題名 『相談に、乗ってくれる義父の躰にのっているわたし』

 人妻、明美(二十四歳)は、五十七歳の義父と生活をともにしている。

 わたしが暗い顔をしていると何かと心配してくれる優しい義父です。
「明美さん、困ったことがあったらなんだも相談に乗るから、遠慮せずに」
 主人に不満を持っていることを気付いての言葉です。

 主人と付き合っているころは、一緒に買い物に行くと、必ず荷物を持ってくれる優しい彼でした。
 今では、荷物を抱えているわたしを振り返ることなく、数メートル先を悠々と歩く主人です。

「そろそろ、赤ちゃんが欲しいわ」
「赤ちゃんなんて面倒臭いだけだぞ」
 妊活には、全然興味を示してくれません。しかし夜のこととなると、真逆の態度です。

「ゴムすると感じねぇーんだよな!」
 避妊具を装着しようともせず、膣の中に射精しようとします。

 使用している財布の表面が擦れ、ボーナス時期に財布の買い替えをおねだりしました。

「財布なんて、金が入ればいいんだよ!そんな金があるなら、俺はパチンコがしたいんだようっ!」
 もちろん、財布はわたしが握ってはいるのですけど、勝手には使えません。

 話を聞いてくれない主人が、近頃は毎日のように午前様です。

「あなた、たまには・・・・・・」
「お前は黙って、飯を作って掃除、洗濯をしてりゃいいんんだよ!」
 専業主婦なのでしかたは無いのですが、あまりの言い草に涙していました。

「明美さん、息子が済まないねぇ」
 それから、毎日のように義父に甘え、愚痴を聞いてもらっているわたしです。

 主人に長期出張の話が出たときのことです。
「俺だって男だからな。お前が明美さんを放っておくと、どうなるかわからないぞ」
 義父が、主人の行動を戒めるように言ってくれていました。

「あっ、そう。こんな明美でよかったらいつでもご自由にお使いください」
 肉体関係のことだとわかっていながら、主人は、わたしをまるで道具あつかいするのです。

「明美さん、今日は少し遅くなるから、悪いけど布団を敷いててくれないか?」
 主人が長期出張に出かけ、義父は会社の懇親会で遅くなるそうなのです。

 インスタント・ラーメンに冷凍餃子で、ひとりぽっちの寂しい夕食を済ませ、ぼんやりとテレビを観ていました。

「明美さん、午前様になりそうだから先に眠ってくれないか」
 いつまでも、待っているわたしの性格を心配して、義父は電話をくれたのです。

 十時を過ぎたので入浴を済ませ、風呂から上がると夜着に着替え、早めの布団に入っていました。
 しかし、義父ことがどうしても気がかりになり、布団から抜けだし再び居間で帰りを待っていました。

「あらっ、お義父さんかしら・・・・・・」
 車の止まる音が聞え、しばらくすると玄関に靴音が響き、わたしは出迎えに行きました。

 酔いで、少し顔は赤らめておられましたが、足元はしっかりされていました。

「やっぱり。起きて待っていてくれたのだな。これお土産だ、一緒に食べよう」
 ニコッと、笑われて渡されたのはお寿司でした。
 小腹が空いていたわたしも一緒にお寿司をいただきました。

「お義父さん、お酒を・・・・・・」
「つけてくれるか?悪いねぇ」
 お義父さんから、日本酒の臭いはしなかったので、苦手なビールを飲まれたのでしょう。ビールだとコップ一杯でも顔を赤らめられます。

「明美さんもどうだい?ひと口くらい・・・・・・」
 勧められるがままに、普段は飲まない日本酒を口にしました。

(あっ、しまった!)
 義父に頼まれていた布団を忘れていたのです。

「すいません、ちょっと」
 断り、トイレに行くふりをして床を延べに行きました。
 身体を動かし、布団を敷いたものですから、アルコールの酔いが一気に回り、気が付けば義父の腕に抱かれていました。

