歴史ペディア

全年代 https://blogs.yahoo.co.jp/worldrecordshow/14742815.html

全体表示

[ リスト ]

西暦760年くらいのお話






弓削道鏡といえば奈良時代、称徳天皇(女帝、孝謙天皇の重祚)に取り入りその愛人となり、 ついには自らが天皇になろうとした怪僧であり、巨根の持ち主でもあったという



抜粋
(中略)…インド天文学に由来する一種の占星術なのだが、道鏡の行ったのは催眠療法とマッサージを兼ねたもののようだ。むろん体にも触れるのだが、もっと恐ろしいことが治療のひとつだった。古代インドの医学では鬱病の治療などに大麻を使った。インドの大麻を使う薬物療法、あるいはそうした治療法を記した書物が、帰国した遣唐使を通じて、この頃の日本には伝わっていた。道鏡は当時の最新の学問であったサンスクリット語を修めたインテリのひとりであった。道鏡が女帝に大麻を使った可能性はじゅうぶんにあるのだ。
巨根が武器だったのではない。彼の使ったクスリやある種の器具(たぶん性具)が女帝をとりこにしたのというのが真相ではないのか。







知らぬがほとけ?

770年
称徳天皇は聖徳太子の法隆寺に百万塔陀羅尼を納める。陀羅尼は大麻の紙が使われてる
聖徳太子と言えば、法隆寺で医療大麻薬局を作ったり、極楽浄土を見せたるといって弟子たちに大麻を広めてたあの聖徳太子だ

過去にも色んな著名人が大麻を吸っていたんだね
https://blogs.yahoo.co.jp/worldrecordshow/14708364.html

【陀羅尼】だらに

仏教
梵語(ぼんご)の発音のまま唱える長い句。(経文の中の)その呪文(じゅもん)。呪。

オマケ こんなエピソードも

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事