ヒュッゲにねッ!〜 「うつ」だけど穏やかに自分らしく

ポジティブになりたい方!お暇なら、読んでみてくださいね!

全体表示

[ リスト ]

どうもおかんです。
今日はちょっと、うつ(鬱)で休職する前の体調のことを、
振り返ってまとめてみたいと思います。


もし、自分や身近な人に同じような様子があったら、
すぐにでも一定期間休養を取るよう、
すすめてあげてくださいね。





おかんが抑うつ(抑鬱)で休職したのは、
去年(2017年)の2月からですが、
いま、振り返ってみたら、
その前から、体調の方はボロボロになってました。



①アトピーが悪化して、体中かゆかったし、
②家に帰ると疲れ切って、しばらく横になってから晩ご飯を作る状態でした。
もちろん、その晩ご飯も、しょぼいご飯です。


③休日も寝るしかできませんでした。
だから、子どもをどこにも連れて行ってあげられず、
苦しい思いをしました。


④記憶力や思考力も落ちていました。
例えば、新しいアイデアを出そうとメモをしても、
メモの内容が頭に入らないし、まとまらなくて困りました。
もしかして若年性認知症ではないか?と真剣に悩みました。


⑤自動車の運転に危険を感じるようになりました。
どうってことないところで擦ったり、
注意力が下がって散漫になっているのを感じたり、
自分でもヤバイと思うことが増えてきました。

ちなみに、運転は今でもしないようにしてます




その時からお世話になっていた今の主治医に
何度も何度も休みを取るように言われました

でも、できませんでした。
皆さんもそうだと思いますが、
《疲れてるので休みをしばらく下さい》
とは言いづらくないですか?

それに、自分ではまだまだ動けているつもりなので、
真剣に考えられなかった、というのもあります。


でも、もし、ドクターが
《この疲労は異常だから○ヶ月休職しなさい》
と言っていたら、休んでいたかもしれません。
また、疲労が何をもたらすか、という知識を教えていてくれたら、
もう少し違っていたかもしれません。




……まあ、過去を振り返っても仕方ないですが、
この時点で3ヶ月くらいの休養していたら、
ここまでこじれなかったかな?
と思うことはあります。


だから、もし、
こんな症状を感じながら、
体力の限界を感じながら頑張っている方がいたら、
1日でも早く、医師に休養の診断をもらうことをおすすめします!





さて、ここまで疲労がたまると、胃腸が弱ります
何が食べられないって、米が食べれなくなりました


いつも朝昼晩と1膳ずつ食べていたのですが、
とくに、昼食後にハンパない疲労感を感じるようになりました。
横になる場所もなかったので、職場でこれは辛かったです。




試しに白ご飯を抜いたら楽になったので、
昼は別のもので糖質を補うようにしていました。

一番調子がいいのは、意外かもしれませんが、
さつまいもでした。
ふつうに量が食べられて満腹感が120%なのに加えて、
お通じがスムーズになるので、便秘対策としても最高でした。

じゃがいもにしてみたこともあるのですが、
さつまいもほどの効果がなかったので、やめました。


いまはそこそこ食べれるようになりましたが、
ダメなときは、
ご飯粒が胃の中でごろごろざらざらしてる感じでした。

この粒消化するの、ムリ〜!って胃が言ってる感じてした。





上に上げたような症状は、
休職の前年(1916年)の10月あたりから
ひどくなってきたような気がします。

白ご飯を食べたらしんどいのに気づいたのも、ほぼ同じ時期です。


だから、
コメのご飯がふつうに食べられない、というのは、
いつ倒れてもおかしくない状態である、
と言ってもよいと思います。


胃腸薬より、休養です!






そんなこんなで、疲労がつのりつのって、
ある朝とつぜん、
布団から起き上がれなくなりました

無理して出勤しても、頭がぼーっとして仕事にならず、
1時間で帰ってきました。


それで、主治医のところへ行って、
抑うつ(抑鬱)との診断をもらい、結局、1年間の休職のすえ、
ふつーの労働に耐えられるほどの回復はしていなかったので、
先日退職しました↓。








そうだ、そうだ、ここでひとつ、
なってみて初めてわかった、
うつ(鬱)とは何か?

字面が憂鬱なせいで、
心の病気、気持ちの病気、と、おかんも思ってました。




い〜え、い〜え、そ〜れはち〜がいます〜♪




うつ(鬱)とは疲労の最終形態です。

そう、言うなれば、
疲労の《シン・ゴジラ第四形態》です。





エネルギー出し切ったら動けなくなるところまで、
うつ(鬱)と一緒だわ……シン・ゴジラ……


やっと溜まったエネルギーをヤシオリ作戦で吐き出させるなんて、
うつ(鬱)なのに下手にがんばってふたたび倒れるのと、
おなじではないですか!






