父の事、母の事

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

再入院

父は2月に腰を骨折したのですが、体力的なこともあり
手術はせず、痛みが少し和らぐまでの入院でした。
3月1日に退院したのですが、食も細くなり、ずい分痩せて心配していたら
水曜日に救急搬送されたと連絡がありました。
色々検査をして頂くと、ほとんどの数値が悪く、多分余命はそう長くないと
お医者様から言われました。
今はもう寝たきりでほとんど反応がありません。
骨折する前は元気そうにしていたのに、残念でなりません。

開く コメント(4)

両親の近況

今年の夏、母は大腿骨を骨折し、手術の後2週間入院しました。
その後、リハビリ病院に2ヶ月入院し、今は父親と同じ施設に入っています。
 
そもそも、当初同じ施設だと、 「こんな所に居たくない。帰る。」 と二人で話しが盛り上がってしまい
大変なことになるので、それぞれ別の施設に、と言う経緯がありました。
それが同じ施設に入所することになったのは
怪我等で病院に入院する時には、どの施設でも、いったんは退所する事になっており
退院と言う時になっても、母が入っていた施設に空きが無く、ちょうど空きのあった
父親と同じ施設に入所ということになりました。
 
二人を一緒の施設にしたら、どうなるだろうと心配していましたが
父は、もう母のことを覚えていなくて、二人で話しをすることはありませんでした。
母は、父がいるだけで安心したのか、以前のように家に帰るとは言わなくなり
父がボケてきた事も理解しているようです。
私が行くと、ドアから離れた場所にいても、手招きをして私を呼びます。
そして必ず 「お父さんとこ行って挨拶してきぃや」 と言います。
帰るときも必ず 「お父さんに声かけて、兄ちゃんにも挨拶いてきぃや」 兄ちゃんとは、施設の職員さんです(笑)
「あの兄ちゃん良くしてくれるわ」と感謝の気持ちもちゃんと表しています。
そして 「ここの支払いちゃんとしてくれてる?」と、必ず聞いてきます。
 
父はもう顔の識別は出来なくなりましたが、おだやかに話してくれます。
私が誰なのか、わかってないけどミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!
でも、耳が遠いのは難点ですが、穏やかに会話が出来るので、私はかまいません(笑)
 
両親の認知症がわかって、それこそ天地がひっくり返るような大騒動から、もう6年になります。
ちょうど今の時期は、両親はまだ実家で暮らしており、毎日のように電話が掛かって来ていました。
電話の内容は、通帳が無い・お金が無くなった・死にたい、。。。
そして次第に、「あんたが盗った!」と責める内容に変わっていきました。
 
過ぎてみれば「大変だったな〜」の一言なんですが。。。
あの当時は、両親の顔を見るのも嫌でした。
 
 
今の両親はいつも笑っています。
 
 
イメージ 1
 
               去年買った シクラメンとシャコバサボテン です。 今年も咲いてくれました^^
 
 
 
 

開く コメント(15)

昨日の父

 
お世話になっている施設の二階上がって行くと
父はいつものように椅子に座って居眠りをしていた。
 
私は父の肩をゆすって、にこっと笑ったら
父は嬉しそうにソファーに移動し、私にも隣に座るように促した。
 
 
父は 
「 今、帰りか? 」  と聞くので
私は
「 ううん。 今、着たばかり。」 
 
 
 
今帰りかって。。。どっからの帰りや〜
と、心の中で突っ込みを入れつつ・・・。(笑)
 
 
 
それにしても、今日の父は私を誰と思っていたのだろう・・・。
父の妹(叔母)であれ、娘(私)であれ、誰か知り合いと話していると思ってくれていれば良い。
今の父の世界を覗くことは出来ないが
父の近しい誰かが時々やって来て話して行く。
一人じゃないと感じてくれればと・・・。
 
 
 
 
 

開く コメント(8)

両親

最近の父は、もう私が娘だということは分からないようです
 
私の顔を見たら嬉しそうに笑ってくれるのですが
 
自分の妹だと思っています
 
ほとんどが叔母の名前で呼びますが、たまに私の名前の時もあります
 
それでも妹だと思っているようです
 
ややこしいわ(笑)
 
 
 
 
明日は母の所に行ってきます
 
母はお気楽で、最近の母のマイブームは
 
「お父さんと離婚するわ」 です(笑)
 
 
 
まったく
2人とも、ひとの気も知らないで ミ(ノ_ _)ノ=3
 
 

開く コメント(36)

認知症の父からの電話

昨日、父がお世話になっている施設から電話がありました。



「 不穏になっておられますので、少し話をしていただけませんか」  



 との事でした。







認知症になって、何故ここに居るのかが分らない父は



母がどうしているのか、心配になったのでしょう








私 「 お母さんは骨折して入院しているよ」



父 「 家に一人で居るのは心配だけど、病院に居るなら安心だね・・」








母も認知症です・・・別の施設で暮らしているけど、父には理解が出来ません



父は、私の『嘘』で安心したようでした・・








耳の遠い父との電話のやり取りは



何度も、何度も、大きな声で言わなければならないので、とても時間が掛かります









認知症になっても、父は母の事を気にかけています



電話を切ったら、すぐに私と話した事は忘れます・・・







父の認知症が分り、施設に入ってから1年半になります



元気だった頃の父と比べてしまって、なかなか現実を受け入れられなかった私も



最近は、笑って父と話す事が出来るようになりました



でも、電話の向こうで必死に話す父の声を聞くと・・・









今度は母を連れて父に会いに行こうかな



何か美味しい物でも食べに行こうね^^

開く コメント(21)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事