チーム森田の“天気で斬る!”

森田正光はじめ人気お天気キャスターによるチームブログ。

全体表示

[ リスト ]

こんにちは、片山美紀です。
きょうの日本列島は典型的な冬型の天気になっています。
週末は、真冬並みの寒気の影響で、北日本や北陸で大雪になる可能性があります。
一方で、太平洋側では晴れて、冷たく乾いた風が吹き付けています。
乾燥する日は特に気を付けたいのが「谷風」です。

谷風というのは、インフルエンザのこと。
江戸時代に、はやり風邪(今でいうインフルエンザ)のことをそう呼んでいました。
これは、江戸の名横綱・谷風梶之助たにかぜかじのすけ)に由来します。
イメージ 1






















当時、史上最強といわれた谷風は、
「土俵の上ではワシを倒せぬ。倒れているところを見たければ
ワシが風邪を引いたときに来い。」と豪語していたところ、本当に病気に。
その病気というのが、江戸で大流行していたインフルエンザだったのです。
谷風はそのまま44歳で亡くなってしまい、
町の人たちは、はやり風邪のことを「谷風」と呼ぶようになりました。

近頃、テレビでおすもうさんの姿をよく見かけますが、
あれだけの立派な体格でもインフルエンザにはかなわないということでしょうか。

実は、このインフルエンザの歴史は江戸時代よりも、さらに古く、
紀元前にまでさかのぼります。
16世紀のイタリアでは、すでに「インフルエンザ」という名前で呼ばれていたようです。
日本では、平安時代からインフルエンザの流行と思われる記述が残り、
時代により、「谷風」のほかにも「琉球風」や「お駒風」と呼ばれてきました。
(中外製薬ホームページ参照)

イメージ 2


















人類の進化とともに、インフルエンザウイルスも少しずつ変化しながら、
今日も存在し続けています。

現代でも、乳幼児やお年寄り、持病のある方は
インフルエンザになると命の危険に関わる可能性もゼロではありません。
予防接種や手洗い、うがい、マスクの着用などで予防し、体調管理により一層、
気を付けましょう。

この記事に

閉じる コメント(1)

こんにちは。

寒い日が続きますねぇ。
こう寒いと、谷風に注意をしなければなりませんね。

2017/11/24(金) 午後 4:36 [ seylook ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事