フロム・ロンドン

日本に帰国しました。溜まってたネタを少しずつ放出していきます〜。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全171ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

だだだ、だいぶご無沙汰となってしまいました〜・・・
はい、ついにワタクシ、ロンドンより日本に舞い戻ってきてしまいました。
いまだに時差ボケと格闘中ですが、なんとかやっておりまする。

少しずつですが、日本に帰る前の活動報告やら、ヨーロッパ勝手にランキングやら、
書きたいこと、残しておきたいことをつらつらと書いてゆきますので、
もう少しお付き合いいただければなーと思います。



さて、3月末から4月頭のイースターの時期に行ってきたのが、
フランス、ベルギー、ドイツに囲まれた小さな国ルクセンブルグ
事前知識ほぼゼロでしたが果たしてどんなところでしたでしょうか?


ロンドンから飛行機で片道わずか1時間ちょっと。
空港から市内までもバスで30分かからないぐらいで近かったです。

街中に高台と低地を併せ持つ"独特な地形"

内陸の小国であるルクセンブルグ、どんなところかさっぱり知りませんでしたが、
行ってみるととても面白い地形をしていることがわかりました。

ホテル目の前からの風景です。
イメージ 1

いきなり絶景!

とても街中とは思えませんが、
市街地は高台にあり、すぐ横に低地があるんですね。
左のほうに見えるのがアドルフ橋で絶景です。

真ん中には城のようなものも見えますな。
イメージ 2

ちょっと近くまで行ってみましたが、どうやらシャトーホテルみたいでした。
雰囲気ありますねー。

橋の近くにはよく見かける両手万歳の金の像や、
イメージ 3


尖がりが目立つノートルダム大聖堂があります。
イメージ 4

いかにもヨーロッパっぽい感じですねー。

旧市街のほうには王宮もあります。
イメージ 5

ルクセンブルグは確か「公国」だったかと。
(王国と公国の違いはよく知りませんが、、、)
英国のようにロイヤルファミリーが存在するみたいなんですよね。


こんな高台からの景色が最高なわけですが、
下からの景色がどんな感じなのかも気になるところ。

というわけで下に降りてみました。
下から見たアドルフ橋です。
イメージ 6

細いですが一応川が流れていて、周りは遊歩道と公園になってました。
人工的ではありましたが大自然に囲まれてましたねー。

アドルフ橋ではないですが、別の橋です。
イメージ 7

このド迫力!
人の大きさを比較してみればこの橋がいかに高さがあるかがわかります。

奥に進んでいくと川が少し大きくなり、こんな景色も。
イメージ 8

なんかこう坂のある風景って立体的で良いですよねー。

別の尖がり教会も絶好調です。
イメージ 9


この辺りは昔の砲台が残っているエリアで、
上から見た景色がもう最高なわけです。
イメージ 10

あぁこの奥行き感と尖がりと曲がりくねった川のバランス
見事すぎて溜め息出ました。笑

逆サイドも中世の城壁や奥に水道橋のような橋もあって見事です。
イメージ 11


ちなみに砲台の1つにこんなのが残ってました。
イメージ 12

なんの変哲もない、ちょっと先が欠けたような砲台が残っていたのですが、
「虫歯」という名前が付けられてました・・・
確かに虫歯はこんな感じかもしれませんが、かなり末期ですかね。笑


イースター

ちょうどイースターということで、
市場ではイースターエッグにまつわるものを売ってました。
イメージ 13


エッグを使ったリースなんかもあってイースターを祝ってました。
イメージ 14


ちなみに広場では人相の悪そうなウサギの着ぐるみが。
イメージ 15

ウサギはイースターエッグを隠すそうで、ウサギも関係してるんですな。
にしても悪そうな顔してましたな。笑


ヴィレロイの国

あとルクセンブルグといえば、食器好きにはこのお店が。
イメージ 16

「Villeroy & Boch」はルクセンブルグなんですねー。
ここのアウトレットに行ってきました。

店内です。
イメージ 17

実は撮っちゃいけなかったらしいんですが隠し撮り・・・
かのWedgwoodの工場アウトレットに似たような感じでしたね。

アウトレット価格ではありましたがそこまで激安、とは行きませんでしたね。
イメージ 18


ちなみに街中からバスで簡単に行けました。
そして名前がバス停にもなっていたので下車も簡単でしたね。
イメージ 19



主にフレンチ

最後にグルメ。
フランス語圏なのでフレンチが主流でした。
最初に食ったのがドッカーンとステーキ
イメージ 20

ちゃんとタレ付いてたので良かったです。
それにしてもごっつい量でした。

あと最高だったのがこれ。
イメージ 21

まぁ似たような感じですが、
やっぱりフレンチはタレが美味い!
イモもなかなかでした。


連休の直前に行くことを決め、
失礼ながらあまり期待はしていなかったルクセンブルグでしたが、
あの独特な地形と絶景には目を奪われてしまいましたねー。

1泊2日でも十分回れる広さですし、
メシも美味いのでなかなかオススメです!
イメージ 22

明るみの世界よ、こんにちは。笑
ついに暗黒時代に別れを告げ、ロンドンはサマータイムが開始しました〜。


と、2013年版も何とか越すことができましたかねー。
今回が最後になりそうなんですが、実は今回はちょうどイースター週間と重なったんです。
それもあって連休中だったのでちょっと大陸のほうに行ってまして、
すでに1時間時差が違う中、さらに1時間前倒しとなりました。笑
(サマータイムは夜中2時になったら時計を1時間先に進めます。)


