チーム森田の“天気で斬る!”

森田正光はじめ人気お天気キャスターによるチームブログ。
こんにちは。鳥取の熊澤です。

きのう台風2号が発生しました。
きょう(21日)午後6時現在、西太平洋の辺りを強い勢力で西北西に進んでいます。

気象庁では1951年以降の台風について、統計データをまとめています。
1950年以前は台風の定義が現在と異なるため、統計データは作られていません。

しかし1950年以前も台風は発生していました。
1950年以前の台風について調べた研究のひとつを紹介したいと思います。

1900年から2014年までの115年間に、日本に上陸した台風を調べた研究です。
今ほど資料が豊富に無い時代も含め、均一して上陸数を調べるためには、現在の定義とは異なる定義を使う必要がありました。

そのとき使われた定義がこちら。
・2地点の観測所のうち、片方の風向が時計回りに変化し、もう片方が反時計回りに変化する。
・2地点の観測所のうち少なくとも一方の上陸時の気圧が1000hPa以下である。

イメージ 1
図:上陸の定義を表す模式図

上図ではA地点の風向が時間とともに反時計回りに変化し、B地点の風向が時間とともに時計回りに変化しています。このとき台風はA地点とB地点の間を通ったとみなされています。

この研究では115年間に352個の台風が日本に上陸したことや、強い台風がどの年代に多かったか等が示されています。

ちなみに、この定義だと鳥取県に上陸した台風がひとつありました。

現在は気象衛星や数値予報などの技術がありますが、過去の資料でも工夫を凝らすことで、見えてくるものがあると分かります。



<参考文献>
・熊澤,筆保,久保田,2016:1900年から2014年における日本の台風上陸数
・図:筆保研究室ホームページより引用

熊澤里枝

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

こんにちは。藤枝知行です。

きょう(20日)未明は、スーパームーンでしたね。
全国的に曇りや雨という所が多かったのですが、関東は予想よりも天気の回復が早く、
東京都内ではきれいな満月を見ることができました。
イメージ 1
【撮影:20日未明、東京都内】

地球と月の平均距離が近いために「大きく・明るく」見える満月がスーパームーンと呼ばれています。
ただし、距離が何キロ以内など明確な定義はないようで、
国立天文台のホームページでは2月20日の満月をスーパームーンではなく、
「今年最大の満月」と表現しています。
今年最小の満月(9月14日)と比べると14%大きく、30%明るいそうです。

今回ラッキーだったのは、直前の雨が空気中のチリや埃を洗い流してくれたこと。
「おぼろ月」という言葉があるように、
春に向けてはだんだんと月がボンヤリ浮かぶようになってくるのですが、
まるで「中秋の名月」のようなひときわ明るく美しい満月を観察することができました。

残念ながら今回スーパームーンを見逃してしまったという方に朗報です!
これは一昨日(18日)夜に撮影した月です。
満月ではありませんが、きれいな月を見ることができました。
月の満ち欠けはご存知の通りゆっくり変化するので、その前後は”ほぼ満月”が浮かびます。

イメージ 2
【撮影:18日夜、東京都内】

スーパームーンから一日たった今夜も、空にはいつもより大きく、明るい月が浮かびそうです。

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

こんにちは、秋田の津田です。
 
皆さんがお住まいの地域では、田植えはどの時期に行われますか?
一般的には、春から初夏にかけて行われると思います。
 
秋田県北秋田市では、正月が明けて間もない頃に田植えを行い
真冬に稲刈りまで済ませてしまうのです。
 
それがこちら。
イメージ 1
2019126日、津田撮影)
 
その名も「雪中田植え」です。
 
お米を育てるために苗を植えるわけではなく、その年の稲作の豊凶を占う田植えなんです。
 
去年は、占いの結果通り「不作」となってしまいましたが
気になる今年の占い結果は「平年作」。
 
何が「不作」で何が「平年作」になるのかというと
ポイントになるのは「稲の傾き具合」です。
 
毎年115日、苗に見立てた稲わらと豆がらを雪で作った田んぼに植え
半月後の毎年21日には、稲の刈り取りである「雪中稲刈り」を行います。
 
イメージ 2
雪中田植えの様子(写真提供:JA秋田たかのす)
 
イメージ 3
雪中稲刈りの様子(写真提供:JA秋田たかのす
 
刈り取り後、稲を並べて占います。
稲が直立していれば、実が入らない「不稔」、
倒れていれば風水害による「倒伏」で、どちらも凶作
一方で、たわわに実った稲穂のように、適度に傾いていれば豊作です。

イメージ 4
お見立て中(写真提供:JA秋田たかのす
 
今年は、倒れた稲はなかったものの、傾きが不十分だということから
「平年作」と判断されました。
 
先日の大隅予報士の記事にもありましたが、各地でこのような作柄占いがあるようです。
農家が早めの対策をとれるよう、私も早めに気象情報を伝えていかなければと
一層気持ちが引き締まりました。
 
気象予報士 津田紗矢佳

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事