lemon tree cafe

lemon tree cafe クリームソーダおすすめです♪

全体表示

[ リスト ]

矢沢永吉

熱心な、熱狂的な支持者をファンとすると、私の場合は当てはまらない。なのに大ファンだと思われている。ここはハッキリと分けなくてはならない。8年前にこんな手紙を書いた。
矢沢永吉さま。私は、この1年偉大なる魂をもったロックンローラー矢沢永吉に大きく支えられました。度重なる困難との闘いは、私の魂を大きく刺激しました。 これまでも困難からけっして逃げることはしませんでした。ボンジョビ、ベートーベンに支えられ、皮いちまいがやっと自分を保っていると感じられる時もありましたが、この1年のそれは別ものでした。 固くはめられた鉄鎖、噴出すマグマ、、、崖っぷちの日々を支えてくれたのは、矢沢永吉の音楽でした。 どれもこれも偶然とよぶにはうまくできすぎていて、何か大きな力の作用による体験であったのかとさえ感じてしまいます。 なんでこうなるのという不思議なプロセスから“宿無し”になり、ぶんという名の猫をつれての“旅”は、私のこれまでを生きてきた足跡を総括するのに、とても重要な時間となりました、、、、、、、、、、私の命の中には、いつも死を恐れるおもいがありました。それにからむように"悲哀”という言葉が私を考えさせます。 今にして思えば、いったい私はどこからきてどこへ行くのでしょうとかんがえ続けていたようです、、、、しかし、この1年、困難をクリアするたびに少しずつ変わるなにかを感じました、、、そして、はっとした瞬間に私の生業がみえてきたのです、、、、、、私はずっと前から童話書きたいという夢がありました。ほんとに漠然としたものだったのですが、魔女ものとだけは決めていました。ところが、この1年をふりかえるとりっぱなストーリーになっていました、、、、、、、去年までファンキーモンキーベイビーしか知らない私が、ひょんなきっかけから矢沢永吉の音楽にのめりこんでゆきました。どれもこれも男の正直な心がありました、、、、、私をとりまく問題の解決はまだこれからです。しかし、私は、どんなことよりも、自分の心に素直になることこそ、1番はじまりのことだったのです、、、、、、、、ありがとう
偉大なるロックンロール “オレの音楽は文化” 私は大きくうなずきます。 そして、心の勲章をささげます。  ここから、さらに8年をかけた日々、、、、さあ、いいかげんで魔女のお話をまとめなきゃあ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事