「明美さん、今夜から私と一緒に寝てくれないか?一生面倒はみるから」
 熱い、ラブ・コールを送られ、わたしから義父の唇を奪っていたのです。

 毎日のように、優しい言葉をかけ慰めてくれる義父に、心を奪われていたのでしょう。

 わたしから義父に重なっていきました。
 とても、五十七歳には見えない胸板に顔を預ければ、温かい心音がわたしを癒してくれます。

「明美さんのすてきな身体を見せてくれないか」
 義父の手が、パジャマのボタンに掛けられ一個、一個と外されていきます。

(もう少しで、ブラを着けていない乳房が義父に見られるのだわ)
 いやらしい汁が、真っ赤に熟した股間からあふれ、太ももを伝い流れています。

「わたしも、お義父さんのこれが見たい」
 義父の股間に手を伸ばし、ズボンのファスナーをゆっくり下げています。

 主人のものとは比較にならないほど硬くて、まるで鬼の金棒みたいに、ごつごつしています。

「まあ、お義父さんのここ凄いですね!」
「若いころ、悪戯でね・・・・・・」
 包皮に、真珠を埋め込まれているみたいでした。

 取り出した義父の一物に、魅入っているわたしがいました。

「あっ・・・・・・あ〜」
 ボタンの一個も残さずに、脱がされたパジャマからあらわになっている、乳房の上を義父の手が這えば、喘ぎ声を漏らすわたしです。

 義父の手をパジャマのズボンに誘えば、優しく脱がしてくれるのかと思えば、穿いているショーツごと、一気に腰から剥がされました。しかし、その乱暴さが嬉しいものでした。

「明美さん、私は前戯が下手でねぇ」
 言われたけど、前戯の必要がないほどに、わたしのいやらしい生き物はもうぐしょぐしょに濡れています。

「お義父さん、乗ってもいいですか?」
 はしたないわたしは、義父の一物に触れたいがために騎乗位を選択したのですが、これが大間違いだったのです。

 義父のそれは、手を添える必要はまったくなく、天にそそり勃っています。

「あ〜。ああああ〜・・・・・・」
 一物のごつごつが襞をこすって侵入してきます。それに、狭い膣の中で膨張を続けているのです。
 わたしのスケベなところは、義父の太い一物で占領されています。主人のそれは、まるでコショウみたいに細く、どこにあたっているのかさえ、分からないほどの貧弱さでした。

 義父が、腰をリズミカルに突き上げてくるものですから、わたしは動く必要がまったくなく、快感に溺れていればいい交尾でした。

 義父のペニスが、膣から引かれようとしているときなどは、膣ひだも一緒に捲られていく感覚です。

「あ〜・・・・・・あ〜・・・・・・」
 別の言葉が発せられる余裕がわたしにはなく、同じ言葉の連続です。別の言葉が言えたのは、エクスターシーを全身で感じたときだけでした。

「お義父さん・・・・・・わたし、もう・・・・・・」
 それでも容赦なく、義父は下から鬼の金棒を突き上げてきます。わたしはもう快感で気が狂いそうです。
 義父の上で二回ほど逝かされた時でした。

「はっ。はっ・・・・・・はっ・・・・・・」
 息荒く、頂点に昇りつめようとしている義父に言いました。
「お義父さんの子供が欲しい」
 中で射精してくれた精液は、主人のよりもベタベタで粘質性に富んでいました。

「お義父さん相談があるのですが・・・・・・」
 主人が出張から戻ってきても、わたしと義父は愛を温め合っています。

 血液型は主人と一緒なので不倫はバレません。
「明美さん、息子にばれたら、私の嫁になってくれ」
と、言われています。

 おわり

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 最終章 『義母、聖子の妖しい日課』


「お義父さん、食事ですよ」
 食卓に夫と義、息子がそろえば、いつものようにお盆の上に義父の朝食をのせ、義父の部屋に向かう。
「おーい。聖子、いってくるぞ」
「今日は?・・・・・・行ってらっしゃい」
玄関の扉が閉まれば、達也と聖子の時間が始まる。

