ここから本文です
カスタムナイフメーカーのブログです
熱処理から戻ったブレードを仕上げてパンツァーフォー2号機が完成

なんかアニメっぽいナイフになってます

イメージ 1

1号機よりあっさりしてるけど戦車ぽさを強調してますね

イメージ 2

ショックアブソーバが小型な分、スリムになってます

イメージ 3

クローズポジション

イメージ 4

ブレードとオープナーを繋ぐボルトもチタンのテーパーボルトにしてカッコよさとメカっぽさアップ

そしてトグルアクションも健在

イメージ 5

マークサイドのハンドル材とライナーの間には蓄光性キリナイトをインサート

イメージ 6

実はこれ宇宙戦艦ヤマトの電飾プラモデルから発想を得たんだけど、当たりか外れか半信半疑だったんですよね
失敗だったらやり直すつもりでいたんだけど予想を超えて面白い効果が出てる

腕がちがいまっせ と言いたい気分 (笑)

ガールズ&パンツァーがコラボしてくんないかな

この記事に

新型フォルダー-7

先ほど熱処理に出していたのが戻ってきたところ

さっそく新型フォルダーを仮組してみました
スプリングセットする以前に熱処理出したんでまだロックの最終確認が出来てなかったのです

そしてショックアブソーバの装着とリンケージが済んだ状態での姿は自分も初めて見ます

さて、どうなるか

イメージ 1

おーっ いいですね〜
予定通り

気になるロックは
バッチリです
新方式なんで一抹の不安はあったんだけど問題無いようです
製作は非常に手間だったけどほぼ設計通り
唯一変更したのがロックボルトの形状
これは図面上でも上手くいくか不安だった部分なので想定の内

ちょっと気になる部分はタイロッドの耐久性ですね
もっともこれはダメな場合フラットバーに交換すればいいだけのこと
後は全体の耐久性

イメージ 2

作動も良好

問題はハンドル材
パンツァーフォー2号機の仕上げをやりながらもうちっと悩みましょうか

この記事に

新型フォルダー-6

新型フォルダー 今日はショックアブソーバの取り付けとリンケージ そして作動確認までいきましたよ〜

ではご覧ください

イメージ 1

ブレードが無いとナイフには見えませんね〜

ではドキドキの作動確認
トリガーを引いてみます

イメージ 2

おーっ 完璧!
きわめてスムーズ!
もはや、ただブレードが回るだけのフォルダーでは満足できなくなってます
しかしブレードとロックボルト付けてみないとまだ安心はできませんね

では上から見たとこ

イメージ 3

さてこいつに相応しいハンドルはいかに
やっぱ樹脂系がしっくりきそうだな

あとネームも悩ましいところですね

この記事に

新型フォルダー-5

新型フォルダーのロックまわりやってます

これがなかなかの曲者
シャフト類をワンオフで作らなきゃいけないんでかなりの手間ですね

ではパーツをフレームに乗っけたところ
まずロックがかかった状態

イメージ 1

そしてロックリリース状態

イメージ 2

いいですね〜
楽しいですね〜

明日はロックスプリング付けられるかな

この記事に

本日、パンツァーフォー2号機とニューフォルダーのブレードを熱処理に出しました

しかし、考えてみたらニューフォルダーのハンドルを何にするか決めてなかった
なんとなく赤系か茶系がいいなと思ってた程度
で、イロイロ並べて思案中

イメージ 1

フツーにいったらG10かキリナイト
でもG10はパンツァーフォー2号機でタンカラー使ったばっかだし、ちょっとイメージより色が薄い
ならキリナイト?
ミスマッチでスタッグとか
あるいはウッド

うーん 悩ましい 

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事