チーム森田の“天気で斬る!”

森田正光はじめ人気お天気キャスターによるチームブログ。

全体表示

[ リスト ]

暖冬傾向強まる!

イメージ 1

イメージ 2

当初、
この冬はラニーニャ現象の影響もあり、
比較的寒い冬になる可能性もあるのではないか!?
という予想もありました。(もちろん否定していた方もいましたが・・・)

またこの予報を後押しするかのように、
11月下旬には早々と強い寒気が到来し、それを感じさせる流れもありました。

しかし12月になると寒気の流入は散発的で、しかも北日本が中心。

年越し前後にはこの冬一番の強い寒気が到来しましたが、それも一時的。

終わってみれば、
12月の平均気温は東日本〜西日本にかけて平年比1.0℃程度高めで推移。

そして、今日気象庁から最新の一ヶ月予報が発表になりました。(上図)

すると一目瞭然。東日本以西は赤一色。

この先一ヶ月、散発的に寒気の流入があるにしても、
気温が高くなる可能性は60%!低くなる可能性はわずかに10%。

寒の内、厳冬期の気温も高いとなると、
かなりの確率でこの冬(12月〜2月)が暖冬になる可能性が高くなったと言えそうです。
気象庁も同様のコメントを発表しています。

また日本海側の降雪予想も、北陸以西では少ない確率が50%。

ですから、
スキー場に関して言えば、年越し前後に降った貯金がしばらくありそうですが、
今月半ば以降になると、滑れないゲレンデが出てくるかもしれません。

(上図は気象庁発表資料、杉江勇次)

この記事に

閉じる コメント(25)

顔アイコン

皆さんのコメント読んで、今晩19時の「地球温暖化・・・」という番組を夕刊で知った。司会者は古舘伊知郎(ふるたち いちろう)氏じゃないか。懐かしいのう。

古舘氏は若い頃、プロレス放送のアナウンサーだったが、その話ぶりが非常にうるさくて過激であったために当時は「過激アナ」と呼ばれたもんじゃよ。彼がよく発する「オォッートォー」という発音が当時流行したもんじゃ。もっともこれはわしの日常用語でもあるが。

新聞の放送プログラムを読んだところ、わしも見たいが、4時間もあってはとても見られない。残念じゃがあきらめた。わしは健康上のことからテレビを見られるのはせいぜい20分なんじゃよ。

ところで女性アナウンサーをわざわざ「女子アナ」と言うのはなぜか。男性の場合「男子アナ」とは言わないだろう。わざわざ「女子」と断らなくても見れば女性だとわかるじゃないか。同じことに「女子大生」「女子高生」なぜわざわざ「女子」をつけるのか。男子にはつけないじゃろ。ただ学校名で「○○女子大学」という場合は別じゃが。わしの地元では数年前から男子学生も採用する「○○女子大学」がある。 削除

2008/1/4(金) 午後 7:34 [ やまじ ] 返信する

顔アイコン

寒さに弱い私にとっては暖冬って言うのはうれしいけれどスキー場などは大変でしょうね。

2008/1/4(金) 午後 7:36 [ left ] 返信する

顔アイコン

録画して後で見ればいいじゃないの。

2008/1/4(金) 午後 7:37 [ yyy*6*99 ] 返信する

顔アイコン

500hPaの天気図から見てもこの先が高温であることを証明している。サブハイのおおよその目安である5880の特定高度線がいつもの年に比べ日本に近い位置にあり、北の寒気との温度差が大きくなり低気圧が頻繁に発生・通過する可能性を示唆しているのだろう。 削除

2008/1/4(金) 午後 9:39 [ hotmoon ] 返信する

顔アイコン

関東地方も昨年並みの暖冬といった感じでしょうか・・・。

近年は、暖冬傾向が顕著とはいえ、
00〜01年、02〜03年、05〜06年の冬は
結構寒かった記憶があるのですが、
このレベルの寒さももうやってこない感じなのでしょうか・・? 削除

2008/1/4(金) 午後 10:33 [ daniel ] 返信する

顔アイコン

東北南部の当地、記憶違いでなければ、去年は真冬日ゼロ。2月にウメが開花してからちょっぴり積雪をみました。またこの冬も暖冬…。
このブログでいつも名句を詠んでニンマリさせて下さる家元に叱られそうですが、時代もとうに変わったことだし、そろそろ公然と改竄してもいいでしょう。
降る雪や昭和は遠くなりにけり
確かに、昭和は寒かったですわ。

