『弁護士と闘う!』の日本弁護士被害者連絡会という団体研究のまとめ

所在地不詳・実態が謎な市民団体 ニチベンピ連(弁護士自治を考える会に改称)

全体表示

[ リスト ]

私のブログはここ一週間だけで、なぜかアクセス数が劇的に増えました。

コメント欄の方から『こんなブログがつくられてるみたいだよ』と、ご紹介をいただきました。



「弁護士自治を考える会 弁護士と闘う」ウオッチ


という監視サイトです。

ホームページをご紹介します。

http://blogs.yahoo.co.jp/taxinspections





弁護士自治を考える会という団体が日本弁護士被害者連絡会の組織改変という形で生まれたようです。

前身の日本弁護士被害者連絡会は、

所在地不詳。
連絡先不詳。
代表者の素性も不詳
組織実態ももちろん不詳。


代表者がひっそりと辞任して後任が誰かもわからないうちに、元代表者が謹慎したかと思うと団体は解散。
しかも、その事実も解散から2週間以上も経過した後に唐突に公表。

もう訳がわかりません。


(監視サイトが立ち上がるということは、
こんな立ち振舞いをする団体の、いったいどこに公益性があるのかと疑問に感じる方が少なくないということなのでしょう。)


そしてそんな団体を母体として「生まれ変わった」のが弁護士自治を考える会。


『「弁護士自治を考える会 弁護士と闘う」ウオッチ』様には、ぜひとも頑張っていただきたいです。


どこかのブログのように特定の団体や人物に異様な程の肩入れすることなく、どこかのブログのように決して誹謗中傷はせず、
事実だけを淡々と掲載するブログになることを期待します。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事