小さな幸せ…か?

お疲れ様です(=゚ω゚)ノ

突然ですが…



当たりました!!ハハッ!!
イメージ 1
何時もと違う物を、と思ってジョージアのカフェオレをポチったら何かなげぇのが出てきたので「ベンダーさん間違えて補充しとるで…」と思ったけど物は合ってて「当選」してました(゚∀゚)ラッキー

次回もお願いします(=゚ω゚)ノ

この記事に

開く コメント(0)

お疲れ様です(=゚ω゚)ノ

High CRIに興味があり、Nichia 219系のLEDライトも増えてきましたが、敢えての砲弾型LEDで低出力の良いライトを手に入れてみました。

McGizmo The Ti Sapphire High CRI
1AAA(単四電池 1本)仕様の小型ライトです。イメージ 1
・High CRI 砲弾5mm 
・シングルモード
・5lm
・コンバーター出力25mA
アルカリ電池で照度が半減するまで8時間との事。リチウム乾電池だとかなり期待できそう

見た目など
イメージ 5
スレッドは高精度に切削されています。
チタンライトにありがちな、締め込み時の「ジャリジャリ」「ザラザラ」感が全くありません。
こんな感じのいいもの造りたいですね。
…金属加工と電子回路の両方キッチリ勉強するべきだった(´;ω;`)


イメージ 7
マイナス側はバネ無し

イメージ 6
プラス側はハンダが盛ってあります。手作り感が良いです。


McGizmo The Ti Sapphire High CRI 5,000K 5lm

イメージ 3

LUMINTOP TOOL Ti(Nichia 219BT) 3lm
イメージ 2

SUREFIRE L4 Digital Lumamax Luxeon 5W 67lm
イメージ 4

違いが分かりにくい(`・ω・´)

高演色比較
イメージ 8
←McGizmo The Ti Sapphire High CRI 5,000K 5lm
→LUMINTOP TOOL Ti(Nichia 219BT) 3lm

TOOL Tiは219BTで大体4,000〜4,500Kくらい、The Ti Sapphire は5,000Kで数字上の色温度差は少ないのですが、実際に目で見ると全く違いました。
一般的なHigh CRI LEDは電球色ぽかったり、若干緑掛かったモノばかりでしたが、純白寄りかつ肌色で対象物の色の判別がかなり容易になりました。

あまりにも良いので仕事場に持っていくようになりました(;'∀')
実際に役立ってるので無駄使いじゃないぞ、っと|ω・)


一つ疑問が…
イメージ 10
イメージ 9
実はMcGizmo The Ti SapphireをLED違いで計二本持っているのですが、画像右の今回の物にはサファイアレンズ(風防)とO-リングが無かったのです。販売ページには付いてる的な説明が有るのですが…
左側は旧型フラッドでレンズ付き(光が反射しているのが分かると思います)。
折角の良質なLEDが載っているので傷を付けたくないうえ、防水の面でも不安が残ります。

今回の件と、HIDライト用バッテリーの取り寄せ&etcをメールで問い合わせてみたのですが、返信が来ない('ω')
3通送ってみましたが、エラーで帰ってくるわけでもなく音沙汰無し…
電池サービスして頂いたし、いつも翌日くらいには発送して貰っているので何だか複雑です(´・ω・`)
複数本検証したいところですが、お財布の中身的に絶対無理(当たり前)。

次回もお願いします(=゚ω゚)ノ

この記事に

開く コメント(7)

北海道 M6.7

過去の災害でもあったと思いますが、デマには惑わされない様に信用、信頼できる場所から情報を取捨選択する事が重要になってくるはずです。

SNSなどでも「善意の誤情報」に注意が必要です。


皆様のご無事をお祈りいたします。

この記事に

開く コメント(4)

晩酌!?

C2とHaikuを肴に明日への活力をチャージ!!(笑
イメージ 1
夜中に目がバッキバキになりそうですが(;'∀')

(=゚ω゚)ノ

この記事に

開く コメント(14)

(´Д⊂ヽ寝不足ですがマグさんの修理を行っていきます

スイッチassy
補修イメージ 1
左がオリジナルの部品、右が購入した新品
出来るだけ元の部品を活かしたかったので、左下の黒い部品に乗っかっている、「ヘラ」のような形の端子部品を新品のスイッチassyから移植しました。


イメージ 2
イメージ 3
これでスイッチ部の修理は完了です

テールスプリング交換
イメージ 4
見た目では通電しそうだったので換えない予定でしたが、やはり液漏れによる腐食でNG。
オリジナルの方が線径が太く巻き数も少ないので頑丈そうです。


イメージ 5
よっしゃぁーー!!
予備球も生きていました。

風防レンズ
イメージ 7
上がガラス製
下がプラの純正品 若干変色していました。

観察してみる
イメージ 10
変色、曇り、割れアリで状態は悪いです。
不思議なことに線傷は全くなかったので、前オーナーは凄く丁寧に扱っていたと思われます。
単純に経年劣化でしょう。

イメージ 8
凄くスッキリしました。

配光は…酷い(;'∀')
イメージ 6

復活!!イメージ 9

ノスタルジーに浸r…
イメージ 11
何か後ろに(。´・ω・)?


Lightwave 2AA 1W(90lm)
イメージ 12
辛抱ならずにLEDモジュールも発注していました|ω・)
ミニマグから強烈な「純白色」を飛ばしたかったのです。

イメージ 14
見た目はE1eとかE2DのMN系バルブを、LEDのタワーモジュールに交換したような感じ。

イメージ 13
配光はかなり改善

ソリテールLED(37lm)と比較
イメージ 15
イメージ 16
←Lightwave 2AA 1W(90lm)
→ソリテールLED(37lm)
暗い…恐らく腐食によるダメージで導電性が低下している可能性があり。
仕方ないかもしれません。

作業を終えて
見事に復活したミニマグ。過去の遺産が輝きを取り戻して復活しました。
新品時のように元通りになっただけですが。。
古いマグが現代に蘇ったと言いますか、魂が吹き込まれたように輝きだしたように感じられて「感慨無量」です(^ω^)
イメージ 17


次回もお願いします(=゚ω゚)ノ

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事