2008/1/4(金) 午後 11:35 [ hca*0*21 ] 返信する

顔アイコン

今日テレビ朝日で温暖化についての番組を放送するなど、マスコミでは温暖化についての報道が目立っていますが、チーム森田の方々を始めとして日本の気象関係の人たちはほとんど温暖化についての言及・解説をしていないのは不思議です。

専門家として軽々しく発言するのを避けたいというのはもっともですが、このコメント欄でも自分をふくめたくさんの方が自分なりに発言・議論をしているのは、やはり近年の猛暑・暖冬のあり様に危機感を感じている人が多いことの表れでしょうし、一方でマスコミの温暖化についての報道に対しては危機感を煽っているだけだという人もいるのだから、やはり気象予報士の方々が専門家としてこの問題に何らかの見解を示すべきでなはいでしょうか。
今のように気象予報士の人たちが温暖化を始めとする環境問題に触れたがらないのは、環境問題を議論することで消費者の消費行動にマイナスの影響がでるのを嫌がる経済界の圧力がかかってるのではないか、とすら思えるのですが・・・。

2008/1/4(金) 午後 11:58 [ fab*r*468 ] 返信する

顔アイコン

hcab0321様
>降る雪や昭和は遠くなりにけり
私も続いて、
♪融ける雪、平成はやく、なりにけり
さて、長期予報を眺めるたび、北冷西暖が年々多くなっているような。
日本社会の格差が大きくなってきているように、気温の南北の格差も広がってきているのかな。そこで、、
♪格差気温 ついでに責任 負う小泉
今回の寒波について、やたら寒さに強い私の母ちゃん曰く
「ほんま、拍子抜けやわ〜。せっかくオーバー買ぅたのに〜」
私的に(真の)寒波の指標の一つは、東海南部エリア(特に四日市〜名古屋)の降雪(積雪)かなと感じる。このエリアで積雪があるとたいがい全国レベルの寒波かな、と経験則。この地峡ゾーンを吹き抜けるほど寒気の勢いが強い証拠だ、と勝手に推察。
思い起こすは、1995年12月25日の四日市の積雪58cm。等圧線も凄かった。日本列島、垂直10等分線!!。 削除

2008/1/5(土) 午前 0:28 [ 台湾坊主 ] 返信する

顔アイコン

よく考えてくださいな、
地球48億年
人類が誕生して何年?
人類の活動を地球の24時間に換算すると何分?
たかが人間に48億年も生きている地球を
破壊する能力がありますかね?
冷静に考え、氷河期、高温期を素人が考えている
はるかな時間をかけて繰り返されているんです。
例え人間が地球にとってのガン細胞だとして
ガン細胞も人間を10分で死に至らしめることが
できるでしょうか? 削除

2008/1/5(土) 午前 1:13 [ いやいや ] 返信する

顔アイコン

2007年は季節の移り変わりがおかしかったし、いよいよ地球温暖化の影響が明確に現われてきた感じがします。 削除

2008/1/5(土) 午前 6:41 [ たか ] 返信する

顔アイコン

最新の週間天気資料で、来週末に日本海を低気圧が進むと予想している資料が出てます。こうなると暖冬さらに拍車かかりそう。 どうなるんでしょうね2008年冬・・・ 削除

2008/1/5(土) 午前 10:07 [ hotmoon ] 返信する

顔アイコン

残念であるが、私の予想通りの経過と辿っていることは認めざるを得ないな。テレビに出る気象予報士でこの冬をしっかり『暖冬になる』と言っていた人は誰一人いなかったと記憶。20年以上も続く暖冬連続、北半球の寒気死滅、地球の更なる温暖化。単純にラニーニャ=寒冬と考えている気象予報士はもっと気象の勉強やデータをしっかり見たほうが良い。地球温暖化以前の昭和の冬でもラニーニャと寒冬の相関はほとんど見られないのだが。 削除

2008/1/5(土) 午前 10:33 [ 予報士 ] 返信する

顔アイコン

いやいやさん
>ガン細胞も人間を10分で死に至らしめることが
できるでしょうか?
ガン細胞にたとえると、確かに無理ですね。
でも、劇物にたとえたらどうでしょう??数秒から数分。。。

