チーム森田の“天気で斬る!”

森田正光はじめ人気お天気キャスターによるチームブログ。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

こんにちは。
静岡の伊藤です。

先日、自家製味噌を作る教室にお邪魔してきました。
味噌は寒い時期に仕込んだほうがいいそうですよ。

材料は3つだけ。
米こうじ、食塩、大豆です。
米こうじはこうじやさんや、スーパーでも売っているところがあるそうです。

作り方は、
①米こうじと食塩をしっかり混ぜていきます。
イメージ 1

②別の容器でゆでた大豆をつぶしていきます。
イメージ 2
(アツアツのうちが柔らかくてつぶしやすいんですが、それでも筋肉痛になるくらい力がいりました。
ミキサーを使うと繊維がつぶれすぎてしまうそうなので、マッシャーや手で頑張ってつぶします。)

③大豆に米こうじと食塩を混ぜていきます。
ここが一番重要な作業で、大豆が偏っていると発酵が偏り、味にばらつきが出てしまうそうです。

④しっかり混ぜたら、容器に詰めていきます。
イメージ 3
(この時に空気が入るとカビが生えやすくなったりするので、ぎゅうぎゅうにつめていきます。)

⑤最後にカビ防止用の食塩をふり、乾燥防止用のラップをかければ仕込みは終わり。
イメージ 4

⑥半年ほど、日の当たらない涼しいところに置けば完成します。
(半年の間、作業はなし!もしカビが生えても、きれいに取り除けば問題ないそうです。)


仕込みは1時間半ほどで終わり、意外に簡単にできました。
仕込んだばかりのものは塩の味がガツンときてとがっているんですが、半年寝かせるとまろやかでコクとうまみが出てくるそうです。
半年後が楽しみ♪

でもどうして寒い時期に仕込むのがいいのでしょうか?
教室を開催した、加藤醤油の虎岩さんに伺ったところ・・・

・味噌にとってカビが天敵。寒いと空気中に雑菌が少ないため
・冬春夏と暖かくなるので、だんだん発酵が活発になっていくため

なんだそうです。日本は昔から寒さを利用してきたんですね。

イメージ 5


もう暦の上では春になっていますが、今週は厳しい寒さになります。
イメージ 6

寒いのはつらいですが・・・味噌を仕込むには適した日が多そうです。

伊藤麻衣

この記事に

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事