu_169.html?right

この記事からは、2013のシーゲームの時には既にエスカレーター付の歩道橋が出来ていた様ですが、ヤンゴン在住の方、どなたもプログで紹介されず、ネタにならない?はたまた車で移動ばかりで気が付かなかったのかな?

日本には、純粋な横断歩道橋(ビル、商業施設の入り口を兼ねている物を除き)でエスカレーター付は無い様に思えますけど。

2015/1/31(土) 午前 8:22 [ ふっちー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事