全体表示

[ リスト ]

七章 『義母の痴態』



 父、信二が遅く帰ってきた夜、ネグリジェ姿の義母、聖子とすれ違いざまに、丸く熟した尻を触りながら卓也はささやいた。
「お義母さん、後で訪ねていくからね。・・・・・・穿かずに待っててね」
「卓也さん、おねがいだから来ないで」
「だったら、お義母さんが僕の部屋にきてよね!」
 それには答えずに寝室に向かった義母だったが、必ずやって来ると卓也には絶対の自信が有った。

 午前零時をとっくに過ぎた未明になって、ネグリジェをまとった義母が卓也の部屋を訪れた。

 ベッドで横になり、義母が来るのをひたすら待ち続けていた卓也は、布団の端を持ち上げた。
「遅かったじゃないか。ほら、見てごらん。待ちくたびれて・・・・・・」
 すぐさま、布団に入ってこようとしない義母に、勃起しているペニスを誇らしげに見せた。
 雄々しく宙に向いている男性器からは、水先案内のスケベ汁が亀頭の先から滲み出てきている。
「卓也さん、抱いてください。・・・・・・、信二さんを忘れられるくらいに・・・・・」
 悲壮感を漂わせた義母の顔に、卓也は彼女なりの覚悟を見た思いがした。おそらく父、信二との決別さえも・・・・・・と。

 布団に入ってきた義母の、しなやかな身体を抱きしめ唇を奪った。ブラジャーをしていない柔らかい乳房が、卓也の胸でつぶれている。

「お義母さんを待ちわびて、僕のココはこんなになっているんだよ」
 義母の細い手を引き股間で熱くしているペニスを触らせた。 
「まっ!熱いわ・・・・・・硬くて大きいペニスだわ」

 義母がまとっている、薄い生地でできた夜着の襟元の紐を外し、明るい照明がつきっぱなしになっている明かりの下に、白い上半身をさらした。

「お義母さんの肌はいつみてもきれいだね。親父がうらやましいよ」
 卓也は、義母の耳元に口を寄せ甘くささやき、何もつけていないだろうと思われる陰毛の奥にある女陰に手を伸ばした。
(やっぱりな・・・・・・。前戯の必要がないくらいに濡らしている)
 約束通り下半身には何も着けていない。

「あっ。ああぁ〜・・・・・・」
 聖子は、卓也の指がワレメの縦筋に触ったか?触らないくらいでも感極まった声を上げている。
 愛撫の必要がないと見た卓也は、義母の太腿をつかみ肩ぐらいの位置まで抱え上げると、ゆっくり勃起しているペニスを女陰に埋めていった。

「あっ!これだわ。私が欲しかったのは、この大きさと硬さだわ・・・・・・」
「親父のよりも大きいだろう?」
「ええ、あなたたちふたりは最高よ・・・・・・」
 義母、聖子は瞼を閉じ、卓也の前屈させている首に腕を回し、より強い密着を図りながら腰をさらに丸くした。

「あっ、あああ〜、きてるわ〜卓也さんの・・・・・・ああ〜、たまらないわー・・・・・・」
 卓也が動かす腰に合わせ、聖子も不自由な腰を必死に動かしている。
「ああああッー、あっ!い、いきそう・・・・・・た、卓也さん・・・・・・」
 卓也は、膣の中をかき回すように、ペニスの亀頭を大人の玩具みたいにクネクネと頭を動くように操った。

「た、卓也さん。わたし、もう・・・・・・いきそうっ」
 高い、肩の位置にある足をピーンと伸ばし、聖子はアクメが近いことを卓也に訴えていた。

 勃起しているペニスが、子宮口のボルチオ付近にあたるように、卓也は奥深く突き刺し、恥骨と陰毛が擦れ合うように腰を回転させた。

「ダメ、だ。ああ〜・・・・・・もう、ダメ。た、卓也さん」
「ダメだよ、まだ。いっちゃだめだよ・・・・」
 勃起しているペニスが、ストロークの勢いで折れそうになるくらいまで、烈しく聖子の腰を突きまくった。

「・・・・・・もうダメっ・・・・・・」
 快楽をむさぼった義母、聖子は男根を締め付けながらアクメを迎えていた。
「お、お義母さん、僕も、僕もイクよ・・・・・・うっ!」
 義母、聖子が頂点に昇りつめても、容赦なく腰を動かし続けていた卓也のペニスにも、放出の時を迎えていた。

 成熟している聖子の膣内に、大量のベトベトしている精液を巻き散らかした。
「ひゃーッ!」
 若くて元気な精子たちが、大量に勢いよく聖子の子宮口を打ち抜き、彼女は一声発すると気を失った。

「お義母さん、もうすぐ朝になるよ」
 気を失いそのまま寝入っていた義母、聖子に声をかけを起こした。

 やがて、台所からみそ汁の香りと一緒に、ダイニングに響いている信二の声を聴き、卓也と達也は、聖子のしたたかさにあきれ、頭がさがる思いだった。

つづく

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事