ここから本文です
カスタムナイフメーカーのブログです
今日はコレクション自慢しちゃいます

自分、昔から大き目のフォルダーが好きでけっこう買ってるんですが、その中から古いモノを紹介します

ハイ こいつら
おー懐かしーっ て思う人いるんじゃないかな

イメージ 1

まずはこれ

イメージ 2

ラコタのプロホーク
カナダの森林警備隊が採用って触れ込みでしたね
ハンドルが太くてボテッとしてたんで自分でグルーブ切ってます
いいナイフです
一時期、山に行くときは必ず持っていきました

次はこれ
カーショーのビッグフット

イメージ 3

これもいいシルエットしてるんだけど人気ありませんでしたね〜
もとはウッドインレイだったんだけど、パール柄のアクリル板に交換しました

次はだれでも知ってるガーバーFSⅢ

イメージ 7

これは後期型ですね
ベベルストップのラインで分かります
ホントは前期型ほしいんですけどね

カーショーの1050

イメージ 4

海兵隊だかネービーシールズだかが採用したというヘビーデューティー仕様
ブレードも他のより厚いです
この中では一番頼りになりそうなヤツ
フォールディングフィールドってサブネームでした

アルマーのバザード

イメージ 5

いかにもアルマーらしいアカ抜けた感じ
もともとタマも少ないし、価格も高騰して中古市場でもほとんど見かけないレア物です
持っててよかった〜

トリはもちろんコレ
ガーバーマグナムフォールディングハンター

イメージ 6

やっぱコレでしょ
上2本がこいつの影響受けてるのは明らか
もっともこれのデザイン、アルマーがやってなんて話もありますが
ホントかどうかは知りません
このオールドアメリカンテイストがたまらんですね
この中ではこいつが一番かな
実は後期型をもう1本持ってます
ロックスプリングが折れて売れないからって某ショップの大将がくれました
リペアしようとは思ってるんだけど、ピンがインチサイズで微妙に合わないんですよね〜

以上
でも
バックの110が無いじゃん 思うでしょ
実はですね
友達2人が持ってまして
で、買わなかったんですよね

あと、買っときゃよかった〜 って後悔してるのが
ガーバーのクラシック
昔は小さくて地味で気にも留めてなかった
今も探してはいるけど出ないんですよね
持ってる人いたら譲ってもらえませんか?

いろいろ設計中

ちょっと公開できない仕事をしていたので更新さぼりがち
で、夜な夜なニューモデルの設計してます

これはその1つ

イメージ 1

ミリタリーテイストで攻めてます

CADだとこんな風にいろんなセクションを同時進行できるので便利
これが無ければ生まれてこなかったデザインもかなりあるでしょうね

もちろんCADだけできてもデッサン力がなければいいデザインは生まれません
そして手描きとCADだと発想が変わってきます
意外かと思うでしょうけどCADのがイメージを全方位展開しやすい
手描きはしょっぱなのイメージは出すにはいいんだけど、その後はCADのがいい
自分の場合、最初は手描きでラフを描いてCADで図面化
手描きだと修正がとことんできない
でもCADはコピーして修正できるから、それらをいくつでも並べて比較できる
だから最終的にはCADで仕上げた方がいいデザインになるってわけです

でもそこは人それぞれなんで、必ずしも自分のやり方がだれにでもおススメってわけではありません
いろいろやって自分流を見つけ出すのが一番でしょう

そろそろシンプルでクラシカルなナイフ作りたくなってきたな〜
でも自分がそんなのやってもだれも買ってくれないのが悩みどころです

TF-AX D型 -2

いきなり思いついていきなり作った TF-AX D型
ハンドル削ってあとはブレードの焼き入れのみ
予定通りのカタチになってます

イメージ 1

鋼材が余っているのでさらに2つ作ってしまった

ブレードオープン

イメージ 2

角度を変えて何枚か

イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6

イメージ 7

これはC型をさらに低価格にできないかと考えてできたカタチ
思いのほか面白いモノができたかと
ポケットに入れてもバッグなんかにいれてもかさばらないし引っかからない
刃渡りも28mmと小さく威圧感もまったくないので、持ち歩いてもオフィスのデスクに置いといてもいいんじゃないかな

取りあえず銀座BSに持ってって反応を見ようかと思います
予価20.000円です

TF-AX D型

ここのところ凝っている TF-AX ですが
調子に乗ってD型いってしまいました

今日は仮組まで

ハイこれです

イメージ 1

タバコの箱にすっぽり入る大きさ
84mm×40mm

ブレードオープン

イメージ 2

刃渡りわずか28mmのチっこいアックスです
チっこくてもちゃんとロック付き
C型よりさらに大幅低価格になります

明日はハンドル削りです

記事にできない仕事をしてるので今日は脱線

GWが終わったある日
良く晴れた平日に伊豆にドライブしたとき

伊豆半島の先端
南伊豆町でラーメン屋さんを発見
この地域でラーメン店とは珍しいので当然チェック

いつも通る道なのになぜか気が付かなかった

らーめん永吉丸

伊豆は船宿も多いのでここも船宿兼ラーメン屋さんかなと思いきや

イメージ 1

店に入るとエーちゃんの曲が・・・
入ってから出るまでずーっと
そっちかい
自分の知り合いにも2人
熱狂的なファンがいるけど、ここんちもそーか
でもBGMだけで店内はいたってフツー

メニューはラーメンとつけ麺のみ
トッピング増しがあります

ラーメン特

イメージ 2

あっさり系の豚骨醤油
麺はモチモチの中太
メンマは味のしみ込んだシャキシャキしたの
チャーシューは硬めで濃い味
卵も味がしみ込んで好みですね〜
科学調味料は使用せず体に優しいラーメンと表に描かれてるけどホントそんな味
ただ、ちょっとクセがあって
豚骨の押しがかなり強い
これが苦手な人にはNGですね

ではつけ麺特

イメージ 3

麺と具は同じようです
こちらも豚骨醤油のようですが
そしてこちらはかなり酸っぱい
酸っぱめとかじゃなくてかなり酸っぱい
豚骨醤油で酸っぱいとは珍しい
よくある甘いつけ麺が嫌いなんで、これはこれでいい

ここんちの大将はアッサリながら個性を持たせたいようで
どちらも特徴あります
でも、自分の感覚だとそれでせっかくの風味をスポイルしてしまっているよーな
そこそこ美味しいけど、この場所に合ったほっこりするよーなラーメンがいい気がするなぁ
でも次通ったら暑いときじゃなければ行くと思います

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事