これはおかんの実感なので、医学的にどうかは分かりませんが、

疲労の蓄積により機能不全を起こし始めた肉体をコントロールするために脳を酷使し、
脳にも疲労が蓄積して脳が機能不全を起こし始めているのにさらに脳を酷使し、


疲労困憊した脳の活動が完全に不全に陥り、
その結果ひき起こされるのがうつ(鬱)という症状だと思うのです。


だから、
疲労や原因が取り除かれたら元に戻る場合と、
完全には元には戻らない場合があるというのも、

疲労による脳のダメージの度合いによる、
と考えると、スッキリ理解しやすくなります。




つまりですね、骨折に例えると、

単純骨折ならほぼ元に戻るけど、
(ほどほどの脳の疲れなら、休養すれば治るけど)

↑これが抑うつ(抑鬱)ということらしい。


複雑骨折はもしかしたら後遺症が残るか、
障害としてのこるかもよ、
(ひどい脳の疲れは、脳にダメージが残るかもよ)

↑これがマジのうつ(鬱)ということらしい。


……ということです。




だから、
生まれながら肢体に障害を持っている人もいるように、

当然、うつ(鬱)の方の中には、
脳がもともとうつ(鬱)になりやすい仕組みである、

という方もいると思います。

これも多分、なかなか治らないマジのうつ(鬱)
ということになると思います。


ですが、
自分がどのタイプのうつ(鬱)なのか、
今のところ、そんなことを調べる検査はないようだし、
結局、休養して治るかどうか様子をみなければ、
分からないと思います。




ただ、自分のタイプがわからなくても、
うつ(鬱)を肢体不自由に例えることで、
取り組むべき戦略は見えやすくなります。



脳の機能不全肢体の機能不全も、
やることの本質は同じです。



①動かないものを無理に動かそうとして
こじらさない
(疲れた脳でむやみに悩まない。しんどいときは体も動かさない)


②少しでも動きやすくするための
リハビリは怠らない。
(脳の疲れをもたらすものの見方を転換していく。
もちろん、休養はしっかり取ります)


③出来ないことを補う手段を確保する。
(疲れた脳でも、楽に機能できるように助けるためのもの。
お薬、カウンセリング、周囲の支援、考え方の転換、生活の工夫)






……う〜ん、
ウツ・ゴジラが予想に反して成長して、
いままでおかんが考えたりやってきたりしたことの、
集大成っぽくなってしまいました。


でも、
これは本質をつかむための思考なので、
主体的に治っていこうとする方には、
どんなうつ(鬱)情報よりも役に立つし、
応用力がある自信はあります。

ていうか、
メンタルのびょーき全般に応用できるのではないかと思います。





この際、はっきり言っちゃいます!

おかんも、早く治りたくていろいろ読みましたが、
どれもうつ(鬱)とは何か?がわかりにくかった。

おかんもドクターから、
セロトニンがどうのこうのと説明されました。
それを知らないよりは知ってるほうがいいし、
うつ(鬱)というものを考える上で、全く役に立ってないわけではないですが、
……おかんには何もわかりませんでした。


だって、
それは脳とうつ(鬱)の仕組みを説明しているのであって、
うつ(鬱)の本質を説明できてはいないのです。






たとえとして適切ではないかもしれませんが、これは、
皆さんが1度はひっかかる分数の割り算だと思うのですよ。


分母と分子をひっくり返したらいい
で納得できる人か、

なんでひっくり返すか、わけわからんやんけ〜!
とこだわらずにはいられない人か、

の違いだと思うのです。





不幸なことに、おかんは後者です。
納得いかなかったので、
しばらくの間、分数の割り算は解きませんでしたwww







まあ、結局、今のところ、
うつ(鬱)というものの正体を
まるごと把握できるような説明って、
巡り会えてないです。




うん、だから、自分で理論をあみだそうとしているのね……
必要なものは自給自足です。







ていうか……
医学的にもうつ(鬱)って解明しきれてないらしいから、
しかないっちゃー仕方ないのですが……。




ただ、倒れる前のおかんの容態を見ていただいたら、
うつ(鬱)とは疲労の最終形態
と言うしかないこと、理解していただけると思います。








ああ〜……

疲れた〜……

でも、脳内のメモリーに溜まっていたもの一気に出したから、
楽になりました。
多分、脳の負荷も減ってます。






ですが、いつもどおり、尻切れトンボになってしまいました……www

ごめんなさいッ!




では、この続きは皆さんの脳内で完結させちゃって下さいね〜♪
(セコいって!?)









