ここから本文です

今シーズン6戦全勝

千葉ロッテマリーンズは昨日までの3連戦で
打線が3試合全て二桁得点を奪って3つとも勝ち
今シーズンは埼玉西武ライオンズ相手に6勝0敗

ちなみに昨日までの3連戦の安打数と得点は
4月18日は13安打で10得点
4月19日は15安打で11得点
4月20日は19安打で16得点

特に好調なバッターは
清田 育宏選手が12打数9安打
三家 和真選手が10打数5安打
香月 一也選手が13打数6安打
中村 奨吾選手が15打数6安打

下には活きの良い選手がいると思うよ! 伊東さん

今日も15安打を放ちましたが、負けちゃった


この記事に

13勝2敗で優勝

最終日の3月26日も勝利を飾って優勝☆

2017年度のオープン戦を18試合行い
13勝2敗3分けの成績を残した千葉ロッテマリーンズが
12球団トップの勝率で1番に輝きました。
たかがオープン戦ですが、されどオープン戦
何事も1番上は気持ち良いです。

一昨日に左肩付近を痛めてしまい
照ノ富士に一歩リードされていた稀勢の里が
本割と優勝決定戦で照ノ富士に連勝し
1月場所に続き、稀勢の里が13勝2敗の成績で優勝
(貴景勝が敢闘賞を受賞 おめでとう)

千葉ロッテマリーンズもオープン戦に続き、
公式戦でも優勝を飾りましょう



この記事に

2017年元旦

明けましておめでとうございます。今日から春季キャンプイ〜〜〜〜〜ン
待ちに待った2017年のシーズンがやっとスタートします。

千葉ロッテマリーンズのチームスローガンは『翔破 〜限界を超えろ!〜』
5年連続の翔破 そろそろ実現しようよ!

鈴木大地主将が遊撃から二塁にコンバートする事が決まり
内野の守備はアップしそうで楽しみッス

楽しみと言えば もう一つ 先発投手の座を争う高レベルな闘い
6人で回すであろう先発ローテーションを涌井や石川、スタンリッジ、唐川、西野、
佐々木、二木、関谷、酒居、藤岡、古谷、チェン、大嶺らで争うんですからね



この記事に

明日開催される2016年プロ野球ドラフト会議(新人選手選択会議)で
千葉ロッテマリーンズが指名しそうな選手を今年も予想してみました。

1位 田中 正義 投手  (創価大学)   右投げ右打ち 大学ナンバー1投手
2位 濱口 遥大 投手 (神奈川大学)  左投げ左打ち 大学ナンバー1左腕
3位 島 孝明 投手 (東海大市原望洋) 右投げ右打ち MAX153キロ・地元枠
4位 森山 恵佑 外野手 (専修大学)  左投げ左打ち スラッガー大砲候補
5位 藤嶋 健人 投手   (藤邦高)   右投げ右打ち 投打で将来が楽しみ
6位 小林 慶祐 投手  (日本生命)   右投げ右打ち 千葉出身・小林復活
7位 森山 孔介 内野手 (藤沢翔陵高) 右投げ右打ち 右打ちのスラッガー
8位 長谷川 宙輝 投手 (聖徳学園)  左投げ左打ち 得意球はスライダー

育成ドラフト
1位 内村 僚 捕手   (有明高)  右投げ右打ち 熊本育ちの強肩捕手
2位 大本 将吾 外野手 (帝京五高)  右投げ左打ち 強打の右打ち外野手

予想しても良くて半分程度しか当たりませんし  
今年は1位指名の選手が今年一番の人気選手で競合は間違いなし
くじに外れたら、2位以降の指名が大きく変わり一人も当たらないかも!?

元ロッテの投手で川俣 浩明が監督をしている藤沢翔陵高と
小林 昭則が監督をしている帝京五高の選手が指名されるか注目したい
指名予定人数は投手を中心に7〜8人+育成で2人との事


この記事に

ロッテオリオンズを応援し始めてから6年が経ち 金田正一監督の下
日本一に輝いた年に聞いた事のある言葉をタイトルにしちゃいました。

今日は千葉ロッテマリーンズの背番号『3』サブロー選手の引退試合が行われ
4番打者としてスタメンから出場して現役生活にピリオドを打った日
最終打席に2塁打を放つあたり、記録より記憶に残る選手らしい最後でした。

スピーチで千葉ロッテマリーンズを日本一の球団にする夢を持っていると発言
第2の人生は指導者として活躍される事を期待しています。
チームは「永久に不滅」と言わなかったのは内情をよく知っているからかな?

大村三郎選手 22年間 感動をありがとう! お疲れ様でした。



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事