レッスン使用教材

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

初級コース

☆初級コースで使用している教材です

「アキ ピアノ教本」
  
  指番号が最低限しか書かれていないのと、♯や♭が割と早くから少しずつ導入されているため、無理

  なく、でも確実に読譜力がつきます。

  ほとんどの曲に歌詞が付いているので、子供さんにっとってなじみやすい本です。


「ピアノランド2、3」

  導入で使用した「ピアノランド1」の続きです。

  絵がとてもかわいいので、小学校低学年までの生徒さんに使うことが多いです。


「オルガン ピアノの本」
  
  「アキ ピアノ教本」修了後に3、4巻を使っています。

  定番の教本ですが、曲に生徒さんと一緒に物語をつけるなど、表現力をつけるレッスンをしていま

  す。
  


「やっぱりピアノがすき 下」

  子供さんが知っている曲がたくさん載っている教本です。

  どの曲を弾こうか、子供さんはワクワクしながら楽しんでいます。


「ラーニング トゥ プレイ」

  小学校高学年以上の生徒さんに使用しています。

  味のある曲がおもしろく、楽しんで演奏してくれます。


「ビーニー動物園」

  ぬいぐるみの動物をテーマにした曲集です。

  かわいいイラスト(ぬりえをしてくれる生徒さんも)、そしてなにより表現力を付けるのに最適な教

  本です。



大体この中から、2冊を併用しています。

プラス、バーナムピアノテクニックなどのテクニック教材を1冊の計3冊でレッスンをしています。

そしてリズムとソルフェージュの本から毎回1題ずつと、当教室オリジナルの教材で楽典(または聴音)

をします。

初級も導入と同じく楽しみながら、しかし、確実に次のステップへ進んで行けるようにレッスンしていま

す。
  

開く コメント(0)

入門コース

☆入門コースで使用している教材

「うたとピアノの絵本 みぎて、ひだりて、りょうて」
  
  題名の通りかわいい絵の描かれた絵本のような教本です。
  
  みぎて、ひだりて、りょうての3冊を順に弾いていくことでピアノに慣れていきます。
  
  小さな子供たちは、この本を渡すとどんな絵が描かれているかに、まず興味を持ちます。
  
  絵を見ながら歌うことで、音楽の想像力の基礎がつきます。
  


「ぴあのひけるよ ジュニア1、2」
  
  みんなが知っている曲を使った教本です。
  
  自分の知っている曲が弾けることで、ピアノを弾く楽しさを覚えます。
  


「プレピアノランド1、2」
  
  ピアノを弾くための手の形やタッチなどの基本を楽しく、わかりやすく身につける教本です。
  
  なかでも指の体操の歌は子供たちに大人気です。



「ピアノランド」
  
  「プレピアノランド」で弾く準備が出来た子供たちのためのピアノ教本です

  かわいい絵で現代の子供の感覚にとてもよく合っています。



「4才からのリズムとソルフェージュ」
  
  リズムを手でたたく、音符を自分で読んで歌う。
  
  ソルフェージュはピアノを弾く上でとても大事なものです。
  
  当教室では必ずレッスンに取り入れています。入門コースでは基礎を作ります。



「おみみのがっこう1、2」

  イメージ聴音の本。

  講師が弾く曲を聴いて、合っている方の絵に色を塗っていきます。(音の高低、強弱を動物や行動で

  表現されています)
   


「はじめましておんぷさん」
  
  当教室オリジナル教材です。
  
  まだ十分に文字を書くことのできない小さなお子様にも線で結ぶ、色を塗るなど、楽しみながら音符  
  
  に慣れていけるように工夫しています。


レッスンでは、ピアノ教本は様子を見ながら大体2冊ずつ、それにリズムとソルフェージュ(これは講師

の本を使って出来たら生徒が持つ用紙にハンコを押していきます)プラスそのほかの楽典教材のなかから

何かひとつか二つしています。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事