チーム森田の“天気で斬る!”

森田正光はじめ人気お天気キャスターによるチームブログ。

夏の甲子園と暑さ

仙台の平野です。

夏の甲子園、皆さんはご覧になってますでしょうか。
大会はもう大詰めで、残すはあす行われる決勝1試合のみとなりました。
私も高校野球は好きで、子供の頃からテレビでよく見ていたのですが、
甲子園が終わると、夏も終わりだなと感じます。

きょうは、準決勝と決勝の間の休養日にあたるわけですが、
この休養日は今年新たに設けられたものです。
その理由の一つが暑さ対策。選手の負担を少しでも減らす目的があります。

この他にも、暑さ対策として、1日3試合日と準決勝の第1試合の開始時刻が早められました。
比較的涼しい時間帯に試合をするためということです。
(準決勝は結果的には雨で試合開始が遅れましたが...)

また昨年からは「タイブレーク」も導入されました。
タイブレークとは、延長13回以降、無死一、二塁から始めるもので、
試合時間を短縮し、選手の負担を軽減することが目的です。
今大会は、3回戦の星稜―智弁和歌山の試合で適用されました。
暑さの観点から見ても、意味のある対策といえます。

私は、数年前にタイブレークの案が浮上した際、どちらかといえば反対でした。
試合の流れが途切れてしまう。チャンスは一から作るもの。
1本のシングルヒットだけで試合が決まってしまうこともあり、公平ではないと思ったからです。

しかし、昨年のように全国で40℃超えが頻発するようになるなど、
近年の夏の暑さを考えると、そんなことも言っていられません。
昔は、部活動などでも「水を飲むな!」ということもあったようですが、今はそんなことはできませんね。
甲子園でも昨年から、大会本部の判断で、試合中の水分補給が可能になっています。

時代とともに、気候の変化とともに、高校野球に対する考え方も、
徐々に変えていく必要があると感じた今大会でした。

あすも甲子園周辺は暑くなりそうです。

イメージ 1
8月22日(木)の予想最高気温


平野  貴久

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ひまわりの秘密

盛岡の大隅です。
今週は、前線などの影響で全国的に曇りや雨の日が多く、大雨の所がある見込みです。
長く降り続く所もあるので、土砂災害などにご注意下さい。
 
今、夏を惜しむように各地でひまわりが咲いています。
岩手県盛岡市から南に車で30分ほどの矢巾町にある煙山ひまわりパークでは、約40万本のひまわりが咲き誇り、人々を楽しませています。
イメージ 1
矢巾町 煙山ひまわりパーク 816日撮影

ひまわりは、漢字で書くと「向日葵」「日まわり」、また別名を「日輪草」などとも言います。
その名の通り、太陽の動きに合わせて回ることが知られています。
しかし、太陽の方に向きを変えるのは、実際は成長が盛んな葉からつぼみの間だけなんです。
成長期には茎も伸びますが、茎は日陰の方が伸びる性質があります。
そのため、自然と、柔らかい茎の先は太陽の方に曲がってしまいます。
つまり、成長期は、太陽を追うようにして、回っていくことになります。
イメージ 2ひまわりのつぼみ 矢巾町 煙山ひまわりパーク 811日撮影

花が開いて成長が止まると、茎が硬くなるため、一定の方角を向くことになります。
周りに光を遮るものがなければ、基本的に花は東を向きます。
このひまわりは東を向いています。
じっと見つめられている感じがしますね。
イメージ 3
矢巾町 煙山ひまわりパーク 816日撮影

若いひまわりは太陽を追いかけているように見えますが、成熟したひまわりはどっしりと構えて動かないのです。
ひまわりの花言葉の一つに「あなただけを見つめる」があります。
夏の終わりにひまわりに見つめられるのもいいかもしれません。
イメージ 4
矢巾町 煙山ひまわりパーク 811日撮影

大隅智子

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)



こんにちは。及川藍です。

今週は35℃以上の猛暑日になる所が先週より少なくなり、猛烈な暑さが和らいで、少しずつ秋の気配が感じられそうです。

日が沈む時間も気づけば早くなっていて、空高い所の雲が見える日もあり、空の雰囲気も変化してきますが、もうひとつ、夏の終わりを感じさせるものがあります。


大好きな四つ葉のクローバー。


クローバーは、特に春から夏にかけての成長が著しく、6月〜7月には芝生が一気にクローバー畑になりました。


こちらは今年の7月のようすです。


イメージ 1



至るところにクローバーが生い茂っていて、四つ葉もたくさん見つかりました。



イメージ 2

四つ葉のクローバー いくつ見つかるかな?




そして、先日久しぶりに同じ公園に行ってみると、小さな白いお花はほとんど見かけなくなり、クローバーのほかに夏草が生えて、クローバーが埋もれ始めていました。


イメージ 3




クローバーの最盛期がもう終わろうとしています。


四つ葉がたくさん見つかった公園も、クローバー畑から芝生に変わりつつあります。

まだこの草をかき分けると、四つ葉のクローバーも見つかりますが、クローバー畑は終わりを迎えつつあります。


イメージ 4



四つ葉探しができなくなるのは残念ですが、こんなところでも季節の移り変わりを感じました。


及川藍


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事