2008/1/5(土) 午前 11:41 [ kab*ka*usaz*e ] 返信する

顔アイコン

不適切な内容、同意の複数投稿、過激な表現、本ブログに関係ないと思われるコメントなどは削除しています。ご理解ください。管理人。

2008/1/5(土) 午前 11:53 [ チーム森田 ] 返信する

顔アイコン

気象の長期変動を論ずるのは誰の領域か?
気象予報士は「予報」の専門家(一応)です。地球規模の気候変動を論ずる探求や研究も行ってはいません。ましてマスコミ程度にわかるわけがありません。それを鵜呑みにさせられる視聴者も迷惑な話ですが、大体温暖化防止のための反化石エネルギーキャンペーンが原発ビジネス促進キャンペーンだということを誰もいわないじゃないですか。そのおかげで、日米の原発メーカーが大規模商談を次々と落札している、というのが現実です。
一方、地球に熱を供給している太陽が、じゃ、地球と同じように長周期で変動しているかということさえせいぜい100年程度の記録しかないのです。今起こっている現象がどこまで人為的なものでどこまでが自然の長周期変動かという区別を論じない限り、現在の異常気象とか地球温暖化キャンペーンなど無知なドシロートのたわごとでしょう。
地球物理や気象学に日本ほど敬意を払わない国はない、と言うこともいわせてもらいましょう。少しは文部科学省も自然科学に金をだせ!このアホンダラ!

2008/1/5(土) 午後 1:42 [ - ] 返信する

顔アイコン

yyy66799さん「録画して後で見ればいいじゃないの」

とのことじゃが、録画しても4時間も見なきゃならんじゃろ。それに4時間録画するのに「20分テープ」を12巻も容易せにゃならんし、テープリールを取り替える手間をかけているほうが大変じゃよ。昔の録画装置(「東京通信工業」製)は1セット50kg以上もあって発熱が多くて扇風機で強制空冷が必要なんじゃよ。

それで昨夜は10分間ぐらいだけ放送を見たが、その短時間の内容は、たまたまわしの持っている気象学書と同じ内容だったのが幸運だった。もちろんわずか10分間だけでは4時間の放送を把握できないが、最新の温暖化に関する報告書を見れば放送内容の2割ぐらいは似た内容だったと感じる。

わしだって本当は見たい。しかし見られないんじゃよ。もちろん「紅白歌合戦」もここ40年ぐらい見たことがないんじゃよ。 削除

2008/1/5(土) 午後 2:26 [ やまじ ] 返信する

顔アイコン

yyy66799さん、「テープリール」の一例を紹介しておこう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81VTR

これじゃ。昔はテープの幅が2インチあったんじゃ。その後、カセット式になったが、それでも大きさはA3版ぐらいで厚さが5センチぐらいあった。

だから録画・再生なんて大変な作業だったんじゃ。それはもう重労働で冬でも下着1枚になって首にタオル巻いて汗拭きながら作業したもんじゃ。

昔の電話局も似たような感じで通信機械室は猛暑で、氷屋さんから「氷柱」を買って、それを通信室に並べて冷やしたんじゃよ。

気象の話題とは関係ないが、かつてはこのやうな方法で録画していたものじゃ。気象観測も現在は目視観測要素以外はほぼ全自動化されておるが、1960年代まではみなさんが学生時代に理科の授業で習ったやうに、それを毎時観測していたんじゃよ。当時の気象台は盛夏でも冷房がなくて予報官は下着一枚で天気図書いていたところへ、わしもよく訪問したものだったよ。 削除

2008/1/5(土) 午後 5:27 [ やまじ ] 返信する

顔アイコン

yyy66799さんへ。
発言内容に口出しするつもりはありませんが、言葉づかいはもう少し丁寧になってはいかがでしょうか?人を小馬鹿にした態度は良くないですよ 削除

2008/1/5(土) 午後 8:17 [ 天気や ] 返信する

顔アイコン

そういえば前に
「環境破壊」とか「地球にやさしい」とかは地球に対して失礼だと書いている人がいた・・・。

その人によると・・皆が言う「環境」とは人間やその他の生き物にとっての環境でありそんなものが破壊されても地球はなくなるわけでも破滅するわけでもない、地球には今よりもっと高温な時代もあったのだ、と・・・・・・・。 削除

2008/1/6(日) 午後 6:50 [ tgt ] 返信する

顔アイコン

温暖化で騒いでるのは人類にとってデメリットが多いから。メリットのほうが多ければこんなに騒がれない。もちろん温暖化で地球が破壊されることも無い。

2008/1/6(日) 午後 8:38 [ yyy*6*99 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


みんなの更新記事