全体表示

[ リスト ]

 最終章 『義母、聖子の妖しい日課』


「お義父さん、食事ですよ」
 食卓に夫と義、息子がそろえば、いつものようにお盆の上に義父の朝食をのせ、義父の部屋に向かう。
「おーい。聖子、いってくるぞ」
「今日は?・・・・・・行ってらっしゃい」
玄関の扉が閉まれば、達也と聖子の時間が始まる。

「聖子さん、もう少しそばに来て食べさせてくれないか?」
「お義父さん、何もしないと約束してくださいよ」
 義父の声を聞くだけで、聖子の熟れているザクロからは果汁があふれ出てきている。

 聖子が口移しで義父に食事を与えれば、遊ばせている手で、達也はこれもいつものように、嫁のワレメを弄っている。
快感に耐えながら、食事を口に運んでくれる、聖子の顔がなんとも言えないくらい、達也は好きなのだ。

「お義父さん、いい加減にしてくださいよ」
 膣内を自由に動き回る達也の指技で、聖子は何回もエクスタシーを感じそうになった。
「もう〜、お、と、う、さん」
 達也も聖子も似たようなもので、ことセックスになると飽きを知らないふたりは、貪欲に性を求める。

「あっ、・・・・・・お義父さん。あはぁーん。・・・・・・は、はやく食べないと冷めますよ」
「そうか冷めたら、不味いからなぁ〜」
 冗談をたたきながらも達也は、膝の上に乗るように聖子に言った。

「お義父さん、冷めるのはご飯ですよ!」
 淫乱さを表面に出し、ワレメで達也の勃起したペニスを咥えながらも、器用に口移しで食事を運んでいる。
「いきます。あー。・・・・・・い、いく〜、・・・・・・いっ」
 流石に逝く瞬間は、聖子でも薄い義父の胸に顔を埋める。

「お義父さん、お腹一杯になりましたか?」
「後から、お茶をくれ」
 聖子は、義父に食事を与えると、ダイニングで後片付けをして、一段落着くと、達也の部屋を再び訪れる。

「聖子さん、パンツを脱いでここに寝てくれないか?」
 達也のお茶は、聖子の溢れる淫汁を飲むことにある。

 夫、信二からは得られない歓びを義父は与えてくれる。
「聖子さん、今日は味が少し薄いけど、昨夜、卓也と寝ただろう」
「ずっる、ずっる」
 達也は、頬をすぼめ茶をすするようにして、女陰から湧き出る聖子の淫汁を吸っている。 
 聖子は、家事の合間を見つけてはと、達也と淫らな遊びに精をだしている。

 夜になれば、亜美が寝静まるのを待ち聖子は卓也の部屋を訪れる。

 聖子は、ふたりから愛される現実に満足を覚えている。卓也と達也の二人は、夫、信二よりも大きな逸物を所持にテクニックにも長けている。

 そして肝心なお金は、自動的に、信二が勤めている会社から指定口座に、振り込まれているのでとりあえず聖子が不自由することは何もない。

「聖子さん、信二とは最近どうかね?」
「お義父さんの前ですけど、信二さんは、もうどうでもいいです!」
 予想できた答えが返ってきた達也は、孫、卓也を含めた三人で頃ゆくまで嫁、聖子を味わえれば満足だった。
「そうだろう、そうだろう・・・・・・」

「お爺ちゃん、元気?」
 久しぶりに亜美が、お茶を持ち祖父の部屋を訪れた。

「小遣いが欲しいのか?」
 孫娘が尋ねてくるのはこれしかないと思った。

「欲しいけど、話しがあるの?」
 話しがあると言いい、訪ねて来たのは今日が初めてだった。いつもは暇つぶしだった。
「お爺ちゃん、大人のお話しをしよう」
「子供が、大人の話しなんか有るか?」
 真剣な面持ちで会話するのが億劫な亜美も、祖父が言うことは分かっていた。

「お爺ちゃん、近頃、聖子さんとエッチしているでしょう?」

「あちっ」
 達也はお茶を倒した。亜美は、慌ててダイニングからフキンを取ってきてテーブルを拭いた。

「だから、大人のお話しだって、言ったでしょう!」
 亜美は、聖子のよがり声が、筒抜けになっているのを教えてくれた。
「お父さんは、高いびきで、分からないでしょうけどね?」
 達也は、声に関しては、ある程度誇張して言っていると、思うけど孫、卓也と亜美ふたりの勘のよさには舌をまいていた。

「持って行きなさい」
 達也は、お金を渡した。
「お爺ちゃん、口止め料なら要らないよ。言うつもりも無ければ、私はどうなっても関係ないからね」
 亜美は、半額だけ貰った。

 終わり

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事