Ultra Tac K18 【2017Ver.】

お疲れ様です(=゚ω゚)ノ

今日は七夕☆彡皆さんは短冊にどのような願いを書かれますか?
自分は健康第一で、ライト爆買い出来ますように、あと…サマージャンボ当たりますように|д゚)wビッグマニーキャモン

Ultra Tac K18 【2017Ver.】です。

イメージ 1
今回は、某ホルスター屋さんでお世話になりました。
価格は、3,300円弱程でした。

・パッケージ、付属品など
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 6
ウチでは V54 ToolVN以来の10440Li-ion対応ライトです。
パッケージは高品質で高級機並み。
スペックが書いてあるスリーブの中の化粧箱は、艶消しのサラサラでSPARK製ライトと同じような好印象を受けるものです。

付属品
・中華製アルカリ電池
・蓄光ディフューザー(シリコン)
・予備O-ring 2個
・操作説明書
・保証書

イメージ 4
イメージ 5
操作説明書のイラストでは、テールにランヤードホールが設けてありますが、2017Ver.では可倒式のD型リングを搭載。この機構のおかげでテールスタンドOKです。

スペック
LED:Cree XP−G2 S4
10440:Max 370lm 20min
AAA:Max 110lm 53min 
Stainless Steel switch
Copper MCPCB
ARCoated Lens(99%)
1AAA系電源全てOK
他諸々がパッケージの側面に書いて有るので詳しくは購入してみてね(^_-)-☆

…価格に釣り合わないハイスペック(*´ω`)
メーカーさん、儲け考えてます?w

操作
OFFから
チョイ長押しでON
ダブルクリックでLockout/Unlock

ONから
クリック毎 Low→Mid→High→Low…の三段階調光 モードメモリーあり
ダブルクリック ストロボ クリックでストロボ解除
チョイ長押しでOFF

背比べ
イメージ 7
左から
Panasonic eneloop pro(930mAh)
McGizmo The Sapphire GS
UltraTac K18
McGizmo BB Haiku
Thrunite Ti4T(自前改)

サイドスイッチのおかげで全長は短め。MaxがBB Hiakuの300lmより明るい(;´∀`)

帽子
イメージ 8
パッケージにもホルスター屋さんの商品ページにも、ディフューザー付属と書いてあるのですが「蓄光」と記載が無いので光らないと判断し、おススメリンクに同型の蓄光版ディフューザーが売っていたので同時購入したのですが、付属品も蓄光でした( ゚Д゚)

ディフューザーのフィッティング
イメージ 9
イメージ 11K18とTi4T(自前改)はちょっと押し込まないと固定出来ません。
なぜ純正付属品なのに合わないのだ|ω・)

イメージ 10
イメージ 12
Tool Ti(自前改)とToolVNは膨らんでいる笠の部分にドンピシャで嵌ります。
ルミピョン専用設計ですか(。´・ω・)?

イメージ 13
Mix 6(自前改)
最後までスッポリ。固定感は皆無。。。
画像は有りませんがThe Sapphire GSも同じ結果でした。


配光
デジカメ設定自動
距離 40cm
イメージ 14
K18 Ni-MH 25lm
Ti4T(XP-L HD→XP-L Hi化)推定光束 25-30lm前後
光色はイヤミの無いスッキリとした蒼白系で、1A〜1Dの間位かと思います。
スポットとスピルの色分離も目立たないので、中途半端なライトより見やすいです。
イメージ 15
K18 25lm
Ti4T(XP-L HD→XP-L Hi化)推定光束 25-30lm前後
全体的に光学系が似たライト同士なので光の広がり方は大体同じです。

総評
10440対応ライト自体、量販されているもんでは珍しいものですが、ただ明るいだけでなく実用性も備えたライトです。やはり電源の種類を選ぶことなく使えるのは,イザとなった時に役に立つなーと思います。
サイドスイッチでロックアウトモードもあるのは驚きです(゚д゚)!

