ここから本文です
カスタムナイフメーカーのブログです
松本ナイフショー用の勾玉フォルダー
熱処理から戻ってきたヤツやってます
今日はハンドル

イメージ 1

マークサイドはSUSライナーにGM20
ファイルサイドはG10です
このGM20、はじめて使ってみました

イメージ 2

この通り
なかなかの仕上がり
これはマトリックスアイダのオリジナルハンドル材
かなり前に買ってあったんだけど、なかなか出番が無かったヤツ
そう言えばこいつに合いそうだそ、と思い出して急遽登板
なんかこのナイフにバッチリな気がするんですが

キリナイトなど輸入材の樹脂系より値段も安いしかなり使えそう
しかし、問題点もあります
削ると粉がすごい
キリナイトもC−TECもコーリアンも削り粉は下に落ちてそんなに舞わない
しかしこのGM20はG10並みに粉が舞う
キリナイトとかは防塵マスクなんて必要無いけど、こいつは装着しなけりゃ削れません
部屋も埃だらけになるし、これかなり重要なポイント

そしてもう1つ
かなりもろい
キリナイトもコーリアンも穴開けのときなど気を付けないとパキッといく
けどこいつはさらに1段か2段もろい
細かい造形や薄く削りこんだりするのはやめた方がいいですね
ここらへんの改善をマトリックスに要望出してみましょう

この記事に

Booty!2 完成

先ほど Booty!2 が完成
手間のかかるナイフだけど作っててとても楽しい1本でした
Booty とは戦利品という単語ですが、音楽系のスラングで 尻 を意味します

では適当に何枚か

イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7



イメージ 8

こいつはデスクナイフって位置付けですが、時計やライター、カメラなどと同じような大人のこだわりの嗜好品てとこでしょうか
クラシックなフォールディングにはありますが、これはその現代版ですね
今はナイフ好きといってもフィールドに持って行く人はほんの一部
この手のナイフのが使って楽しめるような気がします
それにフィールドナイフの機能性を考えても答えは出ている
てことはデザインの発展性は少ない
しかしこの手のナイフは紙、紐、テープなんかを切るくらいのモノ
従って最低限の機能を抑えておけばデザインの発展性は無限
これからのカスタムナイフの方向性としてはアリだと思います

この記事に

Booty!2 進行中

焼き入れからあがってきた Booty!2 進めてます

イメージ 1


ブレードは銀紙3号ですがRC60出てます
ほどよく硬く、ほどよく仕上げがしやすい
ブレードもハンドルも複雑なカタチなので、かなり時間かかります
自分でやっときながら よくこんなモン考えたな と、思います

明日には完成の予定

この記事に

MARSH完成1歩手前

製作中だった MARSH もうちょいで完成
というのも、設計ミスをやっちまいまして修正が必要になってしまったから
ロックプレートとタングの角度がまずく、曲げモーメントが発生してロックが効かなくなってしまった!
致命的なミスだったんだけど、余裕のある設計だったおかげで修正で済みました

アブねぇアブねぇ

タングの形状修正とロックプレート作り直しで問題解決
これがロックプレート

イメージ 1

左が失敗作、中が新規製作
このパーツは焼き入れしなければいけないので、右はそれまでの間に合わせのG10製
今G10のプレートつけてあるけどまったく問題ナシ
快調そのもの

では MARSHUです


イメージ 2




イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6

この MARSH かなり挑戦的なディテールを施してあります
ハンドルの有機的デザイン、そしてフラッシュサーフェイス化したベルトクリップがそれ
クリップってのは現代のフォルダーではデフォルト化してしまってるけど、たいして役に立たないくせに持つのにジャマ
うちでは以前からクリップのハンドル一体化をやっていたけど、これはその進化版
ブレンデッドハンドルクリップとでも言いますか
握ってもクリップの存在はまったく感じられません
左で持ってもそれは同じ
そしてポケットへの抜き指しも極めてスムーズ
その上絵的にも宇宙船ぽくてといいことずくめ
まさに未来のフォルダー でしょ

松本には持っくかどうか未定だけど、持ってっても展示のみになります
目に留まったら見てみてください

この記事に

TpFF 熱処理前段階終了

本汁は TpFF の熱処理前工程が終了し仮組してみました

まずまずの雰囲気

イメージ 1

デスクナイフという設定なのでクリップは無し
両サイド同仕様です

イメージ 2

ブレードはフラットグラインド

クローズ

イメージ 3

まんまサカナです

イメージ 4

かなり手こずったけど問題点、注意点の洗い出しも出来、結果良好

ロックの効きは完璧
構造上、ロックが入るとガタの出ようがない仕組みです
シースナイフかってくらいの安心感

アクションは思いのほかメリハリが効いて心地よい
オープン時もクローズ時もパチンと音がして気持ちいい感触
しかし、ロックリリースが固い
ロックレバー前面の面取りを大きくしなきゃマズイかな
スプリングも弱いモノに変更したいけど、都合のいいのがあるかどうか?
あるいは両サイドはいってるスプリングを片方だけにしてもいいかも

ともかく全くの新型の試作としては合格と言っていいかと思います

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事