「聖子さん、もう少しそばに来て食べさせてくれないか?」
「お義父さん、何もしないと約束してくださいよ」
 義父の声を聞くだけで、聖子の熟れているザクロからは果汁があふれ出てきている。

 聖子が口移しで義父に食事を与えれば、遊ばせている手で、達也はこれもいつものように、嫁のワレメを弄っている。
快感に耐えながら、食事を口に運んでくれる、聖子の顔がなんとも言えないくらい、達也は好きなのだ。

「お義父さん、いい加減にしてくださいよ」
 膣内を自由に動き回る達也の指技で、聖子は何回もエクスタシーを感じそうになった。
「もう〜、お、と、う、さん」
 達也も聖子も似たようなもので、ことセックスになると飽きを知らないふたりは、貪欲に性を求める。

「あっ、・・・・・・お義父さん。あはぁーん。・・・・・・は、はやく食べないと冷めますよ」
「そうか冷めたら、不味いからなぁ〜」
 冗談をたたきながらも達也は、膝の上に乗るように聖子に言った。

「お義父さん、冷めるのはご飯ですよ!」
 淫乱さを表面に出し、ワレメで達也の勃起したペニスを咥えながらも、器用に口移しで食事を運んでいる。
「いきます。あー。・・・・・・い、いく〜、・・・・・・いっ」
 流石に逝く瞬間は、聖子でも薄い義父の胸に顔を埋める。

「お義父さん、お腹一杯になりましたか?」
「後から、お茶をくれ」
 聖子は、義父に食事を与えると、ダイニングで後片付けをして、一段落着くと、達也の部屋を再び訪れる。

「聖子さん、パンツを脱いでここに寝てくれないか?」
 達也のお茶は、聖子の溢れる淫汁を飲むことにある。

 夫、信二からは得られない歓びを義父は与えてくれる。
「聖子さん、今日は味が少し薄いけど、昨夜、卓也と寝ただろう」
「ずっる、ずっる」
 達也は、頬をすぼめ茶をすするようにして、女陰から湧き出る聖子の淫汁を吸っている。 
 聖子は、家事の合間を見つけてはと、達也と淫らな遊びに精をだしている。

 夜になれば、亜美が寝静まるのを待ち聖子は卓也の部屋を訪れる。

 聖子は、ふたりから愛される現実に満足を覚えている。卓也と達也の二人は、夫、信二よりも大きな逸物を所持にテクニックにも長けている。

 そして肝心なお金は、自動的に、信二が勤めている会社から指定口座に、振り込まれているのでとりあえず聖子が不自由することは何もない。

「聖子さん、信二とは最近どうかね?」
「お義父さんの前ですけど、信二さんは、もうどうでもいいです!」
 予想できた答えが返ってきた達也は、孫、卓也を含めた三人で頃ゆくまで嫁、聖子を味わえれば満足だった。
「そうだろう、そうだろう・・・・・・」

「お爺ちゃん、元気?」
 久しぶりに亜美が、お茶を持ち祖父の部屋を訪れた。

「小遣いが欲しいのか?」
 孫娘が尋ねてくるのはこれしかないと思った。

「欲しいけど、話しがあるの?」
 話しがあると言いい、訪ねて来たのは今日が初めてだった。いつもは暇つぶしだった。
「お爺ちゃん、大人のお話しをしよう」
「子供が、大人の話しなんか有るか?」
 真剣な面持ちで会話するのが億劫な亜美も、祖父が言うことは分かっていた。