あとがき
K18を含めUltraTac製ライトを幾つか購入しましたので、ボチボチご紹介していこうと思います。

次回もお願いします(=゚ω゚)ノ


この記事に

開く コメント(8)

お疲れ様です(=゚ω゚)ノ

前回予告していましたが…トリチウムの事でトラブルが有りました( ゚Д゚)

MecArmy TR25を購入しました。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
どこかのライト取扱店舗さんが扱ってくれないかなぁーと思っていた所、amazon本体で扱っていたのですぐさまポチりました。
見掛けない大きさの発光管と外装のチタン素材が良い感じで開封せずに大切にディスプレイしていました。

で、数ヶ月ほどたった先月…amazonからメールが有りました。
その時はレビュー依頼かと思いメールを開くと、何やら物騒な文言が…。
(そもそも、amazon販売ではレビュー依頼は無いのですが)
題名
【重要】トリチウムを含有するアクセサリー……

え(゚д゚)!なんじゃ???

以下要約ですが

「お客さんの買ったMecArmy TR25のトリチウム管の規制値が超えてるから回収します。国内で所持するにはそれなりの設備と金額が掛かり、免許を持たずに持っていると罰せられるから然るべきところに送って処分してください。ほんとにごめんね」と丁寧な文書で長々と書かれていました。


イメージ 5
左上
Veleno Designs HELIX ZIRCONIUM
(トリチウム 0.6Gbq)
右上
LUMINTOP TORPEDO 007
トリチウム管の上に凸レンズ状の封緘樹脂が被せてあるのと、緑系の発光色は明るく見えるので若干大きく見えますがHELIX ZIRCONIUMと同等の0.6Gbqと思われます。
上の2つは暗順応していないと見えにくいですが、TR25は部屋の電気を消して直ぐでも置いてある場所が分かります。

因みにライト屋さんによると、規制値は「1.0Gbq」との事。
しかし、TR25は


10.9Gbq (゚д゚)!
(amazonメールには「/個(1個あたり)」と記載が有りましたので、1個あたりの規制値を超えていなければ問題無しと解釈しましたが。)

そりゃ明るいはずだわ(´Д`)ハァ…

amazonよ、なぜ調べなかった…

イメージ 4
返品ですが、amazonに直接送る事は出来ませんので、放射線を取り扱える協会へ連絡を取りながらとてもメンドクサイ手続きを経て、許可を得た運送屋さんに託す事になります。
(協会から専用の返送用キットが送られてきて、キッチリ梱包したうえでの発送を要求されます。)

CPFとかで見かける、ライトに笑ってしまうほどトリチウム管がインストールされていますが、日本国内だと1個当たりの規制値を超えていなくても実質所持不可能かと…線量は結構なことになるはずですし(´・ω・`)

そんなこんなで愛しのTR25は旅立っていきました(´;ω;`)


のちに10440ライトをご紹介します。

次回もお願いします(=゚ω゚)ノ

この記事に

開く コメント(4)

お疲れ様です(=゚ω゚)ノ

暑い……ジメジメ……KARADAGA DARUI_(;3」∠)_

今回は新製品というか、既存ライトの仲間が増えたのでご紹介します。

LUMINTOPのサイトに久々にアクセスしたら何やら見慣れたような見慣れてないようなブツが?


メーカーのプロモーションみたいになるかもしれませんが(;^ω^)
 IYP 365↓(LUMINTOPサイトhttp://www.lumintop.com/iyp365.htmlより)

イメージ 1
イメージ 2
チタン&真鍮バージョン(゚∀゚)ヲッシャァーーーーーー!!
特に真ん中のヤツは、自称チタンマニアとしては願っても無い朗報です( ;∀;)(本当は願ってた)
最近、THRUNITE@DIRECTさんがTi4Tを全く入荷してくれないので「チタン2AAAは終わったのか…」と完全に諦めていましたが、我らが(?)ルミピョンがやってくれました!!

