主権在官の現状

官僚の専横が日本を亡ぼす。その負の生態を明らかにする

衆院山口二区の補選結果は主権在官のたそがれ

 与野党候補の獲得票数が2万の差。11万6千と9万4千である。出口調査で自民党支持者の4分の1が民主党に流れたといわれる。山が動いた気配がある。従来の自民党支持層である老人票が離れた原因は、後期高齢者医療制度の悪評だ。  これについて、首相は「説明の仕方が拙かった」風の言い方をした。政治は耳障りのいいことしか言わないのが通例。だから、統治者側は言い方に最も神経を用いる。それへの配慮が無かったのは、最も大事なことを軽視していたわけだ。自民党に政権担当能力の無いのを、トップ自らが認めた。    福田で行く限り、また福田政権作りに関与した者たちが党を掌握している限り、自民党は次の総選挙で負ける。市井の声、年金世代は自民党を見放している。壮年世代は、党の動きに不信感を抱いている。若年層はハナから自民党を認めていない。それは即民主党すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事