全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

フロント荷重を小さくする新プラットフォームの採用で、格段に高いスポーツ性能を有したと言われる新型A4。清水和夫氏に、その出来映えをチェックしてもらうことにした。


先進の技術を全身にまとう。

 初代のA4が誕生してから三代目となる新型A4は、プラットフォームが新設計されている。このA4が属するセグメントリーダーはBMWの3シリーズ。俊敏なハンドリングが人気の秘密とアウディは考えている。
 そこで、メルセデスやBMWのFRプレミアムに負けないように、アウディは大胆な改革に乗りだした。これまで左右対称の縦置きFFレイアウトをベースにクワトロを開発したアウディであるが、ついにトランスファーをギアボックスの脇から前方に出すようになった。この変更でタイヤが前方に移動することが可能となり、重量配分やスタイリングに良い影響を与えている。
 サスペンションも大幅に見直され、乗り心地とダイナミクスを高い次元で両立できる究極のサスペンションが完成している。
 アウディの先進性はそれだけではない。電子制御を駆使し、サスペンションとステアリングの俊敏性を可変とした機構をも実用化しているのである。これはBMW3シリーズのアクティブ・ステアリングに対抗するものだ。


インテリジェンスを感じさせるエクステリア・デザイン。

 ライバルの3シリーズやメルセデスCクラスと同じように、ボディの幅は、1.8mを超えた1825mmのワイドボディが与えらている。そのためか、クラスを超えた車格感となり、現行のA6と室内の広さでは変わらなくなった。つまりA6をもライバルとするほどA4は大きくなっている。
 スタイリングではフロントタイヤが前方に移動したために、タイヤが四隅に配置されたスポーティなFRを意識するスタイルとなった。これはデザイン上の大きなアドバンスではないだろうか。
 さらに、アウディはフロントマスクに大きな特徴がある。シングルフレームと呼ばれる大きく口を空いたマスクは、下手をすると知性とは反対の方向に行きやすいが、フォルム全体の細部まで洗練されたデザインのおかげで、アウディの気品と知性はますます高まっている。


ほど良い高級感のインテリアデザイン。

 インテリアにはアウディらしい品の良さが漂う。メルセデスほど伝統的ではなく、BMWほどスポーティではない。つまり、ちょうど良い上質なファミリーカーの雰囲気作りに成功している。
 コクピットはこれまでもモダンなデザインであったが、自慢のカーナビなどが統合されたMMI(マルチメディアインターフェース)がさらに洗練され、使いやすさが増している。
 走りをアシストする機能として、サスペンションの堅さやステアリング特性などを替えられる機能(3.2リッターのみ)が備わっているのも嬉しい。日本でのスピード領域ではほとんど意味がないように思えるが、走り味を変えるには効果的な機能なのだ。
 スポーツカーのように走りたい時、あるいは高級車のようにしなやかに癒されて乗りたい時、そんな多様なニーズに叶えることができるからだ。


心臓部は、直噴ターボ1.8リッターと直噴3.2リッターの2タイプ。

 安全性は新型A4の自慢のアイテムのひとつ。乗員の着座位置で重量を計算し、エアバッグの出力をコントロールすることに成功している。これで乗員の体の大きさを問わず、つねに理想的なエアバッグの出力を確保できるのだ。安全はメルセデスやボルボだけのものではないことを証明している。
 搭載エンジンは、1.8リッターと3.2リッターの2タイプを日本に導入。どちらも、ディーゼルエンジンと同じ筒内直噴のメカニズムが採用されている。ちなみにアウディでは、自然吸気の直噴エンジンに“FSI”を冠する。3.2リッターFSIといったように。
 1.8リッターはTFSIの呼称が付く。これは直噴エンジンとターボの組み合わせだからだ。その1.8リッターエンジンだが、直噴エンジンとターボの相性の良さが生かされ、好燃費と高出力の両立を実現している。注目に値するエンジンである。


スポーティさを増した3.2リッターAWD車の走り。

 ミッションも1.8リッター車の好燃費に一役買っている。アウディ独自の、無段変速CVTが採用されているのだ。このCVTは、金属チェーンが使われている所が特徴で、大きなトルクのエンジンにも使うことができる。
 ただし実際の使い勝手は、トルコンATやDSGと比べると少しダイレクト感に欠け、アウディらしいスポーティな走りにはちょっと不似合いかもしれない。
 一方、3.2リッターのV型6気筒FSIエンジン搭載車は、フルタイムAWDのクワトロが備わる。ギアボックスは6速トルコンATと組み合わされるので、スムーズで力強い走りが堪能でき、よりプレミアムな乗り味を味わわせてくれる。
 AWDシステムの走りは、前後のトルク配分と重量配分が以前に比べてより最適化され、スポーティ度が増していた。


評価(10点満点中)

*

動力性能
8点
1.8リッターのターボエンジンは満点だが、CVTは少し不満。

*

操縦安定性
8点
3.2リッターの18インチ仕様はサスが硬すぎるので6点。

*

パッケージング
10点
FRとFFのメリットを併せ持った両生類。

*

安全性能
10点
予防衝突とも世界でトップレベル。

*

環境性能
9点
ディーゼルが日本に導入されていないのは残念。

*

総合評価
8点
日本未導入だが、2リッターTDIクワトロが本命だろう。

試乗日:2008年3月15日

ロケ地:愛知県・西浦周辺

天候:晴れ

文:清水和夫

撮影:村西一海

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事