ここから本文です
未知との遭遇 〜 7inch EPに録音された ジャズの 批評と研究

書庫全体表示

記事検索
検索

全188ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]




Don Burrows(cl)  Mal Cunningham(fl)  Frank Smith(as) 
Terry Wilkinson(p)  Freddy Logan(b) Ron Webber(ds)  Rec.1957
■1928年生まれ オーストラリア屈指のクラリネット、サクソフォン、フルート奏者Don Burrowsのモダン寄りの珍しい作品。おそらく 当時 この7inch EPでしかリリースされなかった希少な1枚である。彼は全曲クラリネットに徹しているがフルート、アルトサックスが加わった編成なので個々の多様なソロも楽しめる。アップテンポに乗ってアンサンブルから明朗でクールなトーンのアルトサックス〜ピアノ〜クラリネットとリレーされる「Fixgiog」、バラードで演じられる「It's a Blue World」はDon Burrowsの澄み切ったトーンが印象に残る。テーマから展開される粒立ちの良いピアノ〜アルトサックス〜フルートによるソロが魅力的な「Melindy」、心地よいテンポに乗って個々がご機嫌なソロを展開する「Lonesome Road」ではFrank Smith(as) のプレイが際立つ。
イメージ 1

   

この記事に

開くトラックバック(0)



Hermie Dressel (p) & (b) & (ds)  Rec.1960's
■1970年代にはロック等ジャンルに拘らずProducerとしても活躍したHermie Dressel (p)のピアノ・トリオでプレイした珍しい1枚。この作品以外にピアニストとして録音したリーダー作は確認できなかった。端正でメリハリのあるソロがスインギー心地よい「Easter Parade」、アブストラクトな前奏から後半の陶酔感のあるソロが印象に残る「Just In Time」とくり返し針を落としたくなる記憶に残る作品である。
イメージ 1



                 

この記事に

開くトラックバック(0)



Chucho Zarzosa Sextet Rec.1961
■メキシコのピアノ、マリンバ奏者、そして偉大なアレンジャーでもあるCHUCHO ZARZOSA のグループによる素晴らしいラテン系モダン・ジャズが収録されたスペイン録音の7inchである。この時のセッションは、白・赤2枚に分けてリリースされLP化はされていない。メンツは記載されていないがアルトサックス、トランペット等、素晴らしいソロを聴かせてくれる。過去に、このブログでも紹介した、白ジャケに収録されているメキシコのコンスエロ・ベラスケス女史作曲の名曲「Besame mucho」とこの赤ジャケの「Dia tras Dia (Day by Day)がベストテイクだろう。他に、しっとりしたピアノがラテンのリズム乗ってソロを聴かせる「Un viejo amor」、ダンサブルなホーンアンサンブルが楽しい「Botecito de vala」、お馴染みのスタンダードをラテンのリズムで味付けした「Mejilla con mejilla-Linda-Sueno(Cheek to Cheek)等 随所でジャジーなソロを聴かせるピアニストも印象に残る。ジャケットも魅力的だ。

イメージ 2

イメージ 1


この記事に

開くトラックバック(0)


 

  

Joan Murray(vocal) with Sammy Stevens(p) Quartet Rec.1960
■いくら調べても女性シンガーJoan Murrayの経歴や他の録音は確認できなかった。唯一、Applause Recordsのカタログから1960年の録音ということは認識できた。一聴1950年代の良き時代の空気感を感じることができるキュートで危うい歌声はバックを務めるジャジーなコンボにサポートされながら個性的な魅力を発散する。中頃に顔出す良く歌うサックスソロが印象に残る「Gimmie A Little Kiss」、そして「Oh Johnny」はThe Andrews Sisters やMildred Baileyがスインギーに歌った録音が思い浮かぶがJoan Murray(vocal)は少々テンポを落としてセンチメンタルな雰囲気を感じさせながら放ってはおけない歌声を聴かせる。もちろんテクニックで聴かせる実力派ではないが素朴でナチュラルな時間が通りすぎていく。
イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)




Lew Campbell (p)  & (g) & (bs)  Rec.1959
■ニュージランド最大の都市オークランドで1954年に開店した、その名も<THE GOURMET RESTAURANT>。この7inch EPは、"グルメな夜”と題して1959年のクリスマス・パーティーで入店客にノベルティとして配布された珍しい1枚である。ジャケットはフォールドアウトで6ページにわたり開店当時の写真が掲載されている。
Side-1は当時人気のミュージカル・コメディアンBarry Linehanが「グルメの喜び」をニュージーランドの素晴らしさ混じえて しゃべりまくる様子が収録されている。聴けるのはSide-2の2曲だろうアメリカ出身でニュージーランドでも活躍した名ベーシストEugene Wrightとも共演歴のあるピアニスト Lew Campbell がトリオ編成でスタンダードを演奏している。「Autumn Leaves」は、いかにもラウンジ向けの演奏だが ゆったりと気品溢れる高貴な演奏である。客席のざわめきが聞こえてきそうなリラックスした演奏「The Lady Is A Tramp」は心地よくスイングするギターも聴き所だろう。


イメージ 5


イメージ 4

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 1



この記事に

開くトラックバック(0)

全188ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事