ここから本文です
カスタムナイフメーカーのブログです

これでいいのか埼玉県

今日はちょっと脱線
芸能界の無秩序ぶりもここまできたか とあきれることがあったのでそれについて

先日埼玉土産をもらいました
埼玉名物 十万石饅頭
そしてナント
映画 翔んで埼玉 とコラボしている?!

翔んで埼玉とは
パタリロの魔夜峰央が描いた漫画
そして明日から映画が放映される

実は自分、パタリロ全100巻、さらにラシャーヌ、トラウマなど持っている魔夜ファンです
しかし
翔んで埼玉だけはいただけない
この漫画、ストーリーは 暴走する体制にレジスタンスが抵抗するという、行ってみればスターウォーズのようなモノ
だが、設定がいけない

まあこれ見てください

イメージ 1

埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!

そう言えばCMでもこのフレーズ叫んでいたっけ
最近東京局は見れないけどやってるのかな
玉テレではどうなんだろう?
たしかガオラスポーツでバレーボール中継見てたらやってたな
しかも上尾メディックスの試合だったようーな

そして
埼玉全域(茨城も含む)が

被差別部落のように描かれている

そして埼玉県民(茨城県民も含む)は

人権などないが如く扱われている

郷土が笑いものにされている映画とコラボするなんて、十万石饅頭の経営陣は脳みそまでアンコがつまっているとしか思えないですねぇ
そしてこれに怒りを覚えない埼玉県民がいたら、その人も頭の中にはアンコがつまっていると言いたくなります

イメージ 2

ホントかどうか知らないけどワースト並べ立ててますね

イメージ 3

ほうほう

イメージ 4

完璧おちょくってます
地名とは関係ないって
ズバリ言ってるじゃん
埼玉をバカにするにもほどがあります

これハッキリ言って外国だったら間違いなく、差別及び名誉棄損と放映中止をもとめて

訴訟がおこる

こと間違いなしです

これ作者の魔夜氏によると
所沢に住んでいるとき自虐的に描いた
などと言ってますが、たまたま住んでいただけで彼は埼玉出身ではありません
自虐と言うなら

翔んで新潟

にしろよ

でも絶対やらんでしょーね
パタリロの舞台、マリネラ王国は佐渡のカタチしてるし、作中には田中角栄を尊敬しているかのような描写もありますから

別の記事ではプレッシャーで錯乱していたなどと言ってますが、錯乱してたら仕事なんてできるはずねーだろ

そして今回の映画、主役2人が沖縄出身というのもちょっと
沖縄と言えば苦しい歴史を乗り越え、今なお基地問題をかかえるところ
沖縄県民はこういったモノには敏感であるように思えるのだが・・・
まあ所詮芸人ですから
自分が目立てば何でもアリつーことか

しかし

翔んで沖縄

でも出られるかよ
そこんとこコメントしろよ

これハッキリいってモラルハラスメントもいいとこ
低俗にもほどがあります
いじめや各種ハラスメントを誘発することは確実

差別をあおってる

としか言えませんね

はっきり言って

日本の恥

外国人にはみっともなくて見せられない

どこぞの大臣がアホなこと言った、なんてことよりよっぽど反社会的じゃありません?

世の中、法に触れないからってやってはいけないことがあります
これはそれに該当します
そして、時として怒らなければいけないこともあります
バカは相手にしないなんつー大人ぶったこと言って逃げる場合ではないと思いますが

埼玉県及び埼玉県民がこれを黙認したら

バカにされることを認めた

ことになるんじゃありませんか?

いかがでしょう?

自分は埼玉がこの映画を潰してくれることを期待しています

この記事に

LUSSO 完成

LUSSO 完成

まずはデザインソースとなったフェラーリGTC4LUSSO

イメージ 1

現行車の中では世界一番優雅なデザインだと考えている車です
このスタイル
シューティングブレークと言うらしいですが、なぜか日本では受けが悪い
自分は最高にカッコイイと思うんですが

ではナイフのLUSSO

イメージ 2

シルエット自体はどうってデザインではない
はっきり言ってカンタンなシルエット
けど、ディテールや味付けでフツーではなくしています

イメージ 3

上下左右、4本のフレームで前後を繋ぐ構造
これまでのナイフを過去のモノにしてやろうという挑戦的なデザインを施しました

イメージ 4

そしてハンドル中央にはロックスプリングであるショックアブソーバー
しかし閉じたときのブレードの露出の多さが欠点ですね

イメージ 5

土曜日の東京フォールディングショーでお目見えです

この記事に

LUSSO 完成手前

しばらく放置してあった LUSSO やってます
今日はハンドル回りの仕上げと調整

イメージ 1

ブレードも仕上げ一歩手前まで進んでます

イメージ 2

これも見慣れないハンドル構成ですね
GGと同じく構造的な面白みを考えてデザインしてます
が、GGよりもさらに先鋭的
明日には完成の予定です

この記事に

GG完成

製作中だったGGが完成

ロックはライナーだけどかなり挑戦的なデザインです

イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6

世界的に見てもただのライナーロックは飽きられてきています
メーカーはハンドルの細工や仕上げで面白みを出そうと工夫をしてますが、このモデルはそんな中に一石を投じようとデザインしたモノ
フレームとライナーの組み合わせで構造的面白さを追求してます

全長で180mmほどの手ごろなサイズ
海外に出すには小さめなので国内で売りたいところだけど
日本で出すには時期尚早かも

この記事に

パンツァーフォー2号機

銀座BSでお披露目となったパンツァーフォー
これですね

イメージ 1

これも海外に売ろうと思ってたんですが展示だけでもと並べました
ところが
名の知れたコレクターさんが 国外に出すのはもったいない と、お買い上げいただきました

しかし
やっぱり外国にも出したい
で、2号機を計画中
自分は同じモデルでもまったく同じモノはやりたくない
1号機はスペシャルモデルという位置づけで豪華仕様としましたが、2号機はフツー仕様
1号機がガンダムで2号機はジム、って感じで設計変更しております

イメージ 2

変更点としては

・ ダマスカスプレートは無くしてカラーG10とする
・ ショックアブソーバーを小型のモノに変更 それに伴いデザインを簡略化、ジョイント部品の寸法変更
・ 大判の鋼材が手に入らないのでバレルに見立てたオープナーはセパレート
 などなど

かなり違った印象にする予定です

そして、デザインイメージのヤクトパンターのプラモデルでも作るか と
でも待てよ たしかあったよーな

で、探したら出るわ出るわ

イメージ 3

ヤクトパンターばっかりこんなに
つーても食玩で1/144ですけど
でも今やプレミアついてとんでもない価格になってるらしい
多分500円くらいで買ったはずだけど、28.000円なんて値段ついてるものも
でも箱ないからダメか

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事