ここから本文です

書庫山 〜 阿武隈 〜

記事検索
検索

二ツ箭山 2012年12月9日

イメージ 1
 
なんとなく尾根道を選び
イメージ 2
 
〆張り場からは沢道。天邪鬼
イメージ 8
 
こんなところでおとといの地震を思い出し、はや歩き
イメージ 9
 
上流には少し氷
イメージ 10
 
枯れ枝が凍り
イメージ 11
 
落葉も凍る
イメージ 12
 
その先はフカフカの登り
イメージ 13
 
天狗岩からの女岩
イメージ 14
 
女岩から男岩
イメージ 7
 
足尾山。ひとりだし、急ぐ必要もない。登ってみる
イメージ 15
 
その足尾山から、見慣れない女岩
イメージ 3
 
見慣れた女岩
イメージ 4
 
月山から水平線を
イメージ 5
 
遠くに一隻
イメージ 6
 
駐車場 9:30 〜 〆張り場 10:20 〜 沢 〜 女岩 12:00 〜 月山 〜 駐車場 13:20

秋の二ツ箭4週目。素敵な笑顔をいただきました
イメージ 1

今日は登りはじめから最後までasanoさんとご一緒でした
イメージ 1
 
構えたカメラの先には月山。紅葉ピークは先週だったようで、少しトーンダウン。でも太陽の光に助けられた?
イメージ 2
 
絵になる背中。asanoさんの山の師匠Mさん。女岩テラスから合流させていただく
イメージ 3
 
稜線は紅葉と落葉のまじり具合がちょうどよく
イメージ 4
 
月山から
イメージ 5
 
風の強いこんな日はテラスの有難さがよくわかる。今はカラフルな登山者が休憩中
イメージ 6
 
今年は二ツ箭の紅葉を十分に楽しむことができました。さて奥久慈は?
イメージ 7
 
 
 
 
デビュー戦はこんな感じ
もうちょっといろいろ試しつつ、センスを磨いていきたいと思います。。あ、カメラのことです

ポイントから。来週が楽しみ
イメージ 1
 
誰かいるかな?
イメージ 2
 
団体さんも登られてました。月山にて
イメージ 3
 
海もすっきり
イメージ 4
 
少し写真を追加しました。女岩から月山を眺めて 
イメージ 6
 
本日のスタートとゴール、茱萸平方面
イメージ 7
 
猫鳴山と屹兎屋山は紅葉しないんでしたっけ?
イメージ 8
 
今日は猫経由。テラスの団欒には間に合わず
イメージ 5
 
茱萸平 10:10 〜 猫鳴山 11:40 〜 二ツ箭山 13:00 〜 月山 13:40 〜 女岩 14:10 〜 茱萸平 14:50
 
 
  茱萸平            0.18uSv/h
  猫鳴周辺         0.75-1.75uSv/h
  二ツ箭山頂周辺  0.49-2.13uSv/h ←山頂奥側の藪ゾーンが一番高かった
  月山周辺         0.82uSv/h
  女岩                0.20uSv/h
  ※簡易装置による素人測定。ご参考まで

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事