チーム森田の“天気で斬る!”

森田正光はじめ人気お天気キャスターによるチームブログ。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

杉江です。

先週金曜日に九州南部で梅雨入りの発表がありましたが、
その九州南部以外でも
相変わらず『梅雨以上に梅雨のような!?天気』日照不足が続いています。

上記の写真は我が家近くの水田の様子ですが、
GW頃に田植えをしてからほとんど成長していない感じです。
また野菜を中心にあちらこちらに影響が出ているようですね。

東京の5月の日照時間を調べると、
1日〜28日までで、合計114.5時間(この期間の平年比で70%)
このままいくと、43年ぶりに日照時間の少ない5月になる気配です。
(過去115年間で4〜5番目に少なくなるかも・・・)

さてここからが本題ですが・・・
現平年値で月ごとの日照時間を多い方から調べてみると、
1位 5月 180.9時間
2位 1月 180.5〃
3位 8月 177.5〃
4位12月 171.1〃
5位 4月 164.9〃
というように、5月は年間のTOPを争う月なんです。

実際、過去115年間の年間の日照時間1位の回数を調べてみると、
1位 8月 35回
2位 5月 24回(4〜5年に一度はTOPをとる計算)
3位 7月 16回
4位 1月 13回
5位 4月 10回
などとなっており、
5月は8月に次いで2位につけている格好です。

しかし、このところ5月の回数が完全に頭打ち状態になっています。
一番近い所で5月がTOPになったのは1983年で、
それ以来22年間もTOPの座に付いていません。
(1984年以降でも、8月は8回、7月は2回、1月は4回TOPの座についています。)

今年もすでに3月の176.2時間を抜くことは無理ですね。
果たして5月の日照時間が年間TOPを奪還するのはいつになるのであろうか!?

https://s.yimg.jp/images/weather/blogs/sugie_60.jpg杉江勇次(すぎえ・ゆうじ)                                            お天気キャスター、気象予報士。株式会社ウェザーマップ所属。日本テレビ「ニュースD」(月〜金) 「NNN24」(月〜金) 「あさ天サタデー」(土)などに出演中。趣味はスキー、ドライブ、ドラム演奏。

開く コメント(7)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事