ここから本文です
≪ 山のウグイス≫・低山の頂を目指して・・・
≫≫≫ 剱岳 ≪≪≪ 平成25年登頂”

書庫全体表示

難所ヶ滝から宝満山へ

     ・・・難所ヶ滝から宝満山へ・・・

山の会一月例会として難所ヶ滝を見て宝満山に登った。今年の氷爆の素晴らしさがテレビや新聞で報道され昭和の森キャンプ場の駐車場は満車状態だった。
標高700m付近にある難所ヶ滝を見るには冬山完全装備が必要.
今年の雪の深さと見事に並んだつららには立ち去り難い感銘をうけた。
イメージ 1
宇美町・昭和の森キャンプ場は満車状態だった
 
イメージ 2
林道三差路で早目にアイゼン装着 
 
イメージ 5
登山道に入ると積雪が多かった
 
イメージ 6
もう一息ですよ、頑張れーーー ””
 
イメージ 7
難所ヶ滝が見えてきた
 
イメージ 8
急いだお陰でゆっくり氷爆を眺める事が出来た
 
イメージ 9
近年にない出来栄えです
 
イメージ 10
氷の二段すだれ
 
イメージ 11
 見事に凍りついていました
 
イメージ 3
そろそろ後に譲りましょう
我々が出発すると続々と登山者が到着して超満員に
 
イメージ 4
 急坂登りも雪道を楽しんで登っています
 
イメージ 12
縦走路に出ると木洩れ日が射し、想像以上の積雪でした
 
イメージ 13
長崎鼻から三郡山が綺麗に見えていた
 
イメージ 15
宝満山キャンプ場の広場につきました
 
イメージ 16
 ログハウスも雪に埋もれています。
今年ほどの宝満山の大雪は
キャンプセンターが出来て以来43年振りだそうです。
 
イメージ 17
キャンプ場 雪の広場で楽しい雪中ランチ
 
イメージ 18
 宝満山・稚児落とし大岸壁直下を巻いて山頂へ
岸壁の高さ30m この大岸壁でロッククライミングもするらしい!!
 
イメージ 19
雪を頂いた宝満山・竈神社上宮
 
イメージ 20
山頂大岩の前で集合写真
今年も元気いっぱいでスタートしました
 
イメージ 21
下山道も積雪多し
 
イメージ 22
積雪のお陰で百段ガンギも歩きやすかった
 
イメージ 14
 三合目付近でアイゼンをはずした
 
イメージ 23
一の鳥居をくぐる
 
イメージ 24
池が見えたら竃神社は近い
 
イメージ 25
全員無事に下山出来ました。感謝をこめて参拝・・・
 
〔今日の足跡〕
イメージ 26
 

〔山行日記〕
 
123()晴れ  難所ヶ滝〜宝満山 わかぞの山の会
今日の参加者23名で南区役所前を出発。高速道路福岡ICから県道35号線西法橋交差点を左折して道なりに進むと昭和の森キャンプ場につく。広い駐車場は既に満車状態。滝の混雑を予測して急いで登山準備をして林道を進む。林道三叉路付近から部分的に凍っていたのでアイゼンを装着。水分補給しようとザックのポケットを見るとペットボトルがない!!しまった冷蔵庫に入れたままだ・・・ ま、いいか喉が乾いたら雪でも食おう、と話していたら、いつも準備万端のテンコさん御夫妻。ポカリを余分に持っているから一本あげるよ・・・ あ〜〜助かった命の水である。ありがとう・・・
 
今朝から腹痛と腹部膨満感で気分が悪く、何となく気力衰退している。山道に入りロープの急坂では、体調不良の為か汗が吹き出る。駐車場の、車の波から想像したほどの混雑は無く難所ヶ滝につく。近年にない素晴らしい「つらら」が出来ていた。やはり我々23名が加わると氷爆周辺は大混雑。圧倒されるような天然の氷の芸術を見ながらに順番に奥へ進みUターンして仏頂山への分岐に戻る。ココから縦走路への急坂登りが始まる。積雪は40㎝以上は有るだろう。踏み固められた雪のおかげでアイゼンを効かせば登りやすいが、僅か20分の急坂に体力を消耗してふらふらになりながら縦走路に登り上げた。
 
縦走路も想像以上の積雪で、小キジ撃ち!!をしようにも藪に踏み込めなかった。長崎鼻からは三郡山が真近に見えていた。三角点の仏頂山を確認しないまま通過して下りかかる。あ、もう下りになった、仏頂山はいつ通過したの・・・? 仏頂山の祠は雪に隠れていたのか??。キャンプ場に下ると、真っ白い雪の広場は陽が射して暖かいので雪中ランチとしゃれこんだ。腹痛はまだ治まらないが下山道の長い道程を考えれば食べておかんと・・・ キムチうどんを必死で腹に詰め込んだ。
 
