ここから本文です
未知との遭遇 〜 7inch EPに録音された ジャズの 批評と研究

書庫全体表示

記事検索
検索

全194ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

★LES JYMYS (DMF - France)★



JAZZ - Rock Group No member credit.   Rec.1965
■1960年代初頭からロック・グループとして活動していたLES JYMYS がジャズにアプローチした作品。ヨーロッパ・ジャズ黄金期を経てジャンルを超えて新たなテイストを模索していた時代、このグループもサムシングを求めての試みを感じる。ジャンルに関わらず多くのミュージシャンが取り上げる「Take Five」がどのような変化を遂げるのか興味深々に針を落とす。太鼓に刺激を受けたギターがお馴染みのメロディーを奏でるお決まりのパターンであるが、デスモンドではなくコルトレーン・マナーのサックスが新鮮に聴こえる。もっと激しく原曲を破壊して欲しかったような気もするが そこまでの英断はできなかったようだ。ジャズとは少々かけ離れた「Jazz À Gogo」、オーバーザレインボーをロック調にアレンジした「Fumée aux Yeux」、トロピカルなギターとサックスが原曲に忠実に演奏する「Desafinado」時代を感じされる4曲が演奏されている。
イメージ 1



開くトラックバック(0)




Ron Jefferson(ds) Buz Saviano(g) Roland Haynes(b)  Rec.1965
■1926年生まれマックス・ローチを師事したジャズ・ドラマーRon Jeffersonの7inch EP Onlyの1枚。Les McCann の諸作に参加していることで知名度はあるが、 Buz Saviano(g)をメインソリストに迎えたトリオによる この作品はスリリングでご機嫌な名演である。1960年代にはヨーロッパでの活躍履歴もあり 1965年フランスで録音された12inch LPの別テイク、未収録曲である可能性も考えられるが詳細は不明である。冒頭からのベースのソロが演奏への期待を高め まるでサイドワインダーのような展開に移行する「THE BEGINNING」、Ron Jefferson(ds)のブラシからフォービートに移行する「THE SPEAKER」は端正なSaviano(g)のソロが素晴らしくモダンジャズの醍醍味を存分に楽しめる。知る人ぞ知る渋い作品である。
イメージ 1

開くトラックバック(0)

Conjunto Estif Quintet (tp,g,p,b,ds) Rec.1972
■プロモーション用に録音され一般流通はしなかった珍しい1枚。なんといっても突き抜けるような心地よいトーンでトランペットがソロを展開する爽快な演奏が魅力的である。アップテンポに乗ってハードバップ・テイスト溢れる展開が気持ち良い「Trompeta Loca」、ジャズ・ロック調のリズムに乗ってハンニバル・ライクなソロが熱を帯びていく「Tom Jazz 」と2曲共モダンジャズファンの満足できる 希少な作品である。残念んながら演奏しているミュージシャンについて語れる情報は見つからなかった。
イメージ 1

開くトラックバック(0)

★APRIL AMES (Acetate Take)★



April Ames(vocal) with Strings Orchestra Rec.1950's
■April Amesの唯一の12inchリーダー作である1957年録音<Strike A Match(GNP)>はやけに大人びたルックスで印象に残るなかなかの良作であるが、日本国内では紹介される機会は少ないように感じる。彼女の魅力的な歌声と安定した歌唱力を聴けばボーカルファンなら一目を置くことだろう。この7inch EPに収録されている2曲はいずれも未発表のAcetate Takeで12inchとは異なる編成によるストリングス・オーケストラがバックを務めている。聴く機会の少ないシンガーなので再評価されることを願う。キュートな歌声でドラマチックに歌う彼女の魅力が楽しめる「Take A Lesson From Me」、センチメンタルな雰囲気が漂う「Touch Me Softly」も印象に残る。
イメージ 2

イメージ 1

開くトラックバック(0)



Gerard Bandini(ts) et son Quartet  Rec.1960's
■Gerard Bandiniは 1931年パリ生まれ 1950年代初頭にクリネット奏者としてプロデビューするが、1958年頃よりサクソフォンをメインに演奏し多くのセッションに参加リーダー作もリリースする。彼の魅力は一度聴いたら忘れられない深い音色だろう。ホンカーのような位置づけで紹介されることもあるが、カスレ気味の渋い音色はお馴染みの曲であっても新たな魅力を漂わせ心に迫ってくる。この作品は1960年代にフランスで出版されていた雑誌<RALLYE jeunesse >のノベルティーとしてリリースされていた1枚。そっけない共通のジャケットではあるが、内容は紹介せずにいられない魅力的な4曲が収録されている。 テンポ良く演奏されるWalter Donaldsonの名曲「LOVE ME OR LEAVE ME」、お馴染み「STAIN DOLL」と激渋バラード「WILLOW WEEP FOR ME」、Duke Ellington屈指の名曲の一つ スインギーな演奏が素晴らしい「IT DON'T MEAN A THING」を収録。最近では このスタイルで演奏するテナー奏者は少なくなってきたが 強いアルコールでも嗜みながら聴けば 刺激的で開放感に浸ることができる。
イメージ 3


イメージ 2

イメージ 1

開くトラックバック(0)

全194ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事