ここから本文です
未知との遭遇 〜 7inch EPに録音された ジャズの 批評と研究

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]



(sax,fl),org,ds  Rec.1966
■1965年にモダンで乗りの良いピアノ・トリオで録音を残しているMk. III とはTheが付いているので異なるグループのようだ。メンバーは不明であるがレーベルの曲目にはMorris,Resier,Rughとのクレジットが確認できる。編成はサックス(フルート)+オルガン+ドラムでこの時代らしい雰囲気が楽しめる2曲を収録している。気だるいテーマから渋いテナーサックスがソロを聴かせる「Blues For George C.」、ボッサのリズムに乗ってフルートがモーダルな風を漂わす「Mocha Nova」とテイストが異なるので両面飽きずに針を落とせる魅力的な作品である。
イメージ 1


この記事に

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事