「お爺ちゃん、近頃、聖子さんとエッチしているでしょう?」

「あちっ」
 達也はお茶を倒した。亜美は、慌ててダイニングからフキンを取ってきてテーブルを拭いた。

「だから、大人のお話しだって、言ったでしょう!」
 亜美は、聖子のよがり声が、筒抜けになっているのを教えてくれた。
「お父さんは、高いびきで、分からないでしょうけどね?」
 達也は、声に関しては、ある程度誇張して言っていると、思うけど孫、卓也と亜美ふたりの勘のよさには舌をまいていた。

「持って行きなさい」
 達也は、お金を渡した。
「お爺ちゃん、口止め料なら要らないよ。言うつもりも無ければ、私はどうなっても関係ないからね」
 亜美は、半額だけ貰った。

 終わり

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

七章 『義母の痴態』



 父、信二が遅く帰ってきた夜、ネグリジェ姿の義母、聖子とすれ違いざまに、丸く熟した尻を触りながら卓也はささやいた。
「お義母さん、後で訪ねていくからね。・・・・・・穿かずに待っててね」
「卓也さん、おねがいだから来ないで」
「だったら、お義母さんが僕の部屋にきてよね!」
 それには答えずに寝室に向かった義母だったが、必ずやって来ると卓也には絶対の自信が有った。

 午前零時をとっくに過ぎた未明になって、ネグリジェをまとった義母が卓也の部屋を訪れた。

 ベッドで横になり、義母が来るのをひたすら待ち続けていた卓也は、布団の端を持ち上げた。
「遅かったじゃないか。ほら、見てごらん。待ちくたびれて・・・・・・」
 すぐさま、布団に入ってこようとしない義母に、勃起しているペニスを誇らしげに見せた。
 雄々しく宙に向いている男性器からは、水先案内のスケベ汁が亀頭の先から滲み出てきている。
「卓也さん、抱いてください。・・・・・・、信二さんを忘れられるくらいに・・・・・」
 悲壮感を漂わせた義母の顔に、卓也は彼女なりの覚悟を見た思いがした。おそらく父、信二との決別さえも・・・・・・と。

 布団に入ってきた義母の、しなやかな身体を抱きしめ唇を奪った。ブラジャーをしていない柔らかい乳房が、卓也の胸でつぶれている。

「お義母さんを待ちわびて、僕のココはこんなになっているんだよ」
 義母の細い手を引き股間で熱くしているペニスを触らせた。 
「まっ!熱いわ・・・・・・硬くて大きいペニスだわ」

 義母がまとっている、薄い生地でできた夜着の襟元の紐を外し、明るい照明がつきっぱなしになっている明かりの下に、白い上半身をさらした。

「お義母さんの肌はいつみてもきれいだね。親父がうらやましいよ」
 卓也は、義母の耳元に口を寄せ甘くささやき、何もつけていないだろうと思われる陰毛の奥にある女陰に手を伸ばした。
(やっぱりな・・・・・・。前戯の必要がないくらいに濡らしている)
 約束通り下半身には何も着けていない。

「あっ。ああぁ〜・・・・・・」
 聖子は、卓也の指がワレメの縦筋に触ったか?触らないくらいでも感極まった声を上げている。
 愛撫の必要がないと見た卓也は、義母の太腿をつかみ肩ぐらいの位置まで抱え上げると、ゆっくり勃起しているペニスを女陰に埋めていった。

「あっ!これだわ。私が欲しかったのは、この大きさと硬さだわ・・・・・・」
「親父のよりも大きいだろう?」
「ええ、あなたたちふたりは最高よ・・・・・・」
 義母、聖子は瞼を閉じ、卓也の前屈させている首に腕を回し、より強い密着を図りながら腰をさらに丸くした。

「あっ、あああ〜、きてるわ〜卓也さんの・・・・・・ああ〜、たまらないわー・・・・・・」
 卓也が動かす腰に合わせ、聖子も不自由な腰を必死に動かしている。
「ああああッー、あっ!い、いきそう・・・・・・た、卓也さん・・・・・・」
 卓也は、膣の中をかき回すように、ペニスの亀頭を大人の玩具みたいにクネクネと頭を動くように操った。

