WJCC支援会

ワシントン日本人教会と片岡先生を支援する会です。

全体表示

[ リスト ]

先週に続けて上の御言葉から「愛する」ということを思い巡らす時に、いつも思い出す言葉があります。神学生の時の最初の年に私が毎週派遣されていた教会の牧師であり恩師が、その一年の最後の日にくださった本(『共同体――ゆるしと祭りの場』)に記されていた次の言葉です。
「愛するとは、弱く、傷つきやすくなることである」
ジャン・バニエというフランスのトロリー・ブリュール村にあるラルシュ共同体の創設者の言葉でした。知的ハンディを負った人々との共同生活の経験の中から手作業で紡ぎだされた言葉がそこにはおさめられていました。
私は「愛する」というのは、「強くなる」または揺るがない意志だと思っていたので、この言葉には驚きと同時に、解放された思いが与えられたことを思い出します。
この本には例えば、「理想的な共同体は存在しない。共同体は、人々の豊かさと同時に弱さ、貧しさから成り、互いに受け入れ、ゆるし合う人々によって成り立つ。完全さ、献身よりも謙遜と信頼が共同生活の基なのである。・・・」など、共同体について様々な角度から、しかし同時に一つのことを目指しているような言葉がつづられています。
ちょうど私自身もその年の夏に教会の子どもたちのキャンプの奉仕で、重度の自閉症と診断されていた子と一緒に過ごしたことが大きな出来事として胸に刻まれていた時でした。その子の純真さに癒される思いが与えられたこととそれに反するように共に生きることの難しさ、自分の愛の乏しさにも気づかされた時でした。
思えば上の御言葉を語られた主イエスは、これから十字架の上で徹底的に打ちのめされるお方でした。強い姿とは言い難い。きれいな姿でもない。しかしそこにおいて語られた愛が実現し始めたことを私たちは見るのです。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事