ヲモカゲ一座 奇奇怪怪(´ι _` )

ヲモカゲ一座 あやしの日々を覗いてたもれ
京都妖怪博覧会に出展される作家さん達を
日替わりで50音順に紹介する妖怪博覧会列伝(´ι _`;)…

と申してまいりましたが
参加作家さんのプロフィールや作品画像が手元に揃いません。
待っておりますと会期までに全員をご紹介できなくなる恐れがありますので
50音順とは掲載順序が前後してしまいますがご了承ください。

第6弾は「猫作家」として猫の仮面や擬人化した猫の像を製作しておられる

小口淳子 さん

イメージ 1


小口淳子  こぐちじゅんこ   猫作家   

埼玉県在住
辰年・乙女座
趣味*隙間時間を使った読書
   神社仏閣で他人様の絵馬を読むこと

活動履歴

2006年からデザインフェスタに作品を発表。
以降、年2回デザインフェスタに参加。

2008年 1月
横浜・ギャラリー元町 弟との二人展「ねこ面とネコども〜天下布猫〜ねこづらとねこども てんかふにゃん」を皮切りに

千駄木・フリュウギャラリー「萬猫展」
銀座ミレージャギャラリー「CATScats展」
大阪10W Gallery「猫ふんじゃったなギャラリー」を中心に活動。

2010年・2011年  4月 北鎌倉古陶美術館(現:北鎌倉古民家ミュージアム) 「第一回猫展」「第二回猫展」に参加
2012年  7月 東京国際ブックフェア 「クリエーターズファクトリー」参加
2013年 2月 (株)マイルストンとのコラボ企画として 「猫の造形シリーズ」のスリーブ×4種が発売
…現在に至る


*猫の持つ、神々しさや禍々しさを表現する事を目指しています。
少しでも楽しんでいただけたら幸いです。

いかがでしたか?

明日のご紹介は「鈴木 旬」さんです(´ι _`;)
お楽しみに。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

京都妖怪博覧会に出展される作家さん達を
日替わりで50音順に紹介する妖怪博覧会列伝(´ι _`;)

第5弾はボックスアートなどで迫力のある怪獣やメカニック、キャラクターを描いておられる

開田裕治 さん


イメージ 1


「ギガラ来襲」

開田裕治プロフィール
1953年兵庫県生まれ。京都市立芸術大学卒業後、上京してイラストレーターとして独立。
怪獣やロボット等のキャラクターイラストを中心に、雑誌、単行本、プラモデル、音楽ソフトの表紙やパッケージ等をはじめ、ポスターやカードゲームなど、多数のイラスト作品を手がける。
幼少期に怪獣映画の黄金期を通過し、学生時代には同好の士と集って特撮怪獣映画の同人誌を発行。上京後プロのイラストレーターになって以降ファン活動からは身を引いていたが、平成ガメラシリーズとの衝撃的な出会いで怪獣熱が沸騰し、同人誌「ガメラが来た」を創刊。現在も「特撮が来た」と誌名を改めて、年二回の編集発行を継続している。
HP開田無法地帯 http://home.att.ne.jp/green/kaida/

主な展覧会
96年 近鉄上本町、渋谷東急東横、筑波西武にて「怪獣画廊」展開催。
97年 ギャラリーgofaにて「ファンタスティックアート・開田裕治展」開催。
97年 川崎市民ミュージアムにて「開田裕治の世界」展、開催。
04年 神戸ファッション美術館にて「Gの原点と進化」展開催。
07年 金沢21世紀美術館デザインギャラリーにて「開田裕治展 怪獣と20世紀の夢 21世紀につなぐ幻想とロマンの系譜」開催。
11年 渋谷パルコ・ロゴスギャラリーにて「ウルトラQリターンズ 怪獣絵師・開田裕治とTOYの世界」「開田裕治とウルトラの世界展」開催。同展は全国各地のパルコ、ロフトにて巡回中。
11年 東京都美術館にてグループ展「群龍割拠 猫とドラゴン展」開催。

いかがでしたか?

明日のご紹介は「楓利雄」さんです(´ι _`;)
お楽しみに。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

京都妖怪博覧会に出展される作家さん達を
日替わりで50音順に紹介する妖怪博覧会列伝(´ι _`;)

第3弾は書籍イラストなどで勇壮にして妖艶な
日本のキャラクターを描いておられる

オダナヲコ さん

イメージ 1

オダナヲコ イラストレーター

大阪育ち、千葉在住。
主に和風の人物、動物、妖怪などのイラストを制作。

【書籍イラスト】
 「+−÷×四則演算でつくるキャラクター(マール社)」
 「図説雑学 日本の妖怪(ナツメ社)」…他

【展示】
 2013年4月 Japanese Beauty展(グループ展)
 2012年11月 オダナヲコ×亀井潤 二人展 〜あわいの刻〜…他

いかがでしたか?

明日のご紹介は「開田裕二」さんです(´ι _`;)
お楽しみに。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

京都妖怪博覧会に出展される作家さん達を
日替わりで50音順に紹介する妖怪博覧会列伝(´ι _`;)

第3弾は書籍の表紙や挿画などでとても可愛らしい絵柄でありながら
古き良き日本の色彩をちりばめた作品を描いておられる

いわたきぬよ さん

イメージ 1


いわたきぬよ http://kinuyo.cc

1979年生まれ、神奈川県葉山町出身。

お茶の水美術専門学校卒業。

2012年大阪ART HOUSEにて個展「金魚姫」を開催。

光文社文庫「ちゃらぽこ」シリーズ(朝松健著)

廣済堂もののけ文庫「およもん-かごめかごめの神隠し」(朝松健著)

2013年7月刊PHP文芸文庫「てれすこ-大江戸妖怪図鑑-」(仮題)(朝松健著)の装画を担当。



いかがでしたか?

明日のご紹介は「オダナヲコ」さんです(´ι _`;)
お楽しみに。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

京都妖怪博覧会に出展される作家さん達を
日替わりで50音順に紹介する妖怪博覧会列伝(´ι _`;)

第二弾は書籍の表紙や挿画などで素晴らしい作品を描いておられる

石黒亜矢子 さん

イメージ 1

今回使用可能が画像が手元にありませんでしたのでAmazonの書籍ページから
お仕事の一つを紹介させていただきます。

石黒亜矢子 1973年生まれ 絵描き

主に妖怪、幻獣、想像の動物を描いています。
動物はなんでも好きですが主に猫と蛇が好きです。

最近の主な活動

 2012年 7.8月 「モノノケ展」参加 URESICA(経堂)
 2012年11月 個展「石黒亜矢子妖怪画展」神楽坂ARTGALLY
 2013年5月 猫展「Cat's ISSUE」参加 SUNDAY ISSUE(渋谷)
 
仕事

今は、絵本、装丁画、挿絵の仕事を主にしております。

初お話画集「平成版物の怪図録」マガジンハウス(現在絶版)
初絵本「おおきなねことちいさなねこ」長崎出版
「よみきかせお話名作シリーズ」成美堂出版
京極夏彦氏著「豆腐小僧双六道中 ふりだし」「邪魅の雫」装丁画、他多数。
平山夢明「羅生師」挿絵、他。

明日のご紹介は「いわたきぬよ」さんです(´ι _`;)
お楽しみに。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事