ここから本文です
カスタムナイフメーカーのブログです
美味しいものリポート番外編

ワイン用ブドウ品種の甲州
当然ながら勝沼が甲州ワインの主な産地です
色々飲んだけど

ダイヤモンド酒造 シャンテ甲州

くらむぼんワイン N甲州

勝沼酒造 アルガブランカ

自分の中ではこれらがベスト3

だったのですが

これらを軽く凌駕する甲州ワインが見つかってしまったのです!

わらじカツ丼を食べに秩父方面に行ったもう1つのお目当て
源作印の秩父ワイン

イメージ 1

そこで試飲して一発で惚れ込んでしまったのがこれ

イメージ 2

なんとビンテージは2002!
マジか!
白の17年物!
そもそも甲州がそんな熟成に耐えられるのか?

イメージ 3

みて下さいこの色
ソーテルヌかと言われても信じてしまいそう

その熟成を示すかのごとく
コルクスクリューを完全に差し込まかったせいでコルクが途中で切れてしまいました
グラスの底にコルククズが見えますね(笑)

そしてその味わいは まろやか〜
酸味の角が取れ丸くなってる
味は確かに甲州なんだけどこんな不思議な甲州は初めて
この味わいは実際飲んでもらうしかないですね
こんなまろやかな辛口白はモンラッシェ以外飲んだことないです
甲州の弱点である香りの弱さはそのままですが、これは世界に出しても認められる数少ない日本ワインと言えます

最近のワインジャーナリズムはたいして美味しくもない新興ブティックワイナリーを持てはやす傾向があるけど
ホントに美味しいワインは長くやってるワイナリーにこそありますね
その上値段も安い
このワインも2002という驚くべきビンテージにもかかわらず3000円という値段
また買うこと間違いなしです
美味しいモノレポートその4です

帰りによった八ヶ岳でのランチ
中村農園というところ
鶏肉と卵の店ですね
ここはテレビにも出て有名な行列のできる店
11時ちょいに着いたときにはすぐ入れたけど
平日なのに出るころには20人くらい待ってました

イメージ 1

こちらはチキンカツ

イメージ 2

肉厚でさすがの食感です
ソースとワサビ醤油と塩
それ以外に中村農園謹製の橙ポン酢が各テーブルに置いてあります
おかげで4種類の味が楽しめ飽きません

そしてササミカツ

イメージ 3

右上の袋はタルタルソース
ゆで卵がまるまる1個入ってて自分でつぶしてかけます

イメージ 4

こちらもコリコリとそこらでは味わえない食感です

しかしというか
食感以外にはとりたててどうと言うものはないですね
純粋に鶏と卵の質にこだわる人にはお勧めですが
また行きたいってほどでもないかな
美味しいモノレポート その3

松本ナイフショーの後、ドライブの帰りに菅平で入った店
菅平って通過したことはあるけど、スキー場があるってくらいでどんなところかまったく知らなかったんですね
そしたら夏場はラグビーや陸上の合宿で賑わうところだったんですね
ゴツイ学生やらランナーやらいっぱいいます

で、検索して気になった店
またもや外観撮り忘れました
シラカバというレストラン
ここはホテルもやってるみたいですね

なぜここが気になったかというと
ロシア料理 だから
ロシア料理ってーとピロシキとボルシチくらいしか思いつきませんね〜
いったいどんな料理なのか?

こちら
名前は忘れましたが、鶏です

イメージ 1

これでもかってほどガーリックが効いててパンチがある
も〜単純にうまいです

そしてこちらは子羊

イメージ 2

かかってるのは赤ワインソースですが、フレンチのそれとはちょっと違います
アッサリ目で酸味がとても強い
ワインの酸味だけではここまで出ないからワインビネガーが追加しあるんじゃないかな?
これもなかなか好みで美味しいです

それからロシアンピラフ

イメージ 3

これにはビックリしましたね〜
これまで食べたことの無い味
これも酸っぱいんですよ
酸っぱいと言ってもまろやかな酸っぱさで鋭さはない
そして東南アジア系のスパイスっぽさがある
実際使ってるかは知らないけどそんな感じの味です
ここはこれを食べるためにまた必ず行くと思います

ロシアっつっても広いから地方によってまるで違うんだろうけど
スタッフに聞いてもそこまでは分からないようでした
自分もロシアの売り上げ増えてきてるんで
ロシア料理ちょっと興味でてきました

また行こっと
引き続き美味しいモノレポート

松本ナイフショーは2日間昼に弁当が出ます
1日目、2日目と別のモノが出るのですが、1日目はフツーの仕出し弁当
ですが2日目の幕の内弁当はとても美味しい

で、聞いたところ主催者の新井さんが行きつけにしている店に頼んでるとか

早速行ってみました
店の外観写真は撮るのわすれましたが、松本の中町通りではよく見る蔵のような建物
草庵という店です
店の中は居酒屋風
カウンターとテーブル2つ
とは言え、カウンターは10席くらいかな?
1枚板の豪華なカウンター
落ち着いた雰囲気

車なんで酒は飲めずにお食事だけです

こちらは鶏肉のなんとか焼き

イメージ 1

そして天ざる

イメージ 2

弁当と言いこちらの料理といい
ここの店はホンモノですね
どれをとっても文句ナシに美味い
上品な味と言うのがピッタリ
特に気に入ったのがそばつゆ
ダシが強くて甘さがない
あまりに美味いんで食べたあとすぐ飲み干してしまいました
そしてらその後、そば湯持ってきてくれて
飲んじゃったって言ったらつゆも追加でもってきてくれました
途中から入ってきたナイフショーのスタッフが
ここ、そばよりつゆのが金かかってるんだよ と(笑)

来年も絶対行くこと間違いなしです
手ごろな値段でこんな美味しい店があるとは松本市民に嫉妬しますね
久々の更新
松本ナイフショーをはさんでとった夏休に食べた美味しいモノリポートです

まずは埼玉県秩父方面の名物 わらじカツどん
行ったのはこちら
東大門さん

イメージ 1

近くにわらじカツ丼発祥の店があるんだけどメニューがわらじカツ丼のみなのと
かなり甘口らしい
そして駐車場があるのかないのか不明なのでこちらにしました

メニューはこちら

イメージ 2

これが わらじカツ丼

イメージ 3

薄くて大きなかつが2枚
2枚合わせてもフツーのとんかつの肉より薄そうです
かじると サクッ ジュワッ ウマいー
しかし それもはじめのうちだけ
甘い料理の苦手な自分にはちょっとつらい
天丼のタレみたいな感じでかなり甘い
半分も食べないうちにきつくなってきました
しかしこの食感は最高
ポン酢でもかけてくれたらいくらでもいけそうですね
大葉と梅肉なんかのっけてくれたらもう言うことありません
なんで甘いの苦手な人向けの作ってくれないかな〜?

そしてこれも秩父名物の豚味噌丼

イメージ 4

こちらも甘口
これはどこにでもありそーなの豚味噌ですね
フツーに美味しいです

甘口苦手の自分としてはちょっと残念だったけど、わらじカツ丼の触感はとてもいいので甘いのヘーキな方にはお勧めです

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事