「た、卓也さん。わたし、もう・・・・・・いきそうっ」
 高い、肩の位置にある足をピーンと伸ばし、聖子はアクメが近いことを卓也に訴えていた。

 勃起しているペニスが、子宮口のボルチオ付近にあたるように、卓也は奥深く突き刺し、恥骨と陰毛が擦れ合うように腰を回転させた。

「ダメ、だ。ああ〜・・・・・・もう、ダメ。た、卓也さん」
「ダメだよ、まだ。いっちゃだめだよ・・・・」
 勃起しているペニスが、ストロークの勢いで折れそうになるくらいまで、烈しく聖子の腰を突きまくった。

「・・・・・・もうダメっ・・・・・・」
 快楽をむさぼった義母、聖子は男根を締め付けながらアクメを迎えていた。
「お、お義母さん、僕も、僕もイクよ・・・・・・うっ!」
 義母、聖子が頂点に昇りつめても、容赦なく腰を動かし続けていた卓也のペニスにも、放出の時を迎えていた。

 成熟している聖子の膣内に、大量のベトベトしている精液を巻き散らかした。
「ひゃーッ!」
 若くて元気な精子たちが、大量に勢いよく聖子の子宮口を打ち抜き、彼女は一声発すると気を失った。

「お義母さん、もうすぐ朝になるよ」
 気を失いそのまま寝入っていた義母、聖子に声をかけを起こした。

 やがて、台所からみそ汁の香りと一緒に、ダイニングに響いている信二の声を聴き、卓也と達也は、聖子のしたたかさにあきれ、頭がさがる思いだった。

つづく

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

七章 『義母の痴態』


 聖子は、トラクスの中から性器を取り出しそれを手にした。

 そして、義父、達也の手を熱く燃えている股間に導いた。先ほどまで、穿き替えなければならないほどに濡らしていたショーツを、今は脱ぎ着けていない。

 達也の指は、繁みの奥に有るパックリと割れている赤いザクロを目指し妖しく這っている。

 信二への愛情が冷え切ってしまった聖子は、義父との仲が疑われ知られてもよかった。慰めてくれる者が近くにいれば、それは義父の達也だろうと、卓也だろうと誰でもよかった。

「お義父さん、聖子を・・・・・・てください」
 生あたたかい膣穴に沈め遊ばせていた指を、達也は一旦抜いた。

 べとべとしたいやらしい粘液が、雫みたいにしたたり落ちている指を聖子に見せた。
「聖子さん、指がこんなになるほど、濡らしてからに、それほどまでにしたいのか?」
「はい。・・・・・・。お義父さんの熱いあれが欲しい、すごく欲しいのです」

 達也は、左手でラビアの扉を左右に開くと、右手の人差し指をまず一本、真っ赤なヴァギナに埋めていった。

「あ〜、来ているわ。お義父さんの指が、わたしのスケベなあそこに・・・・・・」
 指を執拗に出し入れしている達也は、新たな手段に出た。人差し指に加え中指までも埋没させていった。

「どうじゃ聖子さん、さっきより気持ちいいじゃろう?」
 中指と人差し指の二本で、ヴァギナを泳がせれば、聖子は気が狂ったように、頭を左右に激しく振っている。自慢の黒髪が乱れ、一筋、二筋と唇に張りついている姿を、達也は面白そうに眺めている。

「お義父さん、逝かしてください・・・・・・」
「逝きなさい。いつでも、聖子さんの好きなときに逝きなさい」
 達也は指先で膣ひだを休むことなく、かきむしるように動かし続けた。

「だめです。お義父さんわたしもう、あ、あ、あー。もうだめです」
「ほら、ほら。もっと感じ、もっと乱れなさい」
「あ〜・・・・・・あ〜・・・・・」
 休むことなく指で聖子を苛めた。ヴァギナから滴る本気汁は、指とのわずかな膣口の隙間から出てきて、肛門の方へと伝っている。

