地元のケンタッキーが閉店

地元の顔が失うことは悲しいことなのですね。 実は地元のケンタッキーが6月30日に閉店が決まり、久しぶりに行ってきました。 もちろん、店内で最後の食事ですよ。 昼と夜の2回も。 最終日でも若いお客さんが来店してましたよ。 ここはファーストフードの中でも自宅から唯一歩いて行ける距離でだったのです。 それがなくなるのは悲しいことなのです。 地元じゃない人にとっては「たかがケンタじゃん!!」と思って人がいると 思った人がいると思いますが、私にとって思い出の場所でもあり馴染んでいた店舗でもあったのです。 普通のケンタは2階建てがほとんどですが、ここは平屋で15人くらい座れる小柄な店舗。 私の記憶によると生まれたころからありました。 確か30年近くじゃないでしょうかすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事