稚児落としの大岸壁直下を進み宝満山へ登る。若者が大勢くつろいでいた。巨岩の前に並び集合写真を撮って下山開始。階段の多い下山道だが積雪のため意外に歩きやすい。三合目「標高450m」付近で雪が少なくなったのでアイゼンを外して竈神社へと下った。太宰府へ行く道は混雑がひどく「みかさの湯」は諦め、運転手さんの御好意で狭い道を「都久志の湯」へむかった。湯上りに生ビールで乾杯したが、やはり今日は美味くなかった!!。
今回は難所ヶ滝の見事なつららを見て、深い雪道急坂をアイゼンの威力
を感じながら宝満山に登り、雪山を思う存分堪能できた一日であった。
 「所要時間」
小倉(710)―――昭和の森キャンプ場着(820)・出発(8:30)―――アイゼン装着(9:02)―――仏頂山分岐(9:55)―――難所ヶ滝(1000)(10:10)―――仏頂やま分岐(1013)―――縦走路(10:37)(10:45)―――長崎鼻(10:52)―――キャンプ場(11:15)昼食(11:55)―――宝満山(12:08)(12:18)―――中宮跡(12:39)―――アイゼン脱(13:23)―――鳥居(13:37)―――竈神社(14:05)―――竈神社駐車場(14:15)―――都久志の湯(1440)入浴・出発(15:40)―――古賀SA(1630)―――南区帰着(17:3)

  • 顔アイコン

    難所ヶ滝は想像以上の素晴らしさでした。今回の例会は雪山を堪能させていただきました。
    ウグイスさんの「今年の雪の深さと見事に並んだつららには立ち去り難い感銘をうけた」は名文ですね。読み手の心に響く文章だと思います。今度のブログは写真も素晴らしいです。弟のにじごろうさんに宜しく。 削除

    [ てんこ ]

    2011/1/25(火) 午後 1:28

    返信する
  • 顔アイコン

    師匠、天気に恵まれ本当に良かったですね(〜^0^〜)!!

    難所ケ滝の氷爆、さすが素晴らしい!!

    次回を楽しみにしています。

    gap*i*ight

    2011/1/25(火) 午後 10:33

    返信する
  • 雪の宝満山に難所ヶ滝・・・絶景ですね。それにしてもばらしい氷爆です。圧倒されますね。宝満山は昨年登ったので懐かしく見せていただきました。今年の寒さがあちこちで芸術作品を作っているみたいですね。

    yamasukihuuhu

    2011/1/25(火) 午後 10:55

    返信する
  • 顔アイコン

    てんこさん
    基本の出来てない作文でお恥ずかしいです・・・・
    見たまま感じたままを率直に表現しようと思っていますが文章の難しさに四苦八苦しています。
    今年のような綺麗な難所ヶ滝は滅多いないと思いますよ。幸運でした。
    体調不良の私には難行苦行でした。

    [ 山のウグイス ]

    2011/1/26(水) 午前 9:32

    返信する
  • 顔アイコン

    「がっちゃん」さん
    今回は残念でしたね。
    次回も素晴らしい山ですよ。登るのも楽ちんで360℃のパノラマが得られます。
    特に山頂から眺める由布岳双耳峰は熱帯魚のようにかわいいですよ!!

    [ 山のウグイス ]

    2011/1/26(水) 午前 9:46

    返信する
  • 顔アイコン

    yamasukiさん
    今年のつららの出来栄えには目を見張りました。マスコミで報道され、大勢が見物にきていました。やはり自然が造る作品には驚かされます。雪の宝満山も良かったですよ。次回は冬山をお勧めします。

    [ 山のウグイス ]

    2011/1/26(水) 午前 9:58

    返信する
  • 顔アイコン

    師匠、俄然ヤルキ満々です!!

    咳もあまり出なくなり、体調もボチボチになってきています。

    次回は是非お願いします!!(^0^)

    gap*i*ight

    2011/1/26(水) 午後 9:24

    返信する
  • 顔アイコン

    ところで、「さん」は遠慮します!

    気軽にお願いします!!(^0^)

    gap*i*ight

    2011/1/26(水) 午後 9:27

    返信する
  • 顔アイコン

    「がっちゃん」へ
    「さん」を付けたほうが面白いかも、と思って付けていましたが、お言葉に甘えて呼び捨てにさせて頂きます。ひょっとして急激に気温が上がらなければ次回は雪山楽々登山が楽しめるかも?ですよ。

    [ 山のウグイス ]

    2011/1/27(木) 午前 9:42

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事