にしても今年の冬は過去最も厳しかったと思います。
クリスマスから年始の時期を除けばほぼずっと真冬のような気候。。。
明日から4月だというのにいまだに最高気温は5,6度とか。

ちなみにこれは先週の土曜日です。
イメージ 1

大雪やんけ!

もうホントにどうしちゃったんでしょうという感じですよ・・・
日本はちょうど桜が咲き乱れてている頃だというのに。涙

去年の今頃はというと、なんとすでに17,8度あったんだとか・・・信じられん。
何なんだ今年は一体!!
本帰国する前にもう一度日の長い暖かなロンドンで過ごしたかったのになぁ。涙
そうだ、きっと空がワタシの帰国を悲しんでるんですな。笑
それでもようやく日は長くなってきました。



そんなまだまだ真冬のロンドンなんですが、今日はイースター週間。
かなり前になるのですが、Covent Gardenに行った時にイースター展?やってました。
イメージ 2

ぬぉ、卵だらけだ!笑
いろんな絵柄の卵が並んでました。

ちゃんと見てこなかったのですが、どうやらいろんなアーティストが描いたみたいですね。
イメージ 3

少しだけ紹介。
地球儀もどきの卵。
イメージ 4

かなりデフォルメされてまして、日本はというと。。。何ですかこの靴下みたいな形。笑

機関車トーマスの卵。
イメージ 5

ちゃんとトービーとかヘリのハロルドとかもいる!

キリストの復活を現す卵たち。
その卵を隠すというのがウサギで、これもまたイースターのシンボルの1つですな。
イメージ 6

あ、思い出した、Produced by Lindtだったような。
「Lindt」って美味しいチョコですね。
イースターエッグチョコがあれやこれや売り出されるんですよねー。


ちなみにCovent Gardenではいつも通りこんなパフォーマンスも。
イメージ 7

この小楽団、いつもやってるんですがけっこう好きです。
ノリノリの曲やる時はこうしてちょっとしたダンスしながら盛り上げてくれるんですよね。
イメージ 8




それにしても早く春来ないかなぁ・・・
せっかくのサマータイム、とにかく春が待ち遠しいロンドンでした。

丸6年、ついに。

2007年5月にロンドンに赴任してからもうすぐ丸6年。
ついに日本に帰任することになりました。
イメージ 1




もともと3年ぐらいと言われ、2010年のワールドカップにはいられないのか、
と思っていたところに奇跡の残留となりビザ更新。

ところがビザ更新はだったので2012年夏のロンドンオリンピックにはいられないのか、
と思っていたところに奇跡の残留パート2となり再びビザ更新

去年はダイアモンドジュビリーEURO2012、そしてロンドンオリンピックと、
イギリスのイベント盛りだくさんだったなぁ。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4




そんな貴重な体験はまだ続くと思って油断してたのか、
実は今年に入って3月頃には、という話をいただいておりました。
信じたくもなかったのでできる限り忘れ去っていたのですが、
先日ついに辞令をいただき、東京に戻ることになりました。

本帰国は4月の上旬or中旬頃になりそうです。
3月に入り本格的に引継ぎの準備や実際の引継ぎ作業に追われて全然時間がありません・・・
なんせ6年分、あれやこれや残していかねばいけないものがわんさかあります。

身の回りも少しずつやっていかないといけません。
日本には持ち家がないので家を探さないといかず、これは絶対に必要ですからね。
他にも引っ越しだけでなく、役所関係もあるでしょう。
ロンドンを離れることで引っ越しだけでなく役所関係もあるでしょうし、
電気/ガス/水道などの契約、車の処遇など、
もう一体何から手をつければよいのかわからない状態。

できれば帰任するという事実から目を背けていたい・・・



6年ぶりの日本、東京。。。いやぁ、どうなんでしょう?
ちゃんとやってける自信が全くありません。爆
まだまだ冬のロンドンと違ってすでに春の東京ですが、
花粉症、酷暑、通勤ラッシュ、蚊、、、今から戦々恐々としております。



いつかは来てしまうと分かってはいたものの、ロンドンを離れることは寂しい限りで、
もう帰任まで1ヶ月を切ってきてしてまいました。
それでも6年間、かげがえのない経験をさせていただき感謝の気持ちでいっぱいです。
最後まで業務を全うし、そして思う存分満喫したいと思います。

