全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ナスの収穫

イメージ 1

成らなかったナスも数は少ないものの何とか生り始めました。形は大きく長いタイプのナスです。台風さえ来なければ秋まで成り続けるでしょう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

我が家のスイカ




イメージ 1

スイカも生育状況は悪くは無いのですが何故か成りが遅れる。6/15日の生育状況の写真ですが、実はまだ付いていません。全ての野菜の実の付きが
遅れています。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

我が家の菜園

イメージ 1
今年は、ナスがなかなか止まらない。昔より、「親の意見とナスの花は千に一つのむだが無い」と言われていましたが、今年は花は付いても実が生らない日が続いていましたが、やっと数日前から僅かに生り初めました。
イメージ 2

キュウリも例年と比べ、生り始めが遅れましたが、今は何とか成っています。家で食べきれる量では無いので近くの人に配っています。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

アジサイの病気と畜産


イメージ 1
美郷町北郷区のアジサイが病気の為、他の花と植え替えのニュース。「駐車場付近から広がり始めた」  との事。アジサイの病気まで車が持ち運ぶ?
のだろうか?  花は見せる為だから仕方無いと思うけど、畜産類も車が近付く程、病気の危険性が有る。農場の外に飼料タンクを設置し、そこから、中の
タンクに螺旋で搬送すれば、インフル等の病気の危険性は遠のく。
以前、マイコプラズマに泣かされて窮余の策としてその方法に切り替えて
10年間常在菌以外、ウイルス性の病気をゼロに抑えて居たのですが、東北から来た所長の「飼料が分離するから駄目」の鶴の一声で取払った所、一年半の間に3農場が(mg ms)の為壊滅的なダメージを受け、そして閉鎖への道を進む。会社が変わり、この会社は、種鶏を飼育した事は無く、ワクチン等の接種以外は全て自分の思う通りに飼え、以前のように飼料タンクを外に設置して貰い、病気知らずの農場に成り、五年連続の最優秀賞と通算八回の最優秀賞に成る(チャンキー種) 日本一と言う事は、即世界一と聞かされる、閉鎖された会社が翌年から日本一に成り、ここを閉鎖して近県の会社に移られた所長が行った先はベストスリーにも入らず体を
壊して退社したと聞く。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

田植え終わり

イメージ 1
平成30年の田植え終わり。今年は、脊柱管狭窄症で少し苦労するも無事
終わりました。自家の農作業行事としてい稲刈と共に最大行事。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事