ここから本文です

書庫コグレ ホンダS500

記事検索
検索

全1ページ

[1]

ホンダS500(4)
 少年雑誌「ぼくら」1964年4月号のホンダS500
 
ぷらもったが子供の頃の少年雑誌です(約半世紀前)
ここにホンダS500が載ってます。
 
ホンダS500 市販開始当時の雑誌のS500を分析
 
イメージ 1
 
1964(昭和39)年 東京オリンピックの年の4月号です。
 
ホンダS500についてのリサーチ中にお世話になった・・・
HP「くるま村の少年たち」・「くるま村工房」の主宰者 凡太郎氏
から提供していただきました。
 
ドライバーの少年が凡太郎氏の若き姿だそうです。
 
 
イメージ 2
64年4月号なら実際に販売されたのは3月、撮影されたのは2月くらいの可能性があるので、市販車ではなく、量産試作車の可能性があります。
(S500 市販開始 1964年2月1日)
プラモではありませんが、ミツマジコウさんのご指導で、ちょっと分析してみたいと思います。
 
 
ナンバープレートがついてますから、64年2月から市販がはじまった「市販型」かと思いましたが・・・
 
イメージ 4
1.フロントグリルが溶接の組立式・・・ミツマジコウさんによると、溶接組立グリルは市販車の一体型グリルにはあわないそうです。市販車のグリルは広くなったようです。
 
イメージ 5
2.メッキのコンソールモールや内装キルティングも試作車の特徴だそうです。
 
イメージ 6
 
ハンドル中央のHマークの下の文字が雑誌では、「HONDA」になっているので
市販車かと思いましたが、必ずしも試作車が「HONDA MOTOR」とは限らないそうです。
 
というわけで、凡太郎少年がモデルとなった、この車は量産試作車の可能性が高い、というのが結論です。
 
今のような完全に規格統一された日本車ではなく、改良改修を重ねていた創成期の日本車ですから細かい差違がたくさんあったのでしょう。
 
この試作車も結構市場に流れていたようで、現存するS500も細かく見ると
いつ頃の生産か判別できるようです。
 
このコグレの2版の箱写真も量産試作車でした。
 
イメージ 3
 
中身のボディも
コグレ初版→2版前期→後期→S600ゼンマイ→スロットS600
→バンダイS600
と少しずつ変化がありました
 
イメージ 7
 
 
調べてみるとS500(スポーツ500)は難しい車でした。
 
プロトタイプ初期型→プロトタイプ中期・アメリカテスト及び広告撮影用→プロトタイプ後期・量産試作車
と多数のプロトタイプがあり・・・
 
さらにホンダの場合は、ミツマジコウさんによると
①段取り確認 ②品質確認 ③量産確認と3回も量産試作があった
そうで、市販までのホンダの試行錯誤のため、細かい差違ができて、判別が簡単で
はない車です。
 
プラモの方でも、コグレS500の2版は、
箱は量産試作車・側面はアメリカテスト車・キットは初期型プロトタイプ〜量産試作車の特徴が混合
 
親戚キットのS600ゼンマイ ・スロットS600 ・バンダイS600
それぞれ、少しずつ変化して、識別の難しいキットになってました。
 
1960年代、日本車の実車メーカーもプラモメーカーも、ひたすらより良い物を作ろうと、努力していた跡がうかがえたような気がしました。 
                                (コグレS500 終了〜)
 
 
 

ホンダS500(3) 
 コグレ S600 (スロット版・ゼンマイ版) 1964〜65?
 バンダイ S600 (ゼンマイ) 1967?
 
イメージ 20
 
 
ホンダ1964年2月のS500 市販開始に続いて、
      3月にはS600の市販を開始。
 
(S500・S600の発売時期については「ミツマジコウ」さんの研究を参考にしています。)
 
S500との外見上の違い
 
パワーアップしたエンジンのために、
正面の開口部が大きくなって、グリルがS500とは全然違います。
また、大きくなったグリルのため、バンパー中央が下方に曲がってます。
 
イメージ 12
 
コグレも(おそらく) 1964年の暮れから65年はじめにかけて
S600ゼンマイ版発売したようです。
 
*このゼンマイ版の発売時期の証拠はまだ見つかってません。推測です。
 
イメージ 19
 
コグレはS500 2版後期版のキットをベースにS600を発売。
(2版写真箱 後期版・・・ボディの側面、ドア下に凹凸がないタイプ)
 
バンパーが2分割・ボンネットにスリットがない・トランクのエンブレムが
スポーツ500のまま、などのミスは当然修正・・・
されてません
 
S500→S600へのモデルチェンジが早かったのでコグレさん、あわてたのでしょうか?
 
