チーム森田の“天気で斬る!”

森田正光はじめ人気お天気キャスターによるチームブログ。

全体表示

[ リスト ]

こんにちは。鳥取の熊澤です。

鳥取では3月26日に桜が開花し、4月4日に満開になりました。
その他にも、先日は「のだふじ」が開花し、そろそろ「やまつつじ」も開花を迎える頃です。

これらは気象台で行なっている「生物季節観測」のうち、主に春に観測する植物の項目です。

春に観測する植物はいくつかありますが、中には意外に思えるものがあります。
それが「いちょう」です。

イメージ 1
(いちょうの標本木、鳥取市沢井手公園、4月17日撮影)

いちょうは秋〜冬に「黄葉」と「落葉」を観測していますが、実は春も「発芽」を観測しています。

ことしの鳥取のいちょうの発芽日は4月5日。
2週間ほど経つと、既に緑色の葉っぱが沢山ついていました。

イメージ 2
(いちょうの標本木、鳥取市沢井手公園、4月17日撮影)


生物季節観測では、桜は「開花」と「満開」、かえでは「紅葉」と「落葉」というように、2回観測する植物はいくつかあります。しかし3回も観測を行なう植物はいちょうだけです。

それだけ季節の進み具合を見るのに適した植物なのでしょうか。

ちなみに鳥取では今年2月に、いちょうの標本木が新しくなりました。
以前の標本木は秋に立派な黄葉を見せてくれましたが、新しい標本木でも綺麗な黄葉が見られることを期待してしまいます。


熊澤里枝

閉じる コメント(4)

こんにちは。

イチョウは三回もあるのですかぁ。
東京都のマークです。

2019/4/25(木) 午後 3:13 [ seylook ] 返信する

顔アイコン

> ちなみに鳥取では今年2月に、いちょうの標本木が新しくなりました。
以前の標本木は秋に立派な黄葉を見せてくれましたが、新しい標本木でも・・・

鳥取気象台の「イチョウ」の標本木の写真を見ると、大規模に枝が払われているようです。上部でも、太い枝が切られているのが分かります。このような不自然な状態の木ですと、サイトカイニンなどの植物ホルモンのバランスが崩れて、「頂芽優勢」などが異常な形で発現してしまいます。「発芽」の時期ばかりか、「黄葉」の鮮やかさや「落葉」の時期にも影響するかも知れません。
何故、太い枝を切断した直後の回復前のイチョウを、この時期に、新たな「標準木」に指定したのか、担当者の「思い」が知りたいものです。これでは、「生物季節観測」の記録の連続性が、損なわれてしまいます・・・。

2019/4/25(木) 午後 4:05 [ 桃檎林 ] 返信する

イチョウの若葉が芽吹く時期はちょうどソメイヨシノの桜が満開の時期と同じですね

2019/4/26(金) 午前 8:46 [ shonbenki ] 返信する

顔アイコン

2019/4/26(金) 午前 9:51 雷鳥 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事