初見では「ステンレス」か「ビカビカしたメッキ」かと思い無理やり落ち着こうとしましたが、「Titanium alloy」の文字列に脳汁ブッシャー( ☆∀☆)ヒェーーーーーィ!!!
アオニロさんにはすでに問い合わせてあるので、準備はいつもの「お財布と相談」のみです(;^ω^)

因みにIYP365 のランタイムは、eneloop pro(930mAh×2)でHigh連続点灯時、実測60分以上(Xp-G2の200lm→70〜80lm位?)維持したのでそのポテンシャルは確認済み。

イメージ 4
スペックはアルミ版と同じなので、マテリアルに拘りが無ければ完全にスルーする(ダジャレじゃない)方が多いとは思いますが。
Battery Typeが2AAA(14500 Li-ion battery is not support)となってますが、そりゃ単4ライトに単3はいくらなんでも無理だわなw
10440使える希望が(゚д゚)!(無い)




取り敢えず落ち着きたい|ω・)

あとがき
ルミピョンライトはTorpedo007も所有しており、4モードの良いライトですが見た目のインパクトがチョイ足りない…
そんな時に見つけたのがTorpedo007の後継機Elfin。
イメージ 3
ステンレス製だったのですが、「どうしてもこの色でチタンのヤツが欲しい!!!!!」と訳のワカラン事を思い立ってしまい問い合わせた事が有ります。仕様としては…

・ボディ材質を全てチタン製に変更(ボディのレインボーカラー維持)
・LEDをランク指定での組み込み(bin、tint共に)
・トリチウム管の光色変更(緑→青)
・10本程度制作
と要望を出してみたのですが…



最低生産本数「500本」( ゚Д゚)………

チタンヴァカ撃沈(´・ω・`)


…あ、トリチウム管で思い出したことが有りますので近いうちに愚痴ろうと思います(ノД`)・゜・。
出来れば10440ライトもボチボチ書こうかと。

次回もお願いします(=゚ω゚)ノ

この記事に

開く コメント(8)

お疲れ様です(=゚ω゚)ノ
近距離での配光があまり参考にならない…気がしたので急きょ屋外で撮影してきました。

スマホでの撮影
ISO 3200
他自動

比較機種
McGizmo BB Haiku 300lm
LED : Cree XM-L2 U2 1C
リフレクタ : オレンジピール
バッテリー : Efest IMR 16340

こちらは「ザ・EDCライト」といった配光です
中央の黒いアスファルトの点の辺りを中心に照らしましたが白飛びしていません。
イメージ 1


SURE 3Pルック
LED : OSLON Black Flat
リフレクタ : オレンジピール
バッテリー : AW 16340
こちらは、ちょっとタクティカルな配光で、スポットが白飛びしています。
黒いのも写っていませんΣ(゚Д゚)
本当はスポットの中に更に少し明るい小さなスポットが有るのですがうまく映りませんでした(;'∀')
実際の光色はここまで黄色味は帯びていません。
スピル端も割と綺麗に出ています
イメージ 2

中々良いんではないでしょうか?
少しでも参考になれば幸いでございます(∩´∀`)∩

次回もお願いします(=゚ω゚)ノ

この記事に

開く コメント(8)

お疲れ様です(=゚ω゚)ノ

自分の住んでいる地域は、六月だというのに雨が降らず洗濯日和が続いております( ゚Д゚)
夏に向けて水不足にならないか心配(;´・ω・)

今回は
H2T 雷光壱眼 【OSRAM OSLON Black Flat】です

イメージ 1

所有のライトは中華系の物が圧倒的に多いのですが、キセノン時代のライトはナショナル時代の物しかほぼ分からず、そもそも現在は所有していないので「この際だから6PとかP60バルブはどんなものか試してみよう」と思いつきました。
良い感じの3Pルックを購入し、暫くキセノンで遊んでドロップインモジュールの選定へ。

初期の妄想では…
6P + 新型雷光四眼(XP-L Hi 4発 3500lm!!!!!)を予定していましたが、試すだけには高額だし間欠点灯専用だしそもそも3500lmも要るか?(絶対面白いけど1×XHP70機で十分ではないか)と思い一旦落ち着きーの。

6Pはガワのイガイガ感が足りなかったのでベゼル交換予定でしたが、リムーバーが無いわXENOの欲しいベゼルが売り切れだわ…
単セル運用で落ち着く事にしました(。-_-。)


で、3Pルック=16340単セル運用となると最高電圧と容量が限られるので、実用性を考え「XP系」か「Hi-CRIの演色性重視」か「低出力の三眼か」…うーん、せっかくなら新型のOSLONにしてみよう!!