さ、今日はロンドンバスケの送別試合。
6年間の感謝をこめて思いっきり試合を楽しんできます!
東京は週末25度ぉ?
まだ3月ですよね・・・

ロンドンはなんとまた真冬に逆戻りしてしまいました・・・
今日は3度ぐらい、明日は最高1度、雪も降るそうです。。。春が遠い・・・



「3月11日」



ちょうど2年前、日本を襲った東北大震災。
ワタシはロンドンで日本の惨状を目の当たりにしました。
多数の犠牲者を出し、今でもその傷跡が残っています。


ですよね。
おそらく。


この大震災があってから日本には一度しか帰ったことがなく、
被災地には恥ずかしながら一度も足を運んだことがなく。


ちょっと話はズレますが、そんな中、WBC日本代表の快進撃、いいですね〜。
台湾とのシビれるような延長戦を制し、オランダ代表には打線爆発の圧勝!
こんなニュースは日本中を元気にしてくれますよね。
2年前のなでしこJAPANのように。


今日、買い物に行ったところ、こんなポスターがスーパーに。
イメージ 1

3月15日は「RED NOSE DAY」だそうです。
詳しくは知らないんですが、なんかのチャリティですね。
「赤い羽根共同募金」みたいなもんか?

いや、決定的に違うのは募金形式じゃなくてプロダクトにしているところかな。
イメージ 2

こうしてスーパーの店内でもコーナーを作って、
RED NOSE DAY用のグッズを売り出してるんですね。

これはまさに赤い鼻をつけましょうのグッズ。
イメージ 3

サンタの格好とかハロウィーンとか、こっちの人たちは平気ですからねー。
こんな鼻つけて外歩くのぐらいワケないでしょうねー。

こちらはマグカップ。
イメージ 4

CUPPCCINOにNOSEをかけててシャレてますな。
そして実際にこのマグを使って飲むとちょうど鼻の辺りに赤い丸鼻が来るという仕組み。



こういうグッズでチャリティ活動って上手いと思うんですよね。
日本ではまだまだこういうチャリティ活動後進国と思います。
せっかくアニメ・マンガのキャラクターグッズで世界No.1なんだから、
こういうグッズで支援活動とか、いかがでしょう?

そしてもちろん、これからも風化させることなく、
国民全体で日本を盛り上げていかないといけませんね。


Pray For Japan
イメージ 5

ダメだぁ〜、ブログ書いてる時間がなーい!

はい、生活ちゃんとしてます、しかし忙殺されております・・・
ロンドンはずっと寒いなぁ、、、
でも今日あたりから日中は6度〜8度ぐらいまで上がるらしく、ようやく春の兆しが。


そんなずっと寒いロンドンですが、ちょっと前にあのCD販売チェーン店大手のHMVが倒産という、
耳を疑うようなニュースがありました。
あのHMVが倒産だなんて、、、えらい世の中になったもんだ、と。

まぁでも日本でもCD売上なんてミリオンセラーを達成するアルバムがほぼ皆無らしいですね。
90年代後半に軒並みミリオンセラーだった時代が懐かしいです。
ワタシがロンドンに来た2007年の頃はどうだったですかね・・・
もう覚えてませんが、いかにCD販売からネット配信に時代が移行してきたか、でしょう。

ワタシ自身はCD買うの好きなんですけどねー。
やっぱり「アルバムっていう概念」が好きです。



とか言ってましたが、ロンドンにあるHMVもいよいよ閉店セールとなってしまっていました。
イメージ 1

Oxford CircusやPiccadilly Circusにある店、よく行ってたんですけどねぇ。

中に入っても「STORE CLOSING!」があちこちに。
イメージ 2

なんだか寂しいなぁ。。。

でもまだ新譜も出たりしてるんですよ。
こないだ観た「Les Miserables」の映画のサントラとか。
イメージ 3

そりゃーもう、買いですよ、買い。
てか、実はこれ買いに来たら閉店セールやってた、というのが正しいんですけどね。

閉店セールなだけあって基本的に25%引きなんですね。
イメージ 4

そもそも安いと思うんですよ。
レミゼの新譜だって普通に£10で買えるわけですから。
さすがに新譜は割引対象外でしたが、普通に25%引きはかなりオイシイ。

そんなこともあって別の日に来たらやっぱりかなりの大混雑。
イメージ 5

悲しいかな、閉店セールになったらこんなに賑わうんですね・・・

基本25%引きではあるものの、ものによっては相当な投げ売り状態
あのシルヴェスター・スタローンの"ロッキー"シリーズ全6作セットがたったの10ポンド
イメージ 6

元々50ポンドだったのが今なら10ポンドということで、
これもロンドン土産じゃ、と思って買ってしまった。笑
字幕はついてないけどあとでじっくり観て楽しもう、うん。
なんせロッキーは青春の映画の一つなもんで。笑



というわけであれからも何回か行っちゃあちょこちょこ買ったりしてます。
いつまで閉店セールやるんだろう。。。在庫なくなるまで?
今なら欲しかったCDやDVDが格安ですよ〜。
イメージ 7

全171ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事