ここから本文です
未知との遭遇 〜 7inch EPに録音された ジャズの 批評と研究

書庫全体表示



Iller Pattacini(as) with Orchestra Rec.1958
■ジャズファンならJoe Harriott等の諸作を彷彿とするジャケの魅力に惑わせられる1枚だろう。以前 紹介した作品(写真:下)よりさらにジャズを感じるジャケットで針を落とさずにはいられない。Iller Pattaciniは1933年イタリアBibbiano生まれのサックス奏者で Composer, arranger としても活躍。これは彼が率いるオーケストラ初期の作品で前作の1年前の録音であるが、前作が少々トーンを抑えて渋めに吹いていたのに比べこの作品ではジャズ・ライクなアドリブも存分に聴かせ縦横無尽に吹きまくっている。彼は1950年代〜60年代にかけて数多くの作品に名を連ねておりリーダー作もリリースしているがこの2枚からは時代を反映した彼なりの個性を感じることができる。彼のスタイルはモダンジャズというより時代のトレンドに沿った演奏でポップスをジャズ風にアレンジし多くのファンに支持されていたようだ。彼のアルトサックスの艶やかで時に切れ味のあるトーンが人気を得ていた理由でもあるように感じる。ここで演奏されている4曲はいずれも録音された1958年前後に話題になった曲等がセレクトされており楽しめる。
Chuck Rio による1958年の名曲「Tequila」はラテン系ロックンロールのヒット曲であるがIller Pattacini(as)の切れ味の良い心地よいソロが魅力的である。1957年 Paul Ankaが作詞作曲し自らが歌ったお馴染み「Diana」はIller Pattacini(as)原曲に沿ったソロが1'28"ぐらいからフォービートのモダンジャズに移行する辺りが楽しめる。他にシャンソンのヒット曲2曲を演奏している。Henri Salvador の「Maladie D'Amour」はラテンフレーバー溢れる演奏で勿体ぶらないIller Pattacini(as)が気持ち良い、Bruno Coquatrixの「Clopin Clopant」はゆったりしたテンポのロックンロール調の演奏である。
イメージ 2

イメージ 1

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事