ここから本文です
カスタムナイフメーカーのブログです

ハマグリ刃

しばらく放置してたミサイルミスト
保管状態が悪く小キズがついてしまったのでヘアライン引き直し
ついでにブレードバックの角を落としました

イメージ 1

ヘアライン1000番

イメージ 2

1000番といってもハマグリ刃はホローやフラットの1200番くらいの感じになります

イメージ 3

アラが目立つんで600番くらいにしようかな(笑)

こいつはですね
コンベックスではなくハマグリ刃です
自分で言い張ってるだけだけど、フツーのコンベックスと違うのはホントです
削り方が違います

フツーのコンベックスはぶ厚いフラットを出してから丸めていきます
でもカッシリア流はフラットはとらずに、最初からハマグリに削ります

どこが違うかと言いますと、べベルの厚みが違います
ふつーのやり方でこの厚みを出そうとすると、2ミリくらい厚い鋼材が必要になりますね
ってことは鋼材の値段も上がるし手間も増える
そして重くなります
質量=破壊力なんでブッシュナイフなどにはいいだろう
と思いがちですが、実はそうではありません

バランスが悪くなります

日本刀の断面がいい例です
日本刀は鎬から峰に向かって薄くなっている
これは軽量化のためってのもあるかもしれませんが、実はバランス調整の結果
重心を真ん中に近づけるための工夫です

フツーのコンベックスのような断面形状だと、重心が高すぎて刃筋が通りにくい
しかも切ってる最中にブレやすくなる
竹を斬るとき途中でブレると繊維の方向に持ってかれ刀はベロンと曲がります
さらにブレを抑えようと余計な力がかかる
するとつかれる上にキレも鈍る

だから重心はなるべく下げたいわけです
とゆー理由でナイフも刀に近い断面に削るわけですね

ま、ナタ的使い方をしなければ問題にはなりませんが

と、すごく実践的なノウハウがつぎ込まれているんですが、ほとんど関心持たれないのがつらいところです

この記事に

デザイン中

ただ今デザイン中

フォールディングブッチャーの進化型

イメージ 1

これシースにアレンジして作っても良さそうだな


話は変わって
この前も紹介したティエールのソムリエナイフ
これ、フツーのソムリエナイフとちょっと・・・いやかなり変わってます

イメージ 2

分かります?
シーツカッターとスクリューが同じ方についています
フツーは反対側についてます

これを図面化してみたんですけどね

イメージ 3

このソムリエナイフ、スゲー!
これデザインした人凄いですよ!
完璧に計算されたディテールで一分の好きも無い

天才のセンスと秀才の計算力を兼ね備えた人間ですね

デザイン的変更を加えようとすると、ムダな贅肉を盛るしかない
それはそれでありかもしれないけど、今回はサイズ的にナシ
もちろんスクリューの長さが違うし、各部に若干の改良はありますけどね
好みのデザインでもあるし今回はこのまま作ってみましょうかね

この記事に

ツノもらった

叔父が 老人ホーム入るんで荷物の整理したらツノが出てきたからやるよ って言うんでもらってきました

水牛?
真ん中のカバーはすでに取ってあります

イメージ 1

この状態で幅1Mくらい
見える範囲では元の方で厚みは5ミリくらいしかなさそう

イメージ 2

裏と表で違うんですね

イメージ 3

ここら辺は使えそう

使い方を考えてからカットするか?
でもカットしてから予定通りいかない! なんてことにもなりかねない
やっぱカットしてから使い方考えるか

両方の先の方をハンドルとシースに使うってのもいいかも

この記事に

コルクスクリュー続

今日はコルクスクリューの仕上

まずはヤスリで粗削りまで

イメージ 1

次にモーターツールに紙やすりのビットを取り付けてキズ消し

イメージ 2

ここからが大変
手作業でやらなくてはいけません
しかし、案の定途中でやになってきます
そこで一工夫
ダメ元でためしてみた方法が以外にも成功
あっと言う間にこの状態

イメージ 3

しか〜し
ここらへんまで磨かないと、ホントの精度は見えてきません
やっぱエッジ付近の精度が気にくわん・・・
ツールの直径と溝の直径が合ってないとキレイなエッジは出ないようです

そこでもう一工夫
ちょっと試してみるとなんかよさそう
でもタイムアウトで明日以降に持ち越しです

せっかくだからテストしてみましょうか

イメージ 4

力の入れにくいこの状態でもグリグリ入っていきます

実はこのタイプのスクリューについては、その実用性を疑問に思っていたのですよ
抵抗が大きくて使いづらいのではないかと
それが、ショーの会場でやらせてもらったところ、フツーのワイヤースクリューよりはるかにいいんですよ
抵抗感はまったくなし
その上まったくブレずに入っていく

ワイヤースクリューってのは慣れないと斜めに入りやすいんですよ
ところがこのタイプは真っすぐスコンと入る
真ん中に軸があるんだから当然ですよね

それから・・・
お気づきの方もいるかもしれませんが、長いんですよこれ
コルクで長いものは60ミリちょい
ソムリエの方は長い方がいいとよく言いますが、それでも60ミリあれば十分
しかしこいつは最大70ミリまで食い込む長さ

なぜかと言うと、カスタムのソムリエナイフの最大の見せ場はやっぱこのスクリュー
必要ない長さではあっても、長い方が見ごたえも高級感もあるってことで

そして1回転1センチに調整してるので、回転数をカウントすれば任意の深さで止められます
最近のソムリエナイフは5センチ5巻きが多数派
ってことはこちらも1回転1センチなので、同じ感覚で使えるってことです
ここらへん重要なポイントだと思います

この記事に

忍野川

今日は休みにしてちょいとドライブしてきました
ついでにフライフィッシングのメッカ 忍野川 を偵察
この川、近くは通ってもじっくり見たこと無かったのです

この橋のたもとがエントリーポイント

イメージ 1

平日で強風のバッドコンディションにもかかわらず、この橋の上下200Mほどに6人ほどのフライマンが見えます
こりゃスレるのも当たり前

イメージ 2

首都圏からのアクセスもいいし、確かにお手軽なポイントではあります
川岸の歩道も整備されていて移動が楽

イメージ 3

しかし・・・なんというか
限りなく管釣に近い川といった感じ
イトウまでも放流されているらしいです

次の写真 中央付近に魚見えるでしょ

イメージ 4

虹やヤマメがところどころで確認できます
しかし人なんて気にもしてない様子
スレッカラシもいいとこですね

そこが燃えるんだよ と言いますが・・・

なぜか歌舞伎町のヴィジョンが脳裏に浮かびます
自分は興味湧かない釣り場でした チャンチャン

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事