「お義父さん・・・・・・もう。ダメっ」
 聖子は、気が狂うなるほどのオーガズムを女芯に感じ、果てたのだった。
「今度はわたしの番ですね」
 聖子は、着ている夜着を畳の上に脱ぎ捨てると、素っ裸になり達也に被さった。

「お義父さん、いいですね?・・・・・・」
 聖子は達也に跨り、腰を浮かし気味になり完全には勃起していない、逸物に手を添えヴァギナに収めた。濡れそぼっているヴァギナに男性器を実感できれば、それでよかった。

「あっ、あ〜、あはーん。あ〜、あっ」
 腰を丸くローリングさせながら、両手で乳房を揉み痴態の限りを尽くしている。下から見上げている達也も、聖子が、激しく求める情欲に興奮を覚え、熱い高まりを股間に感じていた。

「聖子さん、逝きそうだよ。あ〜あああああ、・・・・・・うっ」
「お義父さん、逝きますよ。・・・・・・気持ちいいわ〜。あ、あ〜」
 人の気配を気にすることなく聖子は声を上げ烈情を叫んだ。

 義父、達也の胸に抱かれ、乱れていた呼吸を整えれば、信二から得られる以上の、性的幸福感に浸られる聖子だった。
「お義父さん、また・・・・・・お願いしますね」
 何事もなかったような顔をして、聖子は、信二が眠っている寝室に帰って行った。

 聖子が部屋に戻ると、高いびきで寝ている信二を見ながら、貞操帯に近いほどに下半身をガードし、横になった。

「信二さん、朝ですよ!起きてください!」
 以前のような、甘えた起こし方はせずに、義務的に夫の呼び方も(あなた)から(信二さん)に替えた。

 信二が、起きると聖子は、義父の部屋に行った。

 聖子は、丁寧に両手を座っている畳に揃え頭を下げた。
「昨夜は、ありがとうございました。おかげでゆっくり眠る事が出来ました」
 達也は、聖子が見せる態度の豹変に尻が痒くなった。

「お義父さん、朝食はどう致しましょうか?」
「後で、頂くよ」
「いつでも、声を掛けてくださいね」
 こんなふたりの様子を、通路から黙って見ていた卓也も、義母が示す祖父に対する低姿勢に、ふたりの抜き差しならぬ関係を知らされた。

 食事を済ませた信二が、出勤のため玄関に向かっても、知らぬ顔で、聖子はダイニングで食器の洗浄をしている。

 祖父の部屋を訪れた卓也は、ベッドのわきに腰を下ろした。
「お爺ちゃん、聖子さんは美味しかった?」
「聖子さんの淫乱さには恐れ入ったよ」

「今夜は、僕が義母を・・・・・・から我慢してよ」
 卓也は、洗面器とタオルを取りに浴室に行った。

「お爺ちゃん、身体を拭くのは負かしてよ」
 母の看病で、身体を拭くことには慣れている卓也は、要領よく祖父の身体を拭いた。

「卓也は、巧いなぁ〜、ありがとうよ」
「下の世話は出来ないけど、上の世話だけは僕に任せてよ」

 つづく

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

高給取り

 官民ファンドの産業革新投資機構(JIC)の高額報酬を経済産業省が認めず対立している問題で、世耕弘成経産相は4日、自らの監督責任を問い、大臣給与を1カ月自主返納すると発表した。また、事務的な手続きに不手際があったとして、事務方トップの嶋田隆事務次官を厳重注意処分にし、嶋田次官も給与を1カ月(30%)自主返納する。


 このニュース読んだ?

 嶋田次官は給与 一か月分(30%)を自主返納だって 庶民が30%も自主返納したら明日からどうやって生活するか?もしくは路頭に迷わなければいけないよね。

 次官って、それでも生活できるほどの高い給与もらっているの・・・・・・

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事