何だかんだで注文しました 初H2T P60互換モジュール(^^♪
イメージ 3
今回はライトだけではなく電材も扱っている某センターさんでお世話になりました。

見た目
イメージ 2
LED : OSRAM OSLON Black Flat
入力電圧 : 3−12V
出力 : 1500mA
光束 : 400lm
ランタイム : 1.5h(SF123A 2本で??)
※ご注意
このモジュールは3−12Vまで対応していますが、販売店では6V以上を推奨しています。
また、光束はメーカー発表通り400lmと記載しますが、ここでは4.2Vでの使用が前提の為電圧の関係上400lm出ていない可能性もあります。
本来の使い方ではないのでお気を付けください。(でも充分明るい)


背比べと体重測定
イメージ 4
左から
MANKER T01
AW RCR123
P60(キセノン)
OSLON Black Flat
SOLARFORCE XP-L V6(Strong Red Label 4Mode Max 700lm)
P60純正と比べ、プラス側のスプリングが若干長いだけでサイズ感はほぼ一緒です。
ソラフォのモジュールは一回り大きいですね

多くは語りませんが…MANKER T01「も」風防レンズにランヤードの留め具が当たってコーティングに大きな傷が入っているなどアレな個体でした(;'∀')



OSLON Black Flat
イメージ 6

P60
イメージ 5

SOLARFORCE XP-L V6
Max700lm なので放熱性を考えたのか真鍮らしきパーツが使われていて重くなっています。
イメージ 7


エミッタ
イメージ 8
←オスラムさん OSLON Black Flat
→ソラフォさん XM-L
ドームの有無や光源自体の大きさが違うので参考程度ですが、かなり小さいLEDです。
LED自体の位置は合わせてありますが、奥行きが深いように感じます。

配光
光源から約60〜70cm 光色はあてになりませんm(__)m
イメージ 10
←OSLON Black Flat
→SOLARFORCE XP-L V6(Strong Red Label)

リフレクタは若干深め、オレンジピールですが光源がかなり小さいのでスポットは結構ナロー。
一見タクティカル系の配光で使いにくいかと思われましたが、最スポットの外周に一段暗く広めのスポット、更に程良く大き目なスピル。しかもXP-L Hiよりも純白系の光色。
お?使いやすいぞ(゚∀゚)キタコレ!!
400lmと控えめなスペックですが結構な勢いで飛んでいきますw

ランタイムはAW RCR123(750mAh)で、見た目での初期照度を大体35分程維持、そこから5〜10分の間でダラ下がりしていく感じなので、急なシャットダウンが無いです。
ランタイムを延ばし、経済的に使うなら6Pボディ&16650使用で良いかと思います。
因みに、6VのP60を同じAW RCR123 で計測すると、大体45分前後でプロテクト回路が働きスパッ!と落ちるのでご注意ください('ω')ノ

体温測定
イメージ 12
室温24.4℃
AW RCR123 で15分程度連続点灯しても40℃以下で、発熱は抑え気味。

SOLARFORCE L2M
イメージ 9
この中に…


イメージ 11
ちゃんと入ります。モジュールガタ無しバッテリー装填も問題無し。
もちろんスプリング外しも不要。


総評
使用LEDやスペックは「ここ一発」のドッカンターボ的ハイパワータイプでは無く、敢えて「この程度にしといた」比較的大人しいモジュールですが、配光は思ったよりも使いやすく光色も良し、更に「Made in Japan」の安心感のあるいい光源です。
6Pボディは有るけど最近使ってないなぁ…と言う方にお勧め(*‘∀‘)


あとがき
イメージ 13
仕事を終えて自宅に帰り、敷地をTIPで地面を照らしているとこんな方が訪問してらっしゃいました。普段歩く導線上にいたので暗闇だとどうなっていたことやら(;´・ω・)
多分初めて見ますねー、多分「ヒラタクワガタ」かと。

イメージ 14
ヒラタさんに何らかの危害が加えられないよう、そこら辺の木にそっと置いておきました。
逃げるように隠れました(;´Д`)
自分で言うのもなんですが、職場はかなり時間に追われるので…めったに見れないイベントにホッとしました。まだ童心と云う物が自分の中にあったようでセルフ驚愕(゚д゚)!
助けたお礼待ってるぞ|д゚)w(一方的)

次回もお願いします(=゚ω゚)ノ

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事