はでは〜♪






今日も明日も、いっしょに、元気になっていきましょう!








最後までお読み下さり、
ありがとうございます!

いつも、コメント&ナイス!&応援ポチっとな!
ありがとうございます!







ブログ村のぽち↓です。
うつへの理解をを広げるために、
40代主婦日記カテゴリーで、まずは50位を目指しています!
よろしかったら応援の《ポチッとな!》をいただけると嬉しいデス!







    ブログランキング・にほんブログ村へ  ←うつ克服法ゆきはコチラ




    にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ  
←ランクが上がると成長することにしてみます。

つもながら、ブログ村へ飛んでいくのが申し訳ないです……
お雛様の後片付けをしてお戻りくださいませ……








結果発表
真実一路 的な・・・2
開催終了2018/03/23まで
どんなネタでもよろしいですわ
参加メンバー:23人 その他ブログ



この記事に

閉じる コメント(8)

おかんちゃん、こんにちは。

これだけの文章を書けるって、おかんちゃんの脳みそ君は、毎日マラソンを走っているくらい頑張ってると思う。

私は、おかんちゃんの文章で勉強になるし、元気にもなれてるんだよ。

しんどくても、「ブログ、何を書こうかなぁ」と思える楽しみって、素敵な事だね!。

2018/3/10(土) 午後 4:26 [ うはし ] 返信する

顔アイコン

「うつは疲労の最終形態」。納得させられました!
この内容でセミナーできますね♪

2018/3/12(月) 午前 5:08 [ たろう ] 返信する

顔アイコン

こんにちわ、超納得な記事です〜!

私も再発した時、なんであと3ヶ月早くあきらめなかったんだろうと
今でも思ったりします。

少しでも軽いうちに、治療に戻れば、回復が早かったんではないかと、、、、
そしてその後の社会復帰も早かったんではないかと、思わずにいられません。

しかし働いている時って、自分の状態が見えていないですよね。

今、苦しみながら仕事を続けている人に、なんとか伝えたいけれど、
そういう人は他人のブログなど読まないだろうし、困るわ〜・・・・



あと、人体がこれ以上働かない方がいいと、体に停止信号を送っている
ような感じは、確かにあると思います。ナイス!

長年わずらっている私のような者は、脳が停止信号のスイッチ切るの、
忘れて寝てしまったようなイメージですかね?www

今日も、お大事にどうぞ〜

2018/3/12(月) 午前 11:47 [ 主婦の方 ] 返信する

こんばんは

私の場合は 多分ですけど
ウツの発端は
1番の親友( その当時は 彼女さえいれば他の友達はいらない くらいに思っていました )
が 病気で倒れ あんなに頻繁に会ったりメールしたり していた事が 出来なくなったこと
だと思うのです 。
その後 ドレトミンだけで 回復したものの
今度は 仕事のミスで 再発して
それからは 大波小波 と 原因不明のウツっぽさが残ってる感じです
仕事で疲れることはあっても 帰宅して 一晩寝れば 大丈夫でした 。

こんなに沢山の文章を こんなに面白く 分かりやすくまとめることができる おかんサンは
めちゃ元気な人に 思えます

2018/3/13(火) 午後 10:10 [ そら ] 返信する

顔アイコン

> UHASHIさん
こんなブログですが、ちゃんとUHASHIさんのお役に立てれてて、ホントに嬉しいです!ありがとうござます。
でも、主治医からは、脳みそを使いすぎだから、今度は体を動かしてバランス取れって注意されました……まさにそのとおりです、へへへへ。

2018/3/20(火) 午後 5:04 [ おかんの世界 ] 返信する

顔アイコン

> たろうさん
おほめにあずかり、嬉しいです!ありがとうございます。
ほんとにセミナー出来そうですね……そうしたら、倒れるまでがんばる人が減るかな?話すなら、若い人にって思います。人生の早いうちに、疲労はやばいと知って欲しいと思います。

2018/3/20(火) 午後 5:10 [ おかんの世界 ] 返信する

顔アイコン

> 主婦の方さん
気分の落ち込みって、確かに《停止信号》かもですよね。危険だから止まって寝ろ、もしくは、そこにいたら精神消耗するだけだから早く逃げろ、みたいなもんの気がします。

がーっとこの記事書いて、やっと自分で納得してゆったりでき始めた気がします。

2018/3/20(火) 午後 5:14 [ おかんの世界 ] 返信する

顔アイコン

> そらさん
心の支えになる人の存在って、大切ですよね……。私も、体の疲れだけでなく、信頼できる人が辞めたことがじわじわとダメージになった感じがします。

体も心もいたわりながら、一緒に治っていきましょうね!

2018/3/20(火) 午後 5:19 [ おかんの世界 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事