バンパーもグリルもS500と同じです
 
イメージ 21
結局、新たにゼンマイ用ボディ下部を作って、あとはS500と同じパーツ・・・
ボディを白にしただけです。
 
要するに中身はS500のゼンマイ版みたいなもの・・・
 
イメージ 22
 
1965年 車プラモ界にスロットカーブーム到来!
各社、競ってスロットカーを発売しました。街のあちこちにコースができましたね。
 
イメージ 1
 
各メーカーは急いでスロットカーを開発。
タミヤはすでにモーターライズで発売していたジャガーDを無理矢理スロット化。
コグレも今が売り時だ〜と、S600ゼンマイ版をスロット化
・・・・したわけではないようで。
 
イメージ 2
 
S600スロットは1965年カタログに載ってます。
 
イメージ 3
 
このカタログには同時にホンダS500の2版も載っています。
 
同時期に販売されている・・・・
これはS600スロットとS500は別金型?ということでしょうか・・
 
先にも書きましたが、S600ゼンマイは車体下部だけゼンマイ用の新金型で
あとはS500の金型をそのまま流用してます。
 
 
イメージ 17
余談ですが、関口猪一郎氏の描く箱絵はかっこいいですね。
(マルサン怪獣なども描かれておられます。)
 
イメージ 4
 
S600スロットはゼンマイ版と同じ箱絵
てっきりゼンマイ版をスロット化したと思っていたのですが・・・
 
イメージ 5
S600ゼンマイはこの65年カタログにも64年カタログにも載ってません。
1966年のプラスチック総合カタログには完成品が載ってます。
 
イメージ 6
 
コグレのゼンマイカーシリーズやモーター版はほとんどが、1965年のスロットカー
ブームが、あっという間に過ぎ去ったあとの1966年に発売されます。
(S500のゼンマイ・S600のモーター版は未発売)
 
したがって、当初はこの66年の資料に載っている事実から、S600のゼンマイも
スロット版改修のいわゆるスロットくずれと思ってましたが・・・
どうやら、スロットより先に発売されていたらしいのです。
 
それは、スロット版のパーツがきちんとS600のものになっているからです。
 
イメージ 7
 
コグレは広くなったS600のグリルも修正して表現してます。
と言うことは、ボディのグリル部分も改修されているはず・・・
 
こちらはS500(2版)のメッキパーツです。S600ゼンマイも同じです。
 
イメージ 8
 
 
コグレはS600のスロットで初めてバンパーやグリルのメッキパーツを新金型で
修正しました
 
したがって、ゼンマイ版は箱絵は同じですが、メッキパーツはS500と同じ修正前の古い型なのでゼンマイ版が先に発売されたと言えるでしょう。
 
ゼンマイ版はスロット崩れではないようです。
 
じゃあなぜ、スロットブームが過ぎた66年に、バンパーやグリルが修正されてない
S500と同じ金型のゼンマイ版S600が販売されているのでしょうか?
 
スロット版のボディは、そのままではゼンマイ版の車体下部と合わないので、
仕方なしにS500のものを使ったから?
 
わかりません・・・
 
 
1966年3月、コグレは売れなくなったスロットカーをモーター版にして発売。
 
当然S600もモーター版にしようとしたのでしょうが、すでに1月にホンダS800
登場してました。
 
イメージ 9
HONDA S800 1966年1月発売〜1970年5月
 
よし、じゃあ、S600のモーター版はあきらめて、今度はコグレ ホンダS800を発売しよう!と思ったかも・・・でも、
 
やっぱりスロットへの投資が響いたのでしようか?
1967年夏にコグレは倒産
 
この年、コグレの車の金型のいくつかはバンダイが引き取ったようです。
 
(エーダイには試作?ジャガーEクーペが行ったみたいです。
バンダイはゼロ戦や彗星も引き取りました。)
 
バンダイ版 ホンダS600 1967?
 
イメージ 10
 
バンダイ・プラモのロゴマークがバンダイベビーになる前イメージ 11
の最初期のものです。
バンダイは1967年8月に模型部を設置して、倒産した
コグレのキットの金型を引き継いでこのロゴで発売した
ようです。
のち、1969年11月に静岡県清水に工場を設置し、
プラモ製造を開始したとWikipe.に書いてあります。
 
この1970年代初期のロゴはバンダイベビー(顔に目口があるタイプ)です
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コグレS600ゼンマイをそのまま受け継いだのではなく、ボディもメッキパーツも
より正確なスロット版のものを詰め合わせてます。
 
イメージ 15
 
イメージ 18
 
ベンチレーターのふたのモールドを消し、スリットを入れたのはバンダイです。
 
さすがバンダイ
 
イメージ 23
 
しかし、1970年代はじめに1/20など車キットを精力的に発売したバンダイも、
トランクのエンブレムは修正し忘れたようで・・・・・
 
イメージ 14
 
ただし、ミツマジコウさんによると、プロトタイプはホンダスポーツ500
市販車はホンダS500とは明確に分けられないそうで、1963年の量産試作車にホンダS500のエンブレムがついたものが存在する可能性もあるそうです。
 
下の写真は角度的には良いのですが、トランクのエンブレムはわかりません。
 
 
イメージ 16
コグレがホンダs500・s600を発売してから、約半世紀。
今では正確なキットがいくつも存在するようですが、コグレのキットは販売数が
少なく、販売期間も倒産により短いためか、実車同様、プラモでも希少品です。
 
バンダイ版S600もレアです。 
 
 
 

コグレ 1/22 ホンダS500 2版 1964年 
 
イメージ 1
 
1963年 第10回全日本自動車ショーホンダはS500の市販型を発表
 
コグレもそれにあわせてこの年の年末に初版を発売。
 
しかし、コグレの初版箱絵は黄色い車
 
ホンダはこの年、赤い車でさかんに広告。
 
イメージ 2
 
このカラー写真はおそらく2版箱の写真の車(量産試作車)です。
 
そこでコグレさんもより注目されるように、箱に当時のホンダの広報写真を使って
新箱(2版)を発売。当時のカタログ・インストから1964年発売
 
イメージ 12
イメージ 18
 
とにかく他社に先駆けて、注目のスポーツカーのプラモをタイムリーに発売するのだという意気込みのためか、プロトタイプと市販車の特徴がまざったキットになったことは前回書きました。
 
イメージ 3
市販は当初予告されたこの1963年10月ではなく、1964年の2月からだったようです。
詳しくは「三妻自工(ミツマジコウ)さんのページをご覧ください。
 
 
で、コグレさんの方は、ちゃんと市販型S500を取材して、
2分割バンパーを1本型に修正し、ボンネットのスリットを入れたりしたのか?
  ・・・・してません
 
イメージ 16
ホンダは64年2月にS500の市販を始めたと思ったら、翌3月からパワーUpしたS600の市販を開始。
 
そのためS500はわずか550台ほどしか市販されず、
(S600は1966年の生産終了までに11284台生産)
大変希少な車となりました。
 
  しかもホンダの4輪乗用車第1号
 
イメージ 17
 
だから、市販車を実際に取材することができなかったのでしょうか・・・
ただ、初版で出し入れの難しかった電池受けを改良し、スイッチ部分をシンプルにはしています。
 
ボディも2版の後期ではドア下の凹凸をすっきりさせてます
(インストはかえてない。)
 
イメージ 15
 
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
 
さらに、後ろのトランクについているエンブレムが市販車の「HONDA S500」 
ではなく、量産試作車の「SPORTS 500」のままになってます。
 
イメージ 13
実車です・・・
 
 
イメージ 4
 
でもホイールなんかは良い感じです。
 
イメージ 5
イメージ 6
さて、箱なんですが・・・
 
イメージ 7
 
この2版が発売された64年には市販車を取材できたはずなんですが、
箱に使っている写真はシートの色がベージュ・・・市販車は深い赤か黒・・・の
量産試作車(プロトタイプ後期)です。
おそらく1963年6月に「価格あてクイズ」の時の「広報車」のようです。
 
イメージ 8
 
同じ写真を見つけることはできませんでしたが、ミツマジコウさんのご協力で、
おそらく同じスポーツ500量産試作車の写真をUPできました。
このページ2枚目の写真がそのカラー版です
明るい色のシート・広告用ナンバープレートが一緒です。
 
イメージ 9
まあ、量産試作車と市販車はシート・トランクのエンブレム・フロントグリルが溶接か一体成形か・メーターパネル・・・など細かい違いで、全体的には同じですから、一般によく知られていた赤いスポーツ500の写真にしたのでしょうか。
 
でも結果、当時の貴重な量産試作車「ホンダ・スポーツ500」
(市販車はホンダS500)の姿を残すことになりました。
 
さらに、箱側面には・・・・
 
イメージ 10
イメージ 11
この側面のプロトタイプの写真はミツマジコウさんによると、いまだ明確になって
いない中期プロトタイプスポーツ360改スポーツ500)の珍しい写真だそうで・・・
 
結論として、このキットは1963年後期のプロトタイプ〜量産試作車
でしょうか・・・
 
結局、タイムりーな商品化を急いだコグレさんのおかげで、市販車のスケール
モデルとしては間違いが多いものになってしまいましたが、HONDA S500 の研究には貴重な資料がつまったキットとなったようです。
 
イメージ 14
コグレさんはs500のモーター3版・ゼンマイ版・スロット版・ビッグサイズは発売
しませんでした。
 
しかし、パワーUPしたS600をこのS500を利用して翌1965年に発売します。
 
さらに1967年にコグレが倒産したあと、金型を受け継いだバンダイがS600を
発売します。
 
次回はそのコグレS600バンダイS600についてであります。
 

コグレ(小暮模型) ホンダ S500 1/22
(1) 初版 と幻のBサイズ  1963
 
イメージ 1
 
1963年暮れ〜64年初頭にかけて、わずか550台前後しか販売されなかった
ホンダのスポーツ500
 
コグレは実車の販売とほぼ同時にプラモデルを発売しました。
 
    本物です
 
イメージ 2
 
現在S500の完全可動車は国内に若干。非常にソフトな乗り心地で、
140キロくらい出るそうです。 
 
Mr.S500−FANさん、ご協力ありがとうございます。
 
イメージ 3
東京オリンピック(1964年 昭和39年)以前、今から約50年前
まだ自家用車と言う言葉が身近ではなかった時代・・・・・
 
ぷらもったは小学校低学年。クラスに自家用車がある家は数軒。
もちろん我が家にもあるわけない。
 
そんな時代に「国産のスポーツカー」・・・それだけでインパクト大でしたね。
 
今でも公道走っていたら、もっとインパクト大
 
イメージ 10
 
イメージ 4
 
初版1964年の2版の大きな違いは車体下部の電池受けの形状です。
初版は電池が下に脱落しそうな形ですが、2版では改良されたようです。
 
イメージ 5
 
初版ではスイッチも複雑な構造でしたが、2版ではシンプルになっています。
 
イメージ 6
コグレは第9回全日本自動車ショーで実車を見たのでしょう。
1963年の第10回全日本自動車ショーで、量産型s500がお披露目されるのに合わせて販売しょうと・・・・
  かなり気合いを入れて広告
 
イメージ 11
コグレは2つのサイズ(Sサイズと大きなBサイズ)を開発してたようです。
この1964年の仮カタログのBサイズのS500大は、
      走るとメーターが動くらしいですが・・・
 
発売されたのでしょうか? 巻頭にあげた初版はSサイズです。
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 14
このミニプラモガイドには350円の大きい方(Bサイズ)だけが載ってます。
1963年11月にコグレは広告チラシ(1枚物仮カタログ)を刷り、少年雑誌複数に広告を出し、さらに・・・
 
イメージ 15
 
懸賞の賞品にまでしてます。
使われている写真は仮カタログの大きいBサイズのですから、
当選した30名はBサイズをもらった?
 
現在までのところメーターが動くS500は発見されてません。
ぎりぎりになって、何らかの理由で発売中止になったのではないかと・・・・
 
しかし、もしかするとこの30名の方々はファーストロットをもらった可能性もあります。1個でも現存していたら超幻キット
 
さて、特にホンダs500にお詳しい方はお気づきかと思いますが・・・
コグレが広告や懸賞に使っているs500はMr.S500−FANさんの市販車と
少し違いがありますよね
 
イメージ 7
コグレが使った1962年型スポーツ500は、市販されなかったスポーツ360を
母体として、排気量を拡大し、全長を少しのばした車ですが、車体幅は360と同じです。
 
いわばs500の初期プロトタイプですが、市販車と外見上の大きな違いは
バンパーが2分割です。
 
これは三妻自工さんによると・・
第9回自動車ショーのスポーツ500と360(1962年型スポーツ500)だけの特徴だそうです。
 
イメージ 8
このように、スポーツ500の初期プロトタイプ(1962年型スポーツ500)
360と外見上はほとんど同じです。
 
   バンパー2分割(後期プロトタイプと市販車は1本)、
   ・フロントグリル横線4本(市販車は3本)
 
イメージ 9
こののち、ホンダは市販までにいくつかのプロトタイプを作ってますが、どうやら
コグレさんはそのあたりをごちゃ混ぜにしてしまったようで・・・・
 
特に1964年発売の2版ではBOX TOPの写真・箱側面の写真・キットそのものが微妙に違っています。 
 
次回はその2版箱について書きたいと思います。